裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

総合裁判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 総合裁判例集 (全地方裁判所 ; アーカイブ : 平成20年11月 ; 昇順 ; 裁判年月日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1 | 2 | 3

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[知財] [民事] 平成19(ワ)11138  1047Views
不正競争行為差止等請求事件(不正競争・民事訴訟)
平成20年11月4日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成20(わ)968  1238ViewsMoreinfo
強盗殺人,有印私文書偽造,同行使,詐欺被告事件
平成20(わ)968
本件は,被告人が,共犯者と共謀の上,共犯者の夫を殺害して現金や預金通帳等を強取したという強盗殺人(判示第1の事実),その預金通帳等を用いて同人の預金を引き出すため,払戻請求書や解約請求書を偽造してこれらを行使するなどして預金払戻しあるいは預金解約名下に現金を詐取したという有印私文書偽造,同行使及び詐欺2件(判示第2の各事実)の各事案である。
事案の概要
平成20年11月4日
さいたま地方裁判所 第5刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成20(わ)968  530ViewsMoreinfo
強盗殺人,有印私文書偽造,同行使,詐欺被告事件
平成20(わ)968
本件は,被告人が,共犯者と共謀の上,共犯者の夫を殺害して現金や預金通帳等を強取したという強盗殺人(判示第1の事実),その預金通帳等を用いて同人の預金を引き出すため,払戻請求書や解約請求書を偽造してこれらを行使するなどして預金払戻しあるいは預金解約名下に現金を詐取したという有印私文書偽造,同行使及び詐欺2件(判示第2の各事実)の各事案である。
事案の概要
平成20年11月4日
さいたま地方裁判所 第5刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成20(ワ)13918  1779Views
不正競争行為差止請求事件(不正競争・民事訴訟)
平成20年11月6日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] 平成20(行ウ)42  1550ViewsMoreinfo
政務調査費返還代位請求事件
平成20(行ウ)42
市長が政務調査費に係る不当利得返還請求権を行使しなかったこと(怠る事実A)が市議会の歴代議長らの当該請求権に係る調査権限の不行使(懈怠)に基づくものであるとし,当該調査権限の行使を懈怠して市長をして当該請求権の行使をさせず,消滅時効期間の経過によりこれを消滅させたことが違法であるとして,これに基づいて発生する損害賠償請求権の不行使をもって財産の管理を怠る事実(怠る事実B)とした上で,怠る事実Bを対象とする監査請求がされたときは,当該監査請求については,怠る事実Aの終わった日を基準として1年の監査請求期間の制限に服するとされた事例
判示事項の要旨
平成20年11月6日
名古屋地方裁判所 民事第9部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成20(む)1822  1282Views
平成20年11月10日
神戸地方裁判所 第4刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成19(わ)5634  2795ViewsMoreinfo
暴力行為等処罰に関する法律違反被告事件
平成19(わ)5634
被告人が,約1週間の間に,近隣住民3名に対し怒号したという常習脅迫の事案について,被告人の発言を録音したというカセットテープ等の信用性を認めた上,被告人の言動は単なる近隣トラブルの域を超えて被害者らに対する脅迫に該当するとして,被告人に対し,執行猶予付きの有罪判決が言い渡された事例
判示事項の要旨
平成20年11月11日
大阪地方裁判所 第11刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成19(わ)1951  1983ViewsMoreinfo
住居侵入,強盗強姦,窃盗,強盗殺人,強盗未遂被告事件
平成19(わ)1951
本件は,被告人が,約2年8か月の間に断続的に行った一連の,住居侵入,強盗殺人1件(判示第4),住居侵入,強盗強姦2件(判示第1及び第3の1),住居侵入,強盗未遂1件(判示第2の2),住居侵入,窃盗1件(判示第2の1)及びATM窃盗2件(判示第3の2及び3)の事案である。
事案の概要
平成20年11月12日
さいたま地方裁判所 第2刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成20(わ)346  1968ViewsMoreinfo
危険運転致死傷被告事件
平成20(わ)346
アルコールの影響により正常な運転が困難な状態であるにもかかわらず,熊谷市内の店舗から自動車の運転を開始し,同市内の左カーブになった道路を進行するに当たり,時速約100キロ以上の速度まで加速したため,自車を対向車線に進出させ,2台の対向車両に自車を次々と衝突させ,対向車両に乗車していた2名を死亡させ,さらに,対向車両に同乗していた4名及び自車の同乗者2名に判示の傷害を負わせたとして,懲役20年が求刑された事案について,危険運転致死傷罪の成立を認めた上で,被告人を懲役16年に処した事例
判示事項の要旨
平成20年11月12日
さいたま地方裁判所 第4刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成18(ワ)22106  1251Views
損害賠償等請求事件(特許権・民事訴訟)
平成20年11月13日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成20(ワ)6177  3469ViewsMoreinfo
不当利得金返還請求事件
平成20(ワ)6177
司法書士会がその会員から会則に定めのない会館維持協力金を徴収することが,平成14年法律第33号による改正前の司法書士法15条7号,15条の2に違反するとされた事例
判示事項の要旨
平成20年11月13日
大阪地方裁判所 第3民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成19(わ)14  1618ViewsMoreinfo
傷害,現住建造物等放火
平成19(わ)14
夫の頭部をベルトで複数回殴打したり,アパートの居室に放火した事案につき,被告人は,犯行当時,急性一過性精神病性障害及びこれに付随する精神混乱状態にあったとして,心神耗弱を認め,懲役6年を言い渡した事例。
判示事項の要旨
平成20年11月13日
山形地方裁判所 刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成20(わ)1272  1396ViewsMoreinfo
強盗殺人未遂被告事件
平成20(わ)1272
通行人を鉄パイプで襲って現金等を奪おうと企て,未必的な殺意をもって,その頭部を鉄パイプで殴打するなどしてバッグ等を強取したが,全治の見込みのない後遺症を伴う傷害を負わせたにとどまり,被害者を殺害するに至らなかった事案に対して,懲役23年の判決が言い渡された事例
判示事項の要旨
平成20年11月14日
大阪地方裁判所 第8刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[行政] 平成19(行ウ)1  1039Views
水路使用許可請求事件
平成20年11月14日
新潟地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成19(モ)697  2152ViewsMoreinfo
文書提出命令申立事件
平成19(モ)697
約19年前に実施された一酸化炭素中毒死事故に係る代行検視に関して作成された死体検案書の写し,供述録取書及び写真撮影報告書につき文書提出命令が申し立てられた事案において,
 1 上記代行検視の後に捜査手続に移行していないことなどを理由に,上記各文書は,何らかの被疑事実の捜査に関して作成された書類ではないとして,民訴法220条4号ホ所定の文書に該当しないとされた事例
 2 民訴法223条6項に基づき上記各文書をその所持者に提示させた上で,上記各文書について,?その提出により犯罪の予防,鎮圧又は捜査等に支障を及ぼすおそれ等があるとの監督官庁の意見に相当な理由があると認めるに足りない,?上記各文書の記載内容から見て,その提出により公務の遂行に著しい支障を生ずるおそれが具体的に存するものとは認められないとして,民訴法220条4号ロ所定の文書に該当しないとされた事例
判示事項の要旨
平成20年11月17日
名古屋地方裁判所 民事第8部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成20(ワ)483  2301ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成20(ワ)483
精神薄弱者更生施設の入所者が,後遺症を残す傷害を負ったことにつき,同施設を運営する社会福祉法人に対し,同法人の職員の不法行為を理由とする使用者責任に基づく損害賠償を求める前訴を提起して請求棄却の判決を受け,これが確定した後に,同法人に対して提起した準委任契約による安全配慮義務違反を理由とする損害賠償を求める訴えが,実質的に前訴の蒸し返しであるなどして信義則上許されないとされた事例
判示事項の要旨
平成20年11月17日
千葉地方裁判所 民事第2部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[労働] [民事] 平成18(ワ)22955  1437Views
損害賠償等請求事件(通称 トータルサービス競業避止義務)
平成20年11月18日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成17(ワ)145  2326ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成17(ワ)145
高等学校の校舎内において意識を失い,その後,病院において医師らによる診療を受けたが,ウイルス性脳炎による後遺障害を負ったことについて,医師らが,ヘルペス脳炎の可能性を認識し得たにもかかわらず確実な鑑別のための検査をして治療を開始するなどの義務を怠った結果であり,また,高等学校の教職員が,診断に有益と考えられる諸情報を病院等に正確に伝達するなどの安全配慮義務を怠ったこともその一因であるとして,被告ら(地方公共団体,医療法人,医師)に対し,国家賠償法1条1項等に基づき損害賠償請求をしたが請求が棄却された事案
判示事項の要旨
平成20年11月18日
福島地方裁判所 第一民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成20(む)2092  1820Views
平成20年11月19日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[行政] 平成19(行ウ)5  1464Views
損害賠償請求事件
平成20年11月19日
福井地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ