裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

総合裁判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 総合裁判例集 (アーカイブ : 平成19年10月 ; 昇順 ; データ登録日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[知財] [民事] 平成18(ワ)4494  915Views
特許権侵害差止等請求事件(特許権・民事訴訟)
平成19年10月1日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成19(ネ)713等  2564Views
著作権に基づく差止請求権不存在確認請求控訴事件,同附帯控訴事件(著作権・民事訴訟)
平成19年10月2日
大阪高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成18(ワ)4737  1001Views
商標権侵害差止等請求事件(商標権・民事訴訟)
平成19年10月1日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成19(行ケ)10211  698Views
審決取消当事者参加事件(特許権・行政訴訟)
平成19年10月2日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成19(行ケ)10037  783Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟)
平成19年10月9日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成18(行ケ)10509  663Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟)
平成19年10月11日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] 平成18(行ツ)227  2508ViewsMoreinfo
障害基礎年金不支給決定取消等請求事件
平成18(行ツ)227
1 国民年金法(平成元年法律第86号による改正前のもの)が,所定の学生等につき国民年金に強制加入させず,保険料納付義務の免除規定の適用を伴わない任意加入のみを認めるものとした措置等は,憲法25条,14条1項に違反しない
2 平成元年法律第86号による国民年金法の改正前において,初診日に同改正前の同法所定の学生等であり国民年金に任意加入していなかった障害者に対し無拠出制の年金を支給する旨の規定を設けるなどの立法措置を講じなかったことは,憲法25条,14条1項に違反しない
裁判要旨
平成19年10月9日
最高裁判所第三小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成18(ネ)2387  919Views
不正競争行為差止等請求控訴事件(商標権・民事訴訟)
平成19年10月11日
大阪高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成19(行ケ)10041  521Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟)
平成19年10月11日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成18(行ケ)10232  680Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟)
平成19年10月10日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成19(行ケ)10011  626Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟)
平成19年10月16日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成18(ワ)2509  2379Views
損害賠償請求事件
平成19年10月4日
東京地方裁判所 民事第14部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成18(行ケ)10320  624Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟)
平成19年10月16日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成18(行ケ)10321  666Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟)
平成19年10月16日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成18(行ケ)10182  673Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟)
平成19年10月17日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成18(行ケ)10149  696Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟)
平成19年10月17日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成18(行ケ)10491  619Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟)
平成19年10月17日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [刑事] 平成19(あ)398  5518ViewsMoreinfo
爆発物取締罰則違反,殺人未遂被告事件
平成19(あ)398
有罪認定に当たって必要とされる合理的な疑いを差し挟む余地のない程度の立証とは,抽象的な可能性としては反対事実が存在するとの疑いをいれる余地があっても,健全な社会常識に照らしてその疑いに合理性がないと一般的に判断される場合を含む趣旨であり,このことは,直接証拠によって事実認定をすべき場合と情況証拠によって事実認定をすべき場合とで何ら異なるところはない
裁判要旨
平成19年10月16日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成18(ネ)2431  1268Views
損害賠償請求控訴事件(不正競争・民事訴訟)
平成19年10月18日
大阪高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成18(行ケ)10477  643Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟)
平成19年10月18日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ