裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

詳細情報

判決情報

2018/12/04 18:00 更新

事件番号平成30(ネ)10047
事件名不正競争行為差止請求控訴事件
裁判所知的財産高等裁判所
裁判年月日平成30年11月22日
事件種別不正競争・民事訴訟
事案の概要本件は,控訴人が,控訴人の元従業員らが設立した会社である被控訴人に対し,被控訴人は,控訴人の元従業員らが在職中に控訴人代表者に無断で持ち出した控訴人の顧客情報からなる営業秘密を使用して営業行為を行っており,また,控訴人の周知な標章又は営業表示である「OHBEI」,「OHBEI AUTO」及び「OHBEI-AUTO」(以下,これらを総称して「本件控訴人表示」という。)と同一又は類似の「OHBEI」との標章を店舗外看板に掲げる等して控訴人の営業と混同させる行為を行っていると主張して,不正競争防止法2条1項1号,同項4号,同法3条に基づき,①別紙顧客情報目録記載の者に対する営業行為の差止め,②別紙顧客情報目録記載の情報の廃棄等,③「OHBEI」という標章の使用の差止めを求めるとともに,④被控訴人の上記各不正競争行為によって損害を被ったと主張して,同法4条に基づき,2000万円(原審での請求額6053万1984円を当審において減縮した。)の損害賠償金の支払及びこれに対する不法行為の日以後である平成27年9月17日(訴状送達の日の翌日)から支払済みまで商事法定利率年6パーセントの割合による遅延損害金の支払を求める事案である。

裁判所のデータベース

判決書(全文)

前の画面にもどる

トラックバック

トラックバック URL

http://kanz.jp/hanrei/trackback/88162/

コメント

Facebook