裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

総合裁判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 総合裁判例集 (アーカイブ : 平成26年7月 ; 昇順 ; 参照数)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1 | 2 | 3 | 4

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[知財] [民事] 平成25(ネ)10117  445ViewsMoreinfo
特許権侵害差止等請求控訴事件(特許権・民事訴訟)
平成25(ネ)10117
本件は,控訴人が,被控訴人に対し,被控訴人による別紙被控訴人製品目録1記載(1)~(9)の各ガイドローラー及び被控訴人製品2の製造,販売及び販売の申出が控訴人の有する2件の特許権の侵害に当たる旨主張し,特許法100条1項に基づき被控訴人製品2の製造等の差止めを求めるとともに,特許権侵害につき,不法行為に基づく損害賠償金の一部である1億円及びこれに対する不法行為日以降の日である訴状送達日の翌日以降の民法所定の年5分の割合による金員の支払を求めた事案である。
事案の概要
平成26年7月16日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10239  458Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/スピネル型マンガン酸リチウムの製造方法)
平成26年7月9日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成25(ネ)10114等  463ViewsMoreinfo
特許権侵害行為差止等請求控訴事件(特許権・民事訴訟/水準器)
平成25(ネ)10114等
本件は,発明の名称を「水準器」とする本件特許権及び測定機械器具等についての本件商標権を有する原告が,被告が製造販売した被告製品が本件発明の技術的範囲に属するとともに,被告が水準器の包装に付した被告標章が本件商標権の登録商標に類似すると主張して,被告に対し,主位的請求として,特許権侵害の不法行為に基づく損害賠償として,一次的に,特許法102条1項に基づく損害1176万円,二次的に,同条3項に基づく損害190万7120円及び上記各金員に対する不法行為の日の後である平成23年9月18日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求め,予備的請求として,商標権侵害に基づく損害賠償として,一次的に,商標法38条1項に基づく上記一次的請求と同額の,二次的に,同条3項に基づく上記二次的請求と同額の損害賠償及び遅延損害金の支払を求めた事案である。
事案の概要
平成26年7月14日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10344  463Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/サドル付き分水栓)
平成26年7月17日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10291  468Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/固体農薬組成物,その製造方法およびその散布方法)
平成26年7月16日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10089  468Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟)
平成26年7月16日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10269  483Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/エレベータ)
平成26年7月17日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10310  499Views
審決取消請求事件(実用新案権・行政訴訟/付箋)
平成26年7月9日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10331  514Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/移動体の操作傾向解析方法,運行管理システム及びその構成装置,記録媒体)
平成26年7月16日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成26(行ケ)10037  546Views
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟)
平成26年7月17日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成25(ネ)569  550ViewsMoreinfo
意匠権侵害差止等請求控訴事件(意匠権・民事訴訟)
平成25(ネ)569
本件は,「放電ランプ」についての原判決別紙意匠公報1及び2の各意匠権を有する控訴人が,被控訴人に対し,被控訴人による原判決別紙被告製品目録1及び同2記載の各製品(以下「被告各製品」という。)の製造販売等が,上記の各意匠権を侵害すると主張して,意匠法37条1項及び2項に基づき,被告各製品の製造販売等の差止め,廃棄を求めるとともに,上記の各意匠権侵害の不法行為に基づき,損害賠償金8467万2400円及びこれに対する不法行為の後の日である平成23年1月23日から支払済みまで年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた事案である。
事案の概要
平成26年7月4日
大阪高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10208  565Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/炭酸ジメチルを用いたインドール化合物のメチル化)
平成26年7月30日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成26(行ケ)10038  570Views
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟)
平成26年7月17日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] 平成24(行ウ)12  572ViewsMoreinfo
平成24(行ウ)12
本件は,府中市 a 町,三次市 b 町又は c 町に居住する原告らが,府中市立甲病院(以下「本件病院」という。)が平成24年4月1日に後記経緯で廃止されたことに関連して,被告広島県に対し,主位的に,広島県知事が地方独立行政法人法7条に基づいてした地方独立行政法人府中市病院機構(以下「本件病院機構」という。)設立の認可(以下「本件認可」という。)の取消しを,予備的に,同法89条4項に基づき本件病院機構に対して必要な措置をとるべきことを命ずることを広島県知事に対して義務付けることを求め,被告府中市に対し,主位的に被告府中市が,地方独立行政法人府中市病院機構の設立に伴う関係条例の整備に関する条例(平成23年府中市条例第33号,以下「本件整備条例」という。)の制定をもってした本件病院の廃止が処分であるとして,その主張に係る処分(以下「本件整備条例制定行為」という。)の取消しを求め,予備的に,同法89条1項に基づき本件病院機構に対して必要な措置をとるべきことを命ずることを府中市長に対して義務付けることを求める事案である。
事案の概要
平成26年7月16日
広島地方裁判所 民事第2部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成25(ワ)7569  580ViewsMoreinfo
特許権侵害差止等請求事件(特許権・民事訴訟/流路切換ユニット)
平成25(ワ)7569
本件は,原告が,被告に対し,被告による被告各製品の製造販売等が原告の特許権の侵害に当たると主張して,特許法100条1項に基づく被告各製品の製造販売等の差止め並びに特許権侵害の不法行為(民法709条,特許法102条2項)に基づく損害賠償金8億2500万円及びこれに対する不法行為の後の日(訴状送達日の翌日)である平成25年4月5日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた事案である。
事案の概要
平成26年7月17日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成26(行ケ)10036  602Views
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟)
平成26年7月17日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成24(ワ)10746  605Views
特許権侵害差止等請求事件(特許権・民事訴訟/プロジェクションナットの供給方法とその装置)
平成26年7月24日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10279  622Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/短縮化カンチレバーを備えたSPMプローブ及びSPMプローブの製造方法)
平成26年7月23日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成26(行コ)10003  638ViewsMoreinfo
特許料納付書却下処分取消請求控訴事件(特許権・行政訴訟)
平成26(行コ)10003
本件は,控訴人が,特許第3421184号(甲事件),特許第3421193号(乙事件),特許第3421194号(丙事件)の各特許権(本件各特許権)を有しており,いずれも第8年分までの特許料が支払われていたが,それらの第9年分の特許料を追納することができる期間は平成23年10月18日までであったところ,控訴人は,代理人弁理士を通じ,追納期間を経過した同年11月21日付けで,特許庁長官に対し,本件各特許権につき,それぞれ第9年分の特許料及び割増特許料を納付する旨の特許料納付書(本件各納付書)を提出したが,平成24年5月21日付けで,それぞれにつき手続却下の処分(本件各処分)を受けたため,同年7月30日,特許庁長官に対し,本件各処分について,それぞれ異議申立てをしたものの,平成25年1月29日付けで,異議申立てがそれぞれ棄却されたことから,被控訴人に対し,本件各処分の取消しを求める事案である。
事案の概要
平成26年7月16日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[行政] 平成25(行ウ)114  650ViewsMoreinfo
標準報酬改定請求却下決定取消等請求事件
平成25(行ウ)114
離婚の訴えに係る訴訟における和解により離婚した原告による厚生年金保険法78条の2第1項(いわゆる離婚時年金分割)の規定に基づく同人及び配偶者であった者の標準報酬の改定の請求は,当該配偶者であった者の死亡した日から起算して1か月を経過した後にされたものである場合には,原告が上記の死亡の事実を知ったのが上記の期間の経過した後である等の判示の事情があっても,厚生年金保険法施行令3条の12の7(平成24年政令第197号による改正前のもの)に規定する期間を経過した後にされたものとして,不適法というべきである。
裁判要旨
平成26年7月11日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ