裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

詳細情報

判決情報

2006/09/14 13:01 更新

事件番号平成18(許)13
事件名債権差押命令及び転付命令に対する執行抗告却下決定に対する執行抗告棄却決定に対する許可抗告事件
裁判所最高裁判所第二小法廷
裁判年月日平成18年9月11日
裁判種別決定
結果棄却
原審裁判所東京高等裁判所
原審事件番号平成18(ラ)122
原審裁判年月日平成18年2月14日
裁判要旨強制執行を受けた債務者が,その請求債権につき強制執行を行う権利の放棄又は不執行の合意があったことを主張して裁判所に強制執行の排除を求める場合には,執行抗告又は執行異議の方法によることはできず,請求異議の訴えによるべきである

裁判所のデータベース

判決書(全文)

前の画面にもどる

トラックバック

トラックバック URL

http://kanz.jp/hanrei/trackback/33513/

トラックバック一覧

arret:不執行の合意は請求異議事由 / Matimulog
最決平成18年9月11日(PDF全文) 公正証書を債務名義とする債権差押えを受け

コメント

Facebook