裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

詳細情報

判決情報

2019/02/28 13:00 更新

事件番号平成29(あ)44
事件名覚せい剤取締法違反,詐欺未遂,詐欺被告事件
裁判所最高裁判所第三小法廷
裁判年月日平成30年12月11日
裁判種別判決
結果破棄自判
原審裁判所福岡高等裁判所         宮崎支部
原審事件番号平成28(う)33
原審裁判年月日平成28年11月10日
判示事項指示を受けてマンションの空室に赴き詐欺の被害者が送付した荷物を名宛人になりすまして受け取るなどした者に詐欺罪の故意及び共謀があるとされた事例
裁判要旨マンションの空室に宅配便で現金を送付させてだまし取る特殊詐欺において,被告人が指示を受けてマンションの空室に赴き,そこに配達される荷物を名宛人になりすまして受け取り,回収役に渡すなどしていること,被告人は同様の受領行為を多数回繰り返して報酬等を受け取っており,犯罪行為に加担していると認識していたこと,詐欺の可能性があるとの認識が排除されたことをうかがわせる事情は見当たらないことなどの本件事実関係(判文参照)の下では,被告人には,詐欺の故意に欠けるところはなく,共犯者らとの共謀も認められる。

裁判所のデータベース

判決書(全文)

前の画面にもどる

トラックバック

トラックバック URL

http://kanz.jp/hanrei/trackback/88179/

コメント

Facebook