裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

総合裁判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 総合裁判例集 (アーカイブ : 平成25年10月 ; 昇順 ; データ登録日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1 | 2 | 3 | 4

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[知財] 平成24(行ケ)10415  723Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/血清コレステロール低下剤或はアテローム性硬化症の予防又は治療剤)
平成25年10月3日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成24(行ケ)10402  621Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/水中切断用アブレシブ切断装置)
平成25年10月7日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10126  767Views
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟/「ギョロッケ」)
平成25年10月10日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10014  677Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟)
平成25年10月10日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成23(ワ)21126  1255ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件(特許権・民事訴訟/Web-POS方式)
平成23(ワ)21126
本件は,発明の名称を「Web-POS方式」とする特許権の専用実施権者である原告が,被告の提供するサービスに係るシステムが上記特許権を侵害している旨主張して,被告に対し,民法709条及び特許法102条3項に基づく損害賠償(一部請求)並びにこれに対する不法行為日以降の日である平成23年7月13日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成25年10月17日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成25(ワ)127  957Views
商標権侵害差止等請求事件(商標権・民事訴訟/「ラガッツァ」)
平成25年10月17日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成24(ワ)16442  1027ViewsMoreinfo
著作権確認等請求事件(著作権・民事訴訟)
平成24(ワ)16442
本件は,原告が,被告に対し,(1) 別紙著作物目録記載の著作物(以下「本件原作」という。)について,平成24年1月16日から平成26年4月19日までの間,その翻案権の一部である実写映画化権(以下「本件実写映画化権」という。)を取得したと主張して,原告が,当該期間,本件実写映画化権を有することの確認を求めるとともに,(2) 被告が,本件原作の独占的利用権が被告に帰属する旨並びに本件原作を基に実写映画及びこれに派生した実写テレビドラマシリーズを製作する原告の行為が被告の独占的利用権を侵害する旨を告知したことが不正競争防止法2条1項14号所定の不正競争行為に当たると主張して,同法3条1項に基づく告知,流布の差止めを求めた事案である。
事案の概要
平成25年10月10日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成25(ネ)10052  1353ViewsMoreinfo
損害賠償等請求控訴事件(その他・民事訴訟)
平成25(ネ)10052
本件は,被控訴人らが,控訴人が被控訴人らを被写体とする写真を掲載した書籍を出版,販売し,これにより,被控訴人らの肖像等が有する顧客吸引力を排他的に利用する権利(パブリシティ権)及びみだりに自己の容貌等を撮影されず,また,自己の容貌を撮影された写真をみだりに公表されない人格的利益が侵害されたと主張して,それぞれ,控訴人に対し,不法行為による損害金及びこれに対する不法行為の後である訴状送達の日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求めるとともに,上記侵害のいずれかに基づく上記各書籍の出版及び販売の差止め並びにその廃棄を求める事案である。
事案の概要
平成25年10月16日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10064  795Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/ポリアミドブロックとポリエーテルブロックとを有する耐老化性コポリマー)
平成25年10月16日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10035  819Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/合わせガラス用中間膜及び合わせガラス)
平成25年10月16日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成24(行ケ)10419  1024Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/うっ血性心不全の治療へのカルバゾール化合物の利用)
平成25年10月16日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成24(行ケ)10405  885Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/殺菌消毒液の製造方法)
平成25年10月16日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成25(ネ)10042  829ViewsMoreinfo
特許専用実施権に基づく損害賠償請求控訴事件(特許権・民事訴訟/板金用引出し具)
平成25(ネ)10042
本件は,発明の名称を「板金用引出し具」とする2つの特許権について,独占的通常実施権ないし専用実施権を有する控訴人が,被控訴人の製造販売に係る板 金用引出装置が当該各特許権を侵害しているなどと主張して,不法行為による損害賠償請求権に基づき,特許法102条1項の推定による損害金2億5634万6000円の一部請求として8000万円及びこれに対する訴状送達日の翌日である平成23年10月29日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成25年10月17日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成24(行ケ)10375  789Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/板金用引出し具)
平成25年10月17日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成22(ワ)2655  3150ViewsMoreinfo
街頭宣伝差止め等請求事件
平成22(ワ)2655
原告が設置運営する朝鮮学校に対し,隣接する公園を違法に校庭として占拠していたことへの抗議という名目で3回にわたり威圧的な態様で侮蔑的な発言を多く伴う示威活動を行い,その映像をインターネットを通じて公開した被告らの行為は,判示の事実関係の下では,原告の教育事業を妨害し,原告の名誉を毀損する不法行為に該当し,かつ,人種差別撤廃条約上の「人種差別」に該当するとして被告らに対する損害賠償請求を一部認容し,また,一部の被告が上記学校の移転先周辺において今後同様の示威活動を行うことの差止め請求を認容した事例
判示事項の要旨
平成25年10月7日
京都地方裁判所 第2民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10107  788Views
審決取消請求事件(実用新案権・行政訴訟/管の表面に被覆した保温材を保護するエルボカバー)
平成25年10月17日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成25(ワ)15365  1306ViewsMoreinfo
発信者情報開示請求事件(著作権)
平成25(ワ)15365
本件は,原告が,氏名不詳者により被告の提供するインターネット接続サービスを経由してインターネット上のウェブサイトに掲載された動画(以下「本件動画」という。)が原告の著作権を侵害していると主張して,被告に対し,特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律4条1項に基づき,被告が保有する発信者情報の開示を求めた事案である。
事案の概要
平成25年10月22日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成24(行ケ)10410  810Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/ハンドヘルド型動画情報処理装置)
平成25年10月24日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成24(ワ)3276  1059ViewsMoreinfo
特許権侵害差止等請求事件(特許権・民事訴訟/角度調整金具)
平成24(ワ)3276
本件は,角度調整金具に関する特許権について専用実施権を有する原告が,被告の製造する製品が原告の特許の技術的範囲に属するとして,特許法100条1項により侵害の停止,予防を求め,同2項により,当該製品及び金型の廃棄を求めるとともに,不法行為(民法709条)に基づき,被告の受けた利益相当の損害(特許法102条2項)及び弁護士費用相当の損害の賠償を求めた事案である。
事案の概要
平成25年10月17日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成24(ワ)5743  1042ViewsMoreinfo
特許権侵害差止等請求事件(特許権)
平成24(ワ)5743
本件は,下記1(2)アの特許権(甲事件)及び同エの特許権(乙事件)を有する原告が,被告が輸入,製造及び販売する被告各製品が上記各特許権を侵害している旨主張して,被告に対し,特許法100条1項に基づき,被告製品1の製造,販売及び販売の申出の差止め並びに被告製品2の輸入差止めを求めるとともに,同条2項に基づき,被告製品1についての健康保険法に基づく薬価基準収載品目削除願の提出及び被告各製品の廃棄を求める事案である。
事案の概要
平成25年10月24日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ