裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

詳細情報

判決情報

2019/03/13 17:00 更新

事件番号平成30(受)269
事件名損害賠償請求事件
裁判所最高裁判所第三小法廷
裁判年月日平成31年3月12日
裁判種別判決
結果破棄自判
原審裁判所東京高等裁判所
原審事件番号平成28(ネ)1528
原審裁判年月日平成29年9月28日
事案の概要本件は,統合失調症により精神科の医師である上告人の診療を受けていた患者(以下「本件患者」という。)が,中国の実家に帰省中に自殺したことについて,本件患者の相続人である被上告人らが,上告人には本件患者の自殺を防止するために必要な措置を講ずべき義務を怠った過失があるなどと主張して,上告人に対し,債務不履行又は不法行為に基づき損害賠償を求める事案である。
判示事項統合失調症により精神科の医師の診療を受けていた患者が中国の実家に帰省中に自殺した場合において,上記医師に上記患者の自殺を防止するために必要な措置を講ずべき義務がないとされた事例

裁判所のデータベース

判決書(全文)

前の画面にもどる

トラックバック

トラックバック URL

http://kanz.jp/hanrei/trackback/88510/

コメント

Facebook