裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

総合裁判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 総合裁判例集 (アーカイブ : 平成22年9月 ; 降順 ; 参照数)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1 | 2 | 3 | 4 | 5

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[最高裁] [刑事] 平成20(あ)738  5028ViewsMoreinfo
あっせん収賄,受託収賄,議院における証人の宣誓及び証言等に関する法律違反,政治資金規正法違反被告事件
平成20(あ)738
北海道開発庁長官が,下部組織である北海道開発局の港湾部長に対し,競争入札が予定される港湾工事の受注に関し特定業者の便宜を図るように働き掛ける行為について,賄賂罪における職務関連性が認められた事例
裁判要旨
平成22年9月7日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [労働] [民事] 平成20(受)494  4656ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成20(受)494
1 不法行為により傷害を受け,後遺障害が残った場合において,社会保険給付がされたときに,上記の社会保険給付との損益相殺的な調整の対象となる損害2 不法行為により傷害を受け,後遺障害が残った場合において,不法行為時から相当な時間経過後に現実化する損害をてん補するために社会保険給付がされたときに,損益相殺的な調整に当たって,損害がてん補されたと評価すべき時期
裁判要旨
平成22年9月13日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] 平成21(行ウ)11  3485ViewsMoreinfo
運転免許取消処分取消請求事件
平成21(行ウ)11
道路交通法72条1項前段の救護義務違反があるとしてされた運転免許取消処分につき,同義務違反成立の前提となる人を負傷させたことの認識が認められないとして,同処分及び同処分を前提としてされた免許を受けることができない期間を指定する処分の取消請求がいずれも認容された事例
判示事項の要旨
平成22年9月7日
京都地方裁判所 第3民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] 平成20(行ヒ)432  3439ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成20(行ヒ)432
1 普通地方公共団体の臨時的任用職員に対する手当の支給が地方自治法204条2項に基づく手当の支給として適法といえるための要件
2 普通地方公共団体の臨時的任用職員に対する期末手当に該当する一時金の支給が,地方自治法204条2項の要件を満たさず,違法とされた事例
3 普通地方公共団体の臨時的任用職員の給与について条例において定められるべき事項
4 普通地方公共団体の臨時的任用職員に対する期末手当に該当する一時金の支給が,職員の給与の額等を条例で定めなければならないとした地方自治法の規定に反し,違法とされた事例
5 普通地方公共団体の臨時的任用職員に対する期末手当に該当する一時金の支給が,地方自治法204条2項の要件を満たさず,かつ,職員の給与の額等を条例で定めなければならないとした同法の規定に反し,違法であるが,市長が補助職員の専決による上記支給を阻止しなかったことに過失があるとはいえないとされた事例
裁判要旨
平成22年9月10日
最高裁判所第二小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成20(ワ)2328  2438ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成20(ワ)2328
1 男性と医師の間で締結された精管結さつ術による避妊手術に関する診療契約は,同手術について同意をした配偶者である女性に対し,医師に適切な手術の実施を求めたり,必要に応じて手術の内容などについて説明を求める法的利益ないし地位を付与する旨の第三者のための契約を包含すると判断した事例。
2 精管結さつ術による避妊手術を実施したにもかかわらず配偶者の妊娠が発覚した事案において,同手術を行った被告医師には,同手術の前後及び妊娠が発覚した時点における説明が不十分だったことによる診療契約をした男性及びその配偶者に対する債務不履行又は不法行為上の過失が認められるものの,同医師が原告らに対して既に支払った金員によって,その損害は全額填補されていると判断した事例。
判示事項の要旨
平成22年9月30日
仙台地方裁判所 第3民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [民事] 平成21(受)1661  2378ViewsMoreinfo
損害賠償等請求本訴,同反訴事件
平成21(受)1661
土地の賃貸人及び転貸人が,転借人所有の地上建物の根抵当権者に対し,借地権の消滅を来すおそれのある事実が生じたときは通知をする旨の条項を含む念書を差し入れた場合に,上記通知の不履行を理由に損害賠償責任を負うとされた事例
裁判要旨
平成22年9月9日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[労働] [民事] 平成22(ネ)627  2329Views
雇用関係存在確認等反訴,損害賠償請求控訴事件(通称 アールインベストメントアンドデザイン解雇)
平成22年9月16日
東京高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成19(ワ)2175  2269ViewsMoreinfo
国家賠償請求事件
平成19(ワ)2175
冷凍倉庫用の建物に係る固定資産税等の課税について,被告担当職員には,固定資産評価基準に係る非木造家屋経年減点補正率基準表の区分7(2)にいう「冷凍倉庫用のもの」を,文理解釈に従った冷凍倉庫と解釈した上で,課税対象物件の現況を調査し,社会通念上,文理解釈に従った冷凍倉庫として実際に使用されていると判断された建物については,上記基準表区分7(2)に定められた経年減点補正率を適用すべき職務上の注意義務があったにもかかわらず,これを怠ったことから,国家賠償法1条1項の違法性及び過失があると判断された事例。
判示事項の要旨
平成22年9月9日
仙台地方裁判所 第3民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成20(ワ)14195  2003ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成20(ワ)14195
市立高校の生徒が学校の体操部における平行棒演技の練習中に負傷し後遺障害が生じたことにつき,顧問教諭に過失があったとして,市の国家賠償責任が認められた事例
判示事項の要旨
平成22年9月3日
大阪地方裁判所 第11民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成22(わ)545  1944ViewsMoreinfo
暴行(変更後の訴因傷害),逮捕監禁,傷害
平成22(わ)545
事件番号 平成22(わ)545,648,867
事件名  暴行(変更後の訴因傷害),逮捕監禁,傷害
裁判年月日 平成・年09月14日
裁判所名・部 福岡地方裁判所第3刑事部
結果  有罪(保護観察付執行猶予)・確定
判示事項の要旨 いわゆる児童虐待の事案において,
検察官が,論告で,被害者が意識障害に陥っている
ことをも指摘して,一連の虐待行為による被害結果
は深刻である旨主張したのに対し,被害者の意識障害
は,そもそも公訴事実に含まれていない上,証拠上,一連の虐待行為が原因であるか明らかでないとして,
犯行態様の悪質さや常習性を推知する根拠としても
限界があり,これを量刑上重視することは適当ではないと判断した事例

事件名  暴行(変更後の訴因傷害),逮捕監禁,傷害
判示事項の要旨
平成22年9月14日
福岡地方裁判所 第3刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成21(う)228  1932ViewsMoreinfo
傷害
平成21(う)228
看護師である被告人が,高齢患者の足親指の爪を爪切りニッパーで指先より深い箇所まで切り取ったなどとして傷害罪を認定した第1審判決を破棄し,被告人の行為は,傷害罪の構成要件には該当するが,正当業務行為として違法性が阻却されるとして,被告人に無罪を言い渡した事例
判示事項の要旨
平成22年9月16日
福岡高等裁判所 第3刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成20(ワ)3967  1865ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成20(ワ)3967
都市計画法上の第二種住宅地域において,被告会社が建築基準法に違反して製菓工場を操業したことについて,同工場の操業に基づく騒音及び臭気により近隣住民である原告らが受けた被害は受忍限度を超えていたとして,原告らの被告会社に対する損害賠償請求を一部認容するとともに,被告京都市には,建築基準法所定の使用制限命令の発令等を怠った違法があるとは認められないとして,被告京都市に対する国家賠償法上の損害賠償請求を棄却した事例。
判示事項の要旨
平成22年9月15日
京都地方裁判所 第1民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成21(わ)25  1809ViewsMoreinfo
有印私文書偽造・同行使,詐欺被告事件
平成21(わ)25
売買契約書等を偽造・行使し,売却価格を偽って実際よりも低い価格で担保権を解除させ,その差額相当の財産上不法の利益を得たといういわゆる中抜き詐欺の事案において,被告人との共謀に関する共犯者らの供述の信用性に疑問があることなどから,被告人と共犯者らとの共謀が認められないとして無罪を言い渡した事例(確定)
判示事項の要旨
平成22年9月22日
仙台地方裁判所 第2刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成22(少コ)1647  1792Views
損害賠償請求事件(交通)(通常手続移行)
平成22年9月17日
東京簡易裁判所 民事第9室
詳細/PDF
HTML/TEXT
[労働] [民事] 平成20(ワ)14042  1784Views
残業代金等請求事件,残業代等請求事件(通称 阪急トラベルサポート割増賃金請求)
平成22年9月29日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成20(ワ)3740  1756ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成20(ワ)3740
医療用具製造会社に勤務していた従業員が,同社の技術顧問である京都大学の准教授らから会議中等に侮辱的な発言をされたり,意に添わない配置転換を受けたりしたことが,不法行為に当たるとして,従業員の会社,准教授らに対する損害賠償請求が認められた事例。
判示事項の要旨
平成22年9月15日
京都地方裁判所 第6民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] 平成21(行ウ)8  1715Views
生活保護申請却下処分に係る審査請求に対する裁決取消請求事件
平成22年9月30日
大分地方裁判所 民事第1部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成20(ワ)8686  1685ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成20(ワ)8686
1 警察官の暴行による自白の強要があったと認定することはできないとされた事例   
2 被疑者が取調官から暴行を受けたとして弁護人の接見を希望し,弁護人から接見申出がされた場合において,接見申出があったとの連絡を受けてからも,接見指定のための手続を行うこともなく,約10分間取調べを続けた後に接見をさせた行為は,即時の接見をさせたものということはできず,国家賠償法上違法であるとされた事例
判示事項の要旨
平成22年9月15日
大阪地方裁判所 第19民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成21(ワ)729  1674ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成21(ワ)729
はみ出し通行禁止場所における追越しによって対向車と衝突,対向車に乗車していた二人姉妹が死亡した事故について,被告の運転態様や被害結果の重大性等を理由に死亡慰謝料及び近親者慰謝料を増額した事例。
判示事項の要旨
平成22年9月9日
秋田地方裁判所 民事第一部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成19(ワ)4787  1664ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成19(ワ)4787
不正改造されたガス湯沸器の不完全燃焼を原因とする一酸化炭素中毒による死傷事故について,ガス湯沸器が製造・販売された時点においてこれに欠陥が存在したことやガス湯沸器を製造又は販売した会社らにおいてこれを回収する義務があったこと等を否定したが,ガス湯沸器を販売した会社の従業員の過失に基づく不正改造により上記死傷事故が発生したことを認めて,同社に使用者責任(民法715条1項)に基づく損害賠償を命じた事例
判示事項の要旨
平成22年9月9日
大阪地方裁判所 第23民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ