裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

詳細情報

判決情報

2008/02/28 13:02 更新

事件番号平成17(ワ)1489
事件名目隠設置請求事件
裁判所さいたま地方裁判所 第2民事部
裁判年月日平成20年1月30日
判示事項の要旨土地の境界線をはさんで,双方の土地に建物が建築され,いずれの建物も1メートル以内に窓が設置されている場合に,双方の土地の所有者が互いに民法235条に基づき目隠しの設置を求めたところ,一方の所有者の請求のみが認められ,他方の所有者の請求が権利濫用になるとされた事例。

裁判所のデータベース

判決書(全文)

前の画面にもどる

トラックバック

トラックバック URL

http://kanz.jp/hanrei/trackback/35864/

トラックバック一覧

jugement:民法235条とプライバシー、権利濫用 / Matimulog
Xさんが住んでいる土地の南東側の隣地は畑でした。そのためXさんの家は日当たりもよ

コメント

Facebook