裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

詳細情報

判決情報

2009/07/29 18:04 更新

事件番号平成20(ワ)3224
事件名敷金返還請求事件
裁判所京都地方裁判所 第6民事部
裁判年月日平成21年7月23日
結果その他
判示事項の要旨居住用建物の賃貸借契約における保証金の解約引き特約及び更新料特約が,消費者契約法10条に該当し無効であると判断された事例

裁判所のデータベース

判決書(全文)

前の画面にもどる

トラックバック

トラックバック URL

http://kanz.jp/hanrei/trackback/37862/

トラックバック一覧

jugement:更新料特約無効・敷引特約無効 / Matimulog
このブログで取り上げた更新料特約を消費者契約法10条違反で無効とした裁判の判決全
敷引特約と更新料特約が無効と判断された例 / Attorney T's Blog
裁判例: 京都地裁(第6民事部)平成21年7月31日判決本件は,(1)35万円の敷金(保証金)のうち30万円分を解約時に無条件で差し引くことを定めた敷引特約と,(2)2年ごとに更新料として11万6000円(家賃2か月分)を賃借人が支払うことを定めた更新料特約について消費者契約法10条の適用があ...

コメント

Facebook