裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

総合裁判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 総合裁判例集 (最高裁判所第一小法廷 ; アーカイブ : 平成24年2月 ; 降順 ; 裁判年月日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[最高裁] [民事] 平成23(受)268  2316ViewsMoreinfo
配当異議事件
平成23(受)268
仮差押命令は,当該命令に表示された被保全債権と異なる債権についても,これが上記被保全債権と請求の基礎を同一にするものであれば,その実現を保全する効力を有する
裁判要旨
平成24年2月23日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [労働] 平成22(行ヒ)52  1780ViewsMoreinfo
不当労働行為再審査棄却命令取消請求事件
平成22(行ヒ)52
旅客鉄道事業等を営む会社である使用者が労働者を運転士に発令しなかったことが,労働組合法7条1号本文にいう不利益な取扱い又は同条3号の支配介入に当たらないとされた事例
裁判要旨
平成24年2月23日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [刑事] 平成22(あ)174  1579ViewsMoreinfo
詐欺,殺人,殺人未遂,現住建造物等放火被告事件
平成22(あ)174
実母及び実子2名を殺害し,その保険金等を詐取したとして起訴された事案につき,被告人の自白の信用性を否定するなどして無罪とした第1審判決を維持した原判決が是認された事例
裁判要旨
平成24年2月22日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [刑事] 平成20(あ)1136  3191ViewsMoreinfo
殺人,強姦致死,窃盗被告事件
平成20(あ)1136
死刑の量刑が維持された事例(光市母子殺害事件)
裁判要旨
平成24年2月20日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] 平成22(行ヒ)278  1683ViewsMoreinfo
審決取消請求事件
平成22(行ヒ)278
都市基盤整備事業を行う法人が特定の地域において指名競争入札の方法により発注する一定規模以上の土木工事について複数のゼネコンがした受注予定者の決定等に関する合意が,独禁法(平成14年法律第47号による改正前のもの)2条6項所定の「不当な取引制限」に当たるとされた事例
裁判要旨
平成24年2月20日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [民事] 平成21(受)1461  5319ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成21(受)1461
1 人身傷害条項に基づき被害者が被った損害に対して保険金を支払った保険会社は,損害金元本に対する遅延損害金の支払請求権を代位取得することはない
2 人身傷害条項の被保険者である被害者に過失がある場合,保険金を支払った保険会社は,上記保険金の額と過失相殺後の損害賠償請求権の額との合計額が裁判基準損害額を上回る額の範囲で損害賠償請求権を代位取得する
裁判要旨
平成24年2月20日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] 平成23(行ツ)122  1835ViewsMoreinfo
財産管理を怠る事実の違法確認請求事件
平成23(行ツ)122
市が連合町内会に対し無償で神社施設の敷地としての利用に供していた市有地につき,その無償提供行為の違憲性を解消するため氏子集団による上記神社施設の一部の移転や撤去等と併せて同市有地の一部を氏子総代長に賃貸することが憲法89条,20条1項後段に違反しないとされた事例
裁判要旨
平成24年2月16日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] 平成23(行ヒ)166  2737ViewsMoreinfo
建築物等移転通知及び照会処分取消請求事件
平成23(行ヒ)166
仮換地の指定が照応の原則を定める土地区画整理法89条1項に違反しないとされた事例
裁判要旨
平成24年2月16日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [刑事] 平成23(し)500  1335ViewsMoreinfo
再審請求棄却決定に対する異議申立て棄却決定に対する特別抗告事件
平成23(し)500
控訴棄却の確定判決に対する再審請求が適法な再審事由の主張がなく不適法であることが明らかなときには,刑訴規則285条1項による訴訟手続の停止をすることなく再審請求を棄却することも許される
裁判要旨
平成24年2月14日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [刑事] 平成23(あ)757  2920ViewsMoreinfo
覚せい剤取締法違反,関税法違反被告事件
平成23(あ)757
1 刑訴法382条にいう「事実誤認」の意義
2 刑訴法382条にいう「事実誤認」の判示方法
3 覚せい剤輸入等被告事件について,被告人の故意を認めず無罪とした第1審判決に事実誤認があるとした原判決に,刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例
裁判要旨
平成24年2月13日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [労働] 平成23(行ツ)177  5830ViewsMoreinfo
国歌斉唱義務不存在確認等請求事件
平成23(行ツ)177
1 公立高等学校等の教職員が卒業式等の式典における国歌斉唱時の起立斉唱等に係る職務命令の違反を理由とする懲戒処分の差止めを求める訴えについて行政事件訴訟法37条の4第1項所定の「重大な損害を生ずるおそれ」があると認められた事例
2 公立高等学校等の教職員が卒業式等の式典における国歌斉唱時の起立斉唱等に係る職務命令に基づく義務の不存在の確認を求める訴えについて無名抗告訴訟として不適法であるとされた事例
3 公立高等学校等の教職員が卒業式等の式典における国歌斉唱時の起立斉唱等に係る職務命令に基づく義務の不存在の確認を求める訴えについて公法上の法律関係に関する確認の訴えとして確認の利益があるとされた事例
裁判要旨
平成24年2月9日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [知財] [民事] 平成21(受)2056  4376ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成21(受)2056
1 人の氏名,肖像等を無断で使用する行為は,専らその顧客吸引力の利用を目的とするといえる場合に,いわゆるパブリシティ権を侵害するものとして,不法行為法上違法となる
2 歌手を被写体とする写真を同人に無断で週刊誌に掲載する行為がいわゆるパブリシティ権を侵害するものではなく不法行為法上違法とはいえないとされた事例
裁判要旨
平成24年2月2日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ