裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

詳細情報

判決情報

2009/08/17 18:03 更新

事件番号平成20(許)49
事件名債権仮差押命令保全異議申立てについての決定に対する保全抗告棄却決定に対する許可抗告事件
裁判所最高裁判所第一小法廷
裁判年月日平成21年8月12日
裁判種別決定
結果破棄差戻し
原審裁判所広島高等裁判所  岡山支部
原審事件番号平成20(ラ)17
原審裁判年月日平成20年10月8日
裁判要旨弁護士が委託を受けた債権回収等の手段として訴訟の提起等のために当該債権を譲り受ける行為は,公序良俗に反するような事情があれば格別,仮に弁護士法28条違反であったとしても,直ちにその私法上の効力が否定されるものではない

裁判所のデータベース

判決書(全文)

前の画面にもどる

トラックバック

トラックバック URL

http://kanz.jp/hanrei/trackback/37903/

トラックバック一覧

arret:弁護士法違反の債権譲渡と私法上の効力 / Matimulog
最決平成21年8月13日(PDF判決全文) 弁護士法(係争権利の譲受の禁止) 第

コメント

Facebook