裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

詳細情報

判決情報

2009/07/10 13:03 更新

事件番号平成20(受)1728
事件名不当利得返還等請求事件
裁判所最高裁判所第二小法廷
裁判年月日平成21年7月10日
裁判種別判決
結果その他
原審裁判所東京高等裁判所
原審事件番号平成20(ネ)1474
原審裁判年月日平成20年7月16日
裁判要旨期限の利益喪失特約の下での利息制限法所定の制限を超える利息の支払の任意性を否定した最高裁判所の判決以前に貸金業者が同特約の下で制限超過部分を受領したことのみを理由に,当該貸金業者を民法704条の「悪意の受益者」と推定することはできない

裁判所のデータベース

判決書(全文)

前の画面にもどる

トラックバック

トラックバック URL

http://kanz.jp/hanrei/trackback/37822/

トラックバック一覧

arret:最高裁過払い金請求に少しブレーキをかける / Matimulog
最判平成21年7月10日(PDF判決全文) 例の期限の利益喪失約款がある時には任

コメント

Facebook