事件番号令和3(あ)1
事件名窃盗被告事件
裁判所最高裁判所第三小法廷
裁判年月日令和3年9月7日
裁判種別判決
結果破棄差戻
原審裁判所東京高等裁判所
原審事件番号令和2(う)811
原審裁判年月日令和2年11月25日
判示事項被告人は心神耗弱の状態にあったとした第1審判決を事実誤認を理由に破棄し何ら事実の取調べをすることなく完全責任能力を認めて自判をした原判決が,刑訴法400条ただし書に違反するとされた事例
事件番号令和3(あ)1
事件名窃盗被告事件
裁判所最高裁判所第三小法廷
裁判年月日令和3年9月7日
裁判種別判決
結果破棄差戻
原審裁判所東京高等裁判所
原審事件番号令和2(う)811
原審裁判年月日令和2年11月25日
判示事項
被告人は心神耗弱の状態にあったとした第1審判決を事実誤認を理由に破棄し何ら事実の取調べをすることなく完全責任能力を認めて自判をした原判決が,刑訴法400条ただし書に違反するとされた事例
このエントリーをはてなブックマークに追加