裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

詳細情報

判決情報

2012/11/27 13:00 更新

事件番号平成20(行ウ)174
事件名学校廃止処分取消請求事件
裁判所大阪地方裁判所
裁判年月日平成24年7月4日
事案の概要本件は,被告が,学校設置条例(昭和39年大阪市条例第57号。以下「本件設置条例」という。)に基づき設置する特別支援学校であるA学校につき,同校を平成21年3月31日限り廃止することなどを内容とする学校設置条例の一部を改正する条例(平成20年大阪市条例第86号。以下「本件改正条例」という。)を制定したところ,当時同校に在学していた児童生徒又はその保護者である原告らが,本件改正条例によるA学校の廃止の取消しを求めるとともに,本件改正条例によるA学校の廃止等が国家賠償法上違法であるとして,国家賠償法1条1項に基づき,各原告につき慰謝料100万円及びこれに対する訴えの変更申立書送達日の翌日である平成22年1月7日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた事案である。
判示事項の要旨特別支援学校に在籍していた児童生徒及びその保護者である原告らが,条例の制定による同校の廃止の取消し及び国家賠償法1条1項に基づく損害賠償を求めた訴訟で,当該条例の制定による特別支援学校の廃止は抗告訴訟の対象となる行政処分に当たらないとして取消しの訴えが却下され,違法性がないとして損害賠償請求が棄却された事例

裁判所のデータベース

判決書(全文)

前の画面にもどる

トラックバック

トラックバック URL

http://kanz.jp/hanrei/trackback/82755/

コメント

Facebook