裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

総合裁判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 総合裁判例集 (アーカイブ : 平成22年10月 ; 降順 ; 参照数)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1 | 2 | 3 | 4

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[最高裁] [民事] 平成21(受)565  5382ViewsMoreinfo
遺産確認請求事件
平成21(受)565
共同相続人間において,定額郵便貯金債権が現に被相続人の遺産に属することの確認を求める訴えについては,その帰属に争いがある限り,確認の利益がある
裁判要旨
平成22年10月8日
最高裁判所第二小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [労働] [民事] 平成20(受)1590  5055ViewsMoreinfo
雇用関係存在確認等請求事件
平成20(受)1590
法人であるYから定年により職を解く旨の辞令を受けた職員であるXがYに対し雇用契約上の地位確認及び賃金等の支払を求める訴訟において,原審が,Xに信義則違反の点について主張するか否かを明らかにするよう促すなどの措置をとることなく,Yは定年退職の告知の時から1年を経過するまでは賃金支払義務との関係では信義則上定年退職の効果を主張することができないと判断したことに釈明権の行使を怠った違法があるとされた事例
裁判要旨
平成22年10月14日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [民事] 平成21(受)976  4609ViewsMoreinfo
請負代金請求事件
平成21(受)976
数社を介在させて順次発注された工事の最終の受注者Xとこれに対する発注者Yとが,Yが請負代金の支払を受けた後にXに対して請負代金を支払う旨を合意したとしても,Xに対する請負代金の支払につき,Yが請負代金の支払を受けることを停止条件とする旨を定めたものとはいえず,Yが上記支払を受けた時点又はその見込みがなくなった時点で支払期限が到来するとされた事例
裁判要旨
平成22年10月14日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [刑事] 平成20(あ)920  4406ViewsMoreinfo
業務上過失傷害被告事件
平成20(あ)920
航空機の異常接近事故について,便名を言い間違えて降下の管制指示をした実地訓練中の航空管制官及びこれを是正しなかった指導監督者である航空管制官の両名に業務上過失傷害罪が成立するとされた事例
裁判要旨
平成22年10月26日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [民事] 平成21(受)708  3330ViewsMoreinfo
詐害行為取消等請求事件
平成21(受)708
詐害行為取消訴訟の訴訟物である詐害行為取消権は,取消債権者が有する個々の被 保全債権に対応して複数発生するものではない
裁判要旨
平成22年10月19日
最高裁判所第三小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [民事] 平成21(受)1932  2907ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成21(受)1932
1 不法行為により傷害を受け,後遺障害が残った場合において,社会保険給付がされたときに,上記の社会保険給付との損益相殺的な調整の対象となる損害
2 不法行為により傷害を受け,後遺障害が残った場合において,社会保険給付がされたときに,損益相殺的な調整に当たって,損害がてん補されたと評価すべき時期
裁判要旨
平成22年10月15日
最高裁判所第二小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成19(ワ)824  2217ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成19(ワ)824
マンションの建設工事に伴う騒音被害につき不法行為に基づく損害賠償請求が一部認容されたが,景観権ないし景観利益侵害を理由とするマンションの一部撤去・損害賠償請求,プライバシー侵害,日照侵害を理由とする損害賠償請求等が棄却された事例
判示事項の要旨
平成22年10月5日
京都地方裁判所 第6民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成22(ワ)1728  2181ViewsMoreinfo
発信者情報開示等請求事件
平成22(ワ)1728
インターネット上の電子掲示板にされた書き込みが名誉毀損に当たるとして,経由プロバイダに対する発信者情報の開示請求(プロバイダ責任制限法4条1項)を認容した事案
判示事項の要旨
平成22年10月29日
京都地方裁判所 第3民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[労働] [民事] 平成20(ワ)376  2167Views
損害賠償請求事件(通称 メディスコーポレーション損害賠償)
平成22年10月29日
前橋地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [民事] 平成20(受)1631  2137ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成20(受)1631
証券取引法施行令(平成18年政令第377号による改正前のもの)7条5項4号,他社株府令(平成18年内閣府令第86号による改正前のもの)3条の2の4第1項及び第2項所定の「株券等」には,特定買付け等の対象とならない株券等は含まれない
裁判要旨
平成22年10月22日
最高裁判所第二小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成21(ネ)312  2051ViewsMoreinfo
損害賠償請求控訴,同附帯控訴事件
平成21(ネ)312
被控訴人が施主として建築し,経営しているホテルについて,元1級建築士による耐震強度の偽装が発覚し,同強度不足のため建物を解体せざるを得なくなったとして,控訴人県,同コンサルティング会社,同コンサルティング会社代表者に対して国家賠償又は損害賠償を求めたところ,?控訴人県について,建築主事による審査の違法を理由とする国家賠償請求が,建築基準関係規定に直接定めのある項目についての審査の違法を理由とする場合には,時間的制約等,当時の建築基準関係規定が定めていた審査基準を基礎とし,建築主事の注意義務違反の有無を判断すべきであり,反対に建築基準関係規定に直接定められていない事項についての審査の違法を理由とする場合であれば,それらの事項に関連して上記規定に定める審査事項違反となるような重大な影響がもたらされることが明らかなのにそれを故意又は重過失により看過して確認処分をした場合でない限り,注意義務違反の責任は問われないところ,本件具体的事例において,建築主事には上記注意義務違反はなく(原判決認容部分を取り消して請求棄却),?控訴人コンサルティング会社について,被控訴人に対し,信義則上の具体的注意義務を負っていたので,その選定した設計会社が委託した上記建築士による上記耐震偽装について,被控訴人に対し,監督義務違反の責任を負い(一部認容で認容額を原審から増額),?控訴人コンサルティング会社代表者について,個人として被控訴人との間で契約を締結しているわけではなく,民法709条等の責任を負わない(原判決認容部分を取り消して請求棄却)と判断した事例
判示事項の要旨
平成22年10月29日
名古屋高等裁判所 民事第1部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[行政] 平成21(行コ)14  1976Views
土壌汚染対策法による土壌汚染状況調査報告義務付け処分取消請求控訴事件
平成22年10月12日
札幌高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成22(ワ)3273  1961Views
損害賠償等請求事件(不正競争・民事訴訟)
平成22年10月21日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成20(ワ)17028  1890ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成20(ワ)17028
レバレッジリスクのある不動産投資ファンド「レジデンシャル−ONE」への出資の媒介をした証券会社にリスクについての説明義務違反による不法行為責任が認められた事例(過失相殺あり)
判示事項の要旨
平成22年10月28日
大阪地方裁判所 第13民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] 平成21(行ヒ)65  1852ViewsMoreinfo
相続税更正処分取消請求事件
平成21(行ヒ)65
被相続人が所得税更正処分及び過少申告加算税賦課決定処分に基づき所得税,過少申告加算税及び延滞税を納付するとともに上記各処分の取消訴訟を提起していたところ,その係属中に被相続人が死亡したため相続人が同訴訟を承継し,上記各処分の取消判決が確定するに至ったときは,上記所得税等に係る過納金の還付請求権は,被相続人の相続財産を構成し,相続税の課税財産となる
裁判要旨
平成22年10月15日
最高裁判所第二小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成21(ワ)4064  1762ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成21(ワ)4064
1 戦没者等の妻に対する特別給付金に関し,時効による失権を回避させるため,受給権者に対して個別に請求指導を行わなかった不作為が,国家賠償法1条1項の規定の適用上,違法と評価することはできないとされた事例                        
2 特別給付金の消滅時効の定めをさかのぼって撤廃しない立法不作為が,国家賠償法1条1項の規定の適用上,違法と評価することはできないとされた事例
判示事項の要旨
平成22年10月15日
大阪地方裁判所 第19民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[高裁] [刑事] 平成22(く)550  1723ViewsMoreinfo
提出命令に対する抗告申立事件
平成22(く)550
いわゆる閉鎖会社であって譲渡制限が付されている会社の株式を,東京証券取引所の市場第一部に近々上場されることによって株主としての地位を取得できるなどと装って販売した事実の有無等が争点となっている詐欺罪の事案において,第三者の立場にある上記会社らに対し,刑訴法99条2項に基づき,営業上の秘密に当たる資料等の証拠物の提出を命じた原決定は,それまでに実施された証拠調べを前提とすると,争点との関連において上記証拠物の取調べの必要性が必ずしも高いとはいえない一方で,その提出を義務づけられることによって上記会社らが受ける不利益は大きいといわざるを得ないから,合理的裁量を逸脱し,違法である。
裁判要旨
平成22年10月29日
東京高等裁判所 第11刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成19(ワ)13846  1587Views
損害賠償請求事件
平成22年10月22日
東京地方裁判所 民事第34部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[労働] [民事] 平成22(ワ)10138  1559Views
営業差止請求事件(通称 パワフルヴォイス競業避止義務)
平成22年10月27日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成21(ワ)1545  1505ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成21(ワ)1545
一級建築士が構造計算書を偽装したいわゆる耐震強度偽装事件において,建築確認をした建築主事の所属する自治体に対してされた損害賠償請求につき,建築基準法は,建築物についての建築主の所有権を直接保護の対象としていない以上,建築主事が建築基準関係規定適合性の判断を誤っても,違法とは評価できないとして,請求を棄却した事例。
判示事項の要旨
平成22年10月28日
京都地方裁判所 第3民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ