裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

詳細情報

判決情報

2007/06/04 18:04 更新

事件番号平成18(ネ)4976
事件名和解無効確認請求事件
裁判所東京高等裁判所 第17民事部
裁判年月日平成18年12月13日
結果棄却
原審裁判所東京地方裁判所
原審事件番号平成18(ワ)9909
判示事項権利の帰属を定める内容の遺言書の真否及び権利の帰属に関する争いをやめるためにした和解について遺言書の真正に関する錯誤を理由に上記和解の無効を主張することができないとした事例
裁判要旨当事者間に権利の帰属を定める内容の遺言書の真否及び当該権利の帰属について争いがあり,当事者が,互いに譲歩して争いをやめるために権利の帰属について定め,証書真否確認請求訴訟を取り下げること等を内容とする和解をしたとの判示の事実関係の下では,遺言書の真否が当該権利の帰属の前提となる事実の存否の性質を有するものであっても,当事者の一方は,遺言書の真正に関する錯誤を理由に上記和解の無効を主張することはできない。

裁判所のデータベース

判決書(全文)

前の画面にもどる

トラックバック

トラックバック URL

http://kanz.jp/hanrei/trackback/34754/

トラックバック一覧

arret:和解無効確認(否定例) / Matimulog
東京高判平成18年12月13日(PDF全文) 新司法試験の民事法融合問題にはぴっ

コメント

Facebook