裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

詳細情報

判決情報

2009/03/10 13:05 更新

事件番号平成20(受)422
事件名車両撤去土地明渡等請求事件
裁判所最高裁判所第三小法廷
裁判年月日平成21年3月10日
裁判種別判決
結果破棄差戻し
原審裁判所東京高等裁判所
原審事件番号平成19(ネ)13
原審裁判年月日平成19年12月6日
裁判要旨動産購入代金の立替金債務の担保として動産の所有権を留保した者は,第三者所有の土地上に存在する当該動産について,弁済期到来前は,特段の事情がない限り,撤去義務や不法行為責任を負わないが,弁済期経過後はその所有権が担保権の性質を有するからといって上記義務等を免れない

裁判所のデータベース

判決書(全文)

前の画面にもどる

トラックバック

トラックバック URL

http://kanz.jp/hanrei/trackback/37405/

トラックバック一覧

arret:留保所有権者が撤去義務を負うとされた事例 / Matimulog
最判平成21年3月10日(PDF判決全文) 動産の購入代金を立替払する者が立替金

コメント

Facebook