裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

総合裁判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 総合裁判例集 (アーカイブ : 平成24年2月 ; 降順 ; 裁判年月日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[知財] 平成23(行ケ)10134  701Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟)
平成24年2月6日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成23(ワ)5864  885Views
不正競争行為に基づく損害回復等請求事件(不正競争・民事訴訟)
平成24年2月6日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] 平成23(行ヒ)18  3681ViewsMoreinfo
土壌汚染対策法による土壌汚染状況調査報告義務付け処分取消請求事件
平成23(行ヒ)18
土壌汚染対策法3条2項による通知は抗告訴訟の対象となる行政処分に当たる
裁判要旨
平成24年2月3日
最高裁判所第二小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [行政] 平成21(行ウ)157  1253ViewsMoreinfo
輸送施設使用停止命令処分取消請求事件(甲事件・乙事件),損害賠償請求事件(丙事件)
平成21(行ウ)157
タクシー事業者である原告らが,近畿運輸局長からそれぞれ道路運送法40条に基づく輸送施設使用停止処分を受けたため,その取消しと国家賠償を求めていた事案において,特別監視地域等に指定された後に一定程度減車していないことや増車したことを理由として処分を加重することは,同条の趣旨,目的から逸脱した減車勧奨及び増車抑制という目的に基づくものであり,考慮すべきでない事情を考慮する不合理なものであるから,原告らに対する各輸送施設使用停止処分は,裁量権の範囲を逸脱し又は濫用した違法なものであるなどとして,その取消請求をいずれも容認し,国家賠償請求については,相当因果関係のある損害の発生が認められないとして,いずれも棄却した事例
判示事項の要旨
平成24年2月3日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成22(モ)172  1227ViewsMoreinfo
文書提出命令申立事件
平成22(モ)172
強姦未遂事件の被疑者として逮捕,勾留等の強制処分を受けた上,懲戒免職処分を受けた申立人が,被害者に対し,虚偽の事実による告訴を理由に不法行為に基づく損害賠償を求め(なお,被害者から損害賠償を求める反訴も提起されている。),国に対し,懲戒免職処分等の違法を理由とする国家賠償を求めた事件を基本事件として,申立人が,上記強姦未遂被疑事件に係る刑事事件記録(不起訴記録)の文書提出命令を申し立てた事案において,被害者の供述調書並びに申立人の弁解録取書及び供述調書に限り,提出を命じた事例
判示事項の要旨
平成24年2月3日
仙台地方裁判所 第3民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成23(レ)566  4250ViewsMoreinfo
放送受信料請求控訴事件
平成23(レ)566
日本放送協会と受信者との放送受信契約に基づいて発生する受信料債権が民法169条所定の債権に当たり,その支払い期限から5年間を経過した債権は時効により消滅したとされた事例
判示事項の要旨
平成24年2月3日
千葉地方裁判所 民事第2部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [知財] [民事] 平成21(受)2056  4376ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成21(受)2056
1 人の氏名,肖像等を無断で使用する行為は,専らその顧客吸引力の利用を目的とするといえる場合に,いわゆるパブリシティ権を侵害するものとして,不法行為法上違法となる
2 歌手を被写体とする写真を同人に無断で週刊誌に掲載する行為がいわゆるパブリシティ権を侵害するものではなく不法行為法上違法とはいえないとされた事例
裁判要旨
平成24年2月2日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ