裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

総合裁判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 総合裁判例集 (名古屋地方裁判所 ; アーカイブ : 平成21年2月 ; 降順 ; 裁判年月日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[下級] 平成19(行ウ)23  1457ViewsMoreinfo
地方自治法に基づく住民訴訟事件
平成19(行ウ)23
市発注の土木工事等の競争入札において談合が行われたと認められた事例
判示事項の要旨
平成21年2月26日
名古屋地方裁判所 民事第9部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [行政] 平成18(行ウ)63  1297ViewsMoreinfo
事業認可処分取消請求事件
平成18(行ウ)63
都市計画事業に係る第3次事業計画変更の認可の取消訴訟において,行政庁が当該事業計画変更部分のみについて都市計画との適合性を審査したとしても,従前の都市計画事業の認可並びに第1次及び第2次事業計画変更の認可について不可争力が生じており,第3次事業計画変更が従前の事業計画全体に影響を及ぼすような内容を含むものでなく,従前の認可処分後において都市計画事業の全体を見直さなければならないような客観的な事情の変更が生じたものといえないという事情の下においては,当該行政庁に裁量権の逸脱又は濫用があったとはいえないとされた事例
判示事項の要旨
平成21年2月26日
名古屋地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成18(ワ)503  2141ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成18(ワ)503
一級建築士が構造計算書を偽装したいわゆる耐震強度偽装事件において,
(1) 2階から10階までのすべての耐力を耐震壁により支える構造の鉄筋コンクリート造りの建築物の構造設計につき,?中央が非常口又は廊下通りで,その左右が梁のみによってつながれている同耐震壁が1枚の耐震壁と評価されていること,?同建築物が大震災の経験から倒壊の危険性があると認識された完全ピロティ階を有するピロティ型建築物とされていることが,いずれも建築の専門家としての常識又は一般的通用性を有する技術的基準に明らかに反する構造設計であり,通常の建築確認審査事務の過程において当然把握されるべき重要事項であるという事情の下において,建築確認審査に当たった建築主事につき,当該事項を設計者に問い合わせて真意(設計意図)を確認するなどの調査をすべき職務上の注意義務があるとされた事例
(2) 建設業者に対する経営指導及び建築主に対するビジネスホテルの開業指導に特化した経営コンサルタント業者が,設計業者等と一体となって営業活動を行い,建築主に経営指導契約等を締結させた後,設計業者をして,ビジネスホテルとなる建築物の構造体を構造耐力上の危険性を増大させる構造体へと変更した設計図書を作成させるなどしたという事情の下において,当該コンサルタント業者につき,建築物が設計上の瑕疵のために基本的安全性を欠くことによって,建築主に不測の損害を被らせることのないように,設計業者を適切に選定かつ指導監督すべき注意義務違反があるとされた事例
(3) 耐震強度が偽装されたホテルが既に取り壊された場合の耐震補強工事費用等相当額の損害及び耐震補強工事期間中の休業に伴う営業損害につき,民訴法248条により相当な損害額が認定された事例
判示事項の要旨
平成21年2月24日
名古屋地方裁判所 民事第10部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] 平成19(行ウ)43  1981ViewsMoreinfo
撤去義務等不存在確認請求事件
平成19(行ウ)43
(1) 通信制御販売システムに係る商品販売用機械に愛知県青少年保護育成条例で自動販売機への収納を禁止された有害図書類を収納して販売している業者が愛知県に対し同条例8条1項の定める届出義務及び同条例11条2項の定める図書の撤去義務を負わないことの確認を求める訴えが公法上の法律関係に関する確認の訴えとして適法であるとされた事例    
(2) 通信制御販売システムに係る商品販売用機械が愛知県青少年保護育成条例4条2号にいう「自動販売機」に当たるとされた事例    
(3) 通信制御販売システムに係る商品販売用機械への有害図書類の収納を禁止する愛知県青少年保護育成条例の規制が憲法22条1項に違反しないとされた事例
判示事項の要旨
平成21年2月19日
名古屋地方裁判所 民事第9部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成19(ワ)2179  1467ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成19(ワ)2179
AがBから暴行を受けて死亡したことについて,Bの友人として対等の関係にあり,Bからの事前の相談に対し殴ったほうがいいと答え,暴行によってサンダルの鼻緒が外れたBに革靴を貸してAに対する暴行を容易にしたYにつき,その後のBの執拗かつ激しい暴行を止めるべき法的義務があったのにこれを怠ったとして,不法行為に基づく損害賠償責任が認められた事例
判示事項の要旨
平成21年2月18日
名古屋地方裁判所 民事第8部
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ