裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

詳細情報

判決情報

2009/07/17 13:03 更新

事件番号平成19(受)315
事件名自動車代金等請求事件
裁判所最高裁判所第二小法廷
裁判年月日平成21年7月17日
裁判種別判決
結果その他
原審裁判所名古屋高等裁判所
原審事件番号平成18(ネ)610
原審裁判年月日平成18年11月14日
裁判要旨自動車の買主が,当該自動車が車台の接合等により複数の車台番号を有することが判明したとして,錯誤を理由に売買代金の返還を求めたのに対し,売主が移転登録手続との同時履行を主張することが信義則上許されないとされた事例

裁判所のデータベース

判決書(全文)

前の画面にもどる

トラックバック

トラックバック URL

http://kanz.jp/hanrei/trackback/37842/

トラックバック一覧

arret:同時履行の抗弁が信義則に反し許されないとされた事例 / Matimulog
最判平成21年7月17日(判決全文PDF) 外車のオークション売買が錯誤により無

コメント

Facebook