裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

総合裁判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 総合裁判例集 (アーカイブ : 平成24年3月 ; 降順 ; 参照数)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1 | 2 | 3 | 4 | 5

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[最高裁] [民事] 平成22(受)336  6246ViewsMoreinfo
第三者異議事件
平成22(受)336
不動産の取得時効完成後,所有権移転登記がされない間に,第三者が原所有者から抵当権の設定を受けてその登記を了した場合,占有者が抵当権の存在を容認していたなど特段の事情がない限り,再度の取得時効により抵当権は消滅する
裁判要旨
平成24年3月16日
最高裁判所第二小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成23(ネ)968  6072ViewsMoreinfo
貸金返還等請求控訴事件
平成23(ネ)968
葬儀に要する費用については同葬儀を主宰した者が負担し,そのうち埋葬等の行為に要する費用は祭祀主催者が負担するものとされた事例
判示事項の要旨
平成24年3月29日
名古屋高等裁判所 民事第3部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [民事] 平成22(受)332  4799ViewsMoreinfo
生命保険契約存在確認請求事件
平成22(受)332
保険料の払込みがされない場合に履行の催告なしに保険契約が失効する旨を定める約款の条項の,消費者契約法10条にいう「民法第1条第2項に規定する基本原則に反して消費者の利益を一方的に害するもの」該当性
裁判要旨
平成24年3月16日
最高裁判所第二小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [労働] [民事] 平成21(受)1186  4305ViewsMoreinfo
損害賠償・残業代支払請求,仮執行による原状回復請求申立て事件
平成21(受)1186
基本給を月額で定めた上で月間総労働時間が一定の時間を超える場合に時間当たり一定額を別途支払うなどの約定のある雇用契約の下において,各月の上記一定の時間以内の労働時間中の時間外労働についても,使用者が基本給とは別に割増賃金の支払義務を負うとされた事例
裁判要旨
平成24年3月8日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [刑事] 平成22(あ)1607  4132ViewsMoreinfo
集団強姦致傷,わいせつ略取,監禁,強姦致傷,住居侵入,強姦
平成22(あ)1607
裁判員制度と憲法32条,37条1項,76条1項,3項,78条,80条
判示事項
平成24年3月6日
最高裁判所第三小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [民事] 平成22(受)1529  3018ViewsMoreinfo
損害賠償等請求事件
平成22(受)1529
インターネット上のウェブサイトに記事を掲載した行為が名誉毀損の不法行為を構成するとされた事例
裁判要旨
平成24年3月23日
最高裁判所第二小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成23(わ)398  2635ViewsMoreinfo
殺人被告事件
平成23(わ)398
被害児童2名(死亡当時3歳及び1歳)の実母である被告人が,他に被害児童らの世話をする者はおらず,被害児童らが被告人の育児放棄によって慢性的な低栄養状態になっており,必要な食事を与えなければ被害児童らがいずれも死亡することを承知しながら,水道設備がなく,冷蔵庫も空の不衛生な当時の自宅リビングの扉に粘着テープを貼り付けて被害児童らが出てこられないようにして立ち去り,それ以後,被害児童らに食事を与える手立てをとらないまま帰宅せずに自宅リビング内に放置した結果,被害児童らをいずれも脱水を伴う低栄養による餓死により死亡させて殺害したという事案において,殺意を否認する被告人の主張を退けた上,無期懲役の求刑に対し,被告人を懲役30年に処した事案(裁判員裁判実施事件)
判示事項の要旨
平成24年3月16日
大阪地方裁判所 第6刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[行政] [民事] 平成23(ワ)75  2623ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成23(ワ)75
本件は,原告が,被告に対し,①主位的に,課税免除となるべき原告所有の軽自動車の軽自動車税について,被告が平成15年度から平成21年度にかけて課税処分を行い,これに基づき原告が納税をしたことにより損害が発生したとして,国家賠償法1条1項に基づいて,納税額合計147万2600円及びこれに対する各納税日から支払済みまで年5分の割合による遅延損害金並びに弁護士費用30万円及びこれに対する訴状送達日の翌日(平成23年2月10日)から支払済みまで上記割合による遅延損害金の支払を,②予備的に,上記課税処分には課税免除を定めた野洲市税条例81条,野洲町税条例81条並び に憲法14条及び84条に反する重大かつ明白な違法があり,同処分は無効であるから,納税は法律上の原因がないとして,民法703条に基づいて,納税額合計147万2600円及びこれに対する訴状送達の日の翌日(平成23年2月10日)から支払済みまで上記割合による遅延損害金の支払を請求した事案である。
事案の概要
平成24年3月15日
大津地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成22(ワ)2498  2611ViewsMoreinfo
解約違約金条項使用差止請求事件 不当利得返還請求事件
平成22(ワ)2498
電気通信事業等を営む事業者が消費者との間で締結している,基本使用料金を通常の契約の半額とし,契約期間を2年間の定期契約とする携帯電話利用サービス契約における,(1)2年間の期間内(当該期間の末日の属する月の翌月を除く。)に消費者が契約を解約する場合には,原則として9975円(消費税込み)の解約金を支払わなければならないという条項及び(2)この契約が契約締結後2年が経過すると自動的に更新され,以後,消費者は,契約を解約するに際して,更新時期となる,2年に1度の1か月間に解約を申し出ない限り,(1)と同額の解約金を支払わなければならないという条項はいずれも消費者契約法9条1号又は同法10条により無効となるものではないと判示して,適格消費者団体の事業者に対する上記各条項の内容を含む意思表示についての差止め請求を棄却するとともに,上記各条項に基づき解約金を事業者に対して支払った消費者らの不当利得返還請求をいずれも棄却した事例
判示事項の要旨
平成24年3月28日
京都地方裁判所 第2民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成19(ワ)549  2407ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成19(ワ)549
本件は,有限会社野口工業(以下「野口工業」という。)の従業員として被告中部電力の浜岡原子力発電所(以下「浜岡原発」という。)においてメンテナンス業務に従事していた D が腹膜原発悪性中皮腫により死亡したことについて, Dの妻子である原告らが, Dは被告らの安全配慮義務違反又は被告中部電力が所有する工作物である浜岡原発の瑕疵によるアスベストばく露によって死亡したと主張して,被告らに対し,債務不履行又は不法行為(被告中部電力につき民法709条,717条,その余の被告につき民法709条)による損害賠償として,原告ら合計で7603万0940円及びこれに対する遅延損害金の支払を請求する事案である。
事案の概要
平成24年3月23日
静岡地方裁判所 静岡地方裁判所民事第1部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [民事] 平成22(受)755  2346ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成22(受)755
1 検察官は,金融商品取引法21条の2第3項にいう「当該提出者の業務若しくは財産に関し法令に基づく権限を有する者」に当たる
2 金融商品取引法21条の2第3項にいう「虚偽記載等に係る記載すべき重要な事項」の意義
3 金融商品取引法21条の2第5項にいう「虚偽記載等によつて生ずべき当該有価証券の値下り」とは,いわゆる取得時差額相当分の値下がりに限られず,有価証券報告書等の虚偽記載等と相当因果関係のある値下がりの全てをいう
4 投資者が有価証券報告書等に虚偽記載のある有価証券を複数回にわたってそれぞれ異なる価額で取得し複数回にわたってそれぞれ異なる価額で処分した場合における金融商品取引法21条の2による請求可能額の算定方法
5 金融商品取引法21条の2に基づく損害賠償債務は,損害の発生と同時に,かつ,何らの催告を要することなく,遅滞に陥る
裁判要旨
平成24年3月13日
最高裁判所第三小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成23(わ)558  2305ViewsMoreinfo
傷害致死(予備的訴因 自動車運転過失致死),道路交通法違反被告事件
平成23(わ)558
1 被告人が自動車を発進,進行させたことにより,被告人車両のドアノブ付近をつかみながら併走していた被害者を轢過して死亡させたことについて,被告人は,被告人車両と併走する被害者を現実に認識していたとは認められないし,被告人車両の走行によって被害者に傷害を負わせるような近い位置に被害者がいるかもしれないと思っていたことも認められないとして,暴行の故意を否定し,傷害致死罪の成立を否定した事案
 2 上記の経緯で被害者を自動車で轢過して死亡させ,自動車運転過失致死罪に問われた被告人の行為について,被告人の過失を認めた上で,正当防衛の成立を認めた事案
 (裁判員裁判実施事件)
判示事項の要旨
平成24年3月16日
大阪地方裁判所 第1刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[行政] 平成23(行コ)34  2202ViewsMoreinfo
消費税更正処分等取消請求控訴事件
平成23(行コ)34
本件は,船腹調整事業を行うA連合会(A)において,その傘下の組合の組合員(本件組合員)による既存の船舶(交付金対象船舶)の解体・撤去等(解撤等)については,Aから,当該船舶のトン数に応じて解撤等交付金が交付される一方で,新たな船舶の建造等については,当該組合員において,その船舶の対象トン数に応じた建造等納付金を納付すべきこととされるとともに,そのうち建造等をする船舶に相当する船種の船舶(納付金免除船舶)を解撤等する者に対しては,これに交付される解撤等交付金相当額を限度に建造等納付金の納付が免除されることとされているところ,暫定措置として,当該組合員が,上記交付金相当額が上記免除限度額を超える場合に生じる余剰トン数等について,これを当該交付金対象認定トン数として留保する(留保対象トン数)などした上,留保対象トン数使用承諾書を発行して,これを他の組合員に使用させることができるようにするとともに,解撤等交付金を受けようとする組合員において解撤等交付金の認定額の20パーセント相当額をAに預託し,その同意の下に,同預託金にかかる債権の譲渡を認める扱いがされていた中で,これを利用して,新たな船舶を建造するに当たり,他の組合員らから留保対象トン数使用承諾書の発行を受けてその留保対象トン数を譲り受ける(本件承諾書取引)とともに,他の組合員ら(その破産管財人を含む。)から預託金預り証書の譲渡を受けた(本件預託金証書取引)上,所定の免除手続を経て新造船舶(2隻)の建造等交付金を納付した被控訴人が,控訴人に対し,上記各取引に係る取得費用はいずれも建造する船舶の営業権に該当するもので課税仕入れといえるから当該取得費用に係る消費税相当額を課税仕入れに係る消費税額に含めて行うべきであるのに,そのように計算された被控訴人の消費税等の申告に対して,上記各取引が消費税法上の課税資産の譲渡等(課税取引)に当たらず課税仕入れには該当しないとして鹿児島税務署長がした平成16年11月1日から平成17年10月31日までの課税期間の消費税及び地方消費税に係る更正処分等(以下,被控訴人のこの主張に対応する範囲についての処分を「本件処分」ということがある。)は違法であると主張し,消費税の還付すべき税額981万7737円を超え1713万0701円を超えない部分及び地方消費税の還付すべき譲渡割額245万4434円を超え428万2675円を超えない部分並びに過少申告加算税の賦課決定処分(本件処分)の取消しを求めた事案である。
事案の概要
平成24年3月22日
福岡高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [民事] 平成23(許)7  2066ViewsMoreinfo
株式買取価格決定申立て却下決定に対する抗告事件
平成23(許)7
1 振替株式について会社法116条1項に基づく株式買取請求を受けた株式会社が,同法117条2項に基づく価格の決定の申立てに係る事件の審理において,同請求をした者が株主であることを争った場合における,個別株主通知の要否
2 会社法116条1項に基づく株式買取請求をした株主が同請求に係る株式を失った場合は,当該株主は同法117条2項に基づく価格の決定の申立ての適格を欠くに至り,同申立ては不適法になる
裁判要旨
平成24年3月28日
最高裁判所第二小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成23(わ)70  2052Views
強盗殺人,死体遺棄事件
平成24年3月2日
金沢地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[労働] [民事] 平成22(ネ)7078  1994ViewsMoreinfo
残業代金等請求,残業代等請求控訴事件(通称 阪急トラベルサポート割増賃金請求)
平成22(ネ)7078
本件は,1審原告らが,本件添乗業務につき未払の時間外割増賃金等があると主張して,1審被告に対し,【別紙2-1-1~6】(ただし,【別紙2-1-2】については【別紙2-1-2-①】)の各「未払残業代請求目録」に記載された未払時間外割増賃金等及びこれに対する各支払期日の翌日から各支払済みまで商事法定利率年6分の割合による遅延損害金の支払を求めるとともに,この未払時間外割増賃金等と同額の付加金及びこれに対する判決確定の日の翌日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成24年3月7日
東京高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [刑事] 平成24(あ)148  1953ViewsMoreinfo
道路交通法違反,自動車運転過失傷害被告事件
平成24(あ)148
補佐人提出の上告趣意を判断対象とした事例
判示事項
平成24年3月26日
最高裁判所第三小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[行政] 平成21(行ウ)28  1946ViewsMoreinfo
更正及び加算税課税決定取消請求事件
平成21(行ウ)28
取引相場のない株式について,財産評価基本通達(昭和39年4月25日付け直資56・直審(資)17・国税庁長官通達,平成17年5月17日付け課評2−5による改正前)189(2)にいう株式保有特定会社の株式に該当するとして,同株式の価額を,大会社についての原則的評価方式である類似業種比準方式ではなく,同通達189−3に定めるS1+S2方式によって評価してした相続税の更正処分につき,同通達が,平成2年改正により,大会社につき株式保有割合が25%以上である評価会社を一律に株式保有特定会社として,その株式の価額の評価をいわゆる純資産価額方式又はS1+S2方式という原則的評価方法とは異なる特別な評価方法によるべきこととした理由は,当該会社の資産構成が類似業種比準方式における標本会社に比して著しく株式等に偏っており,当該会社の株式の価額はその有する株式等の価値に依存する割合が一般に高いものと考えられる点にあるところ,前記改正後に商法等において企業の組織再編に必要な規定の整備が進められるなどした結果,前記相続の開始時である平成15年度においては,前記改正がされた当時と比して,会社の株式保有に関する状況は大きく変化しており,株式保有割合が25%以上である大会社の全てについて,一律に,資産構成が類似業種比準方式における標本会社に比して著しく株式等に偏っており,その株式の価額の評価において類似業種比準方式を用いるべき前提を欠くものと評価すべきとまでは断じ難いから,少なくとも前記相続の開始時を基準とすると,同通達189(2)の定めのうち,大会社につき株式保有割合が25%以上である評価会社を一律に株式保有特定会社としてその株式の価額を同通達189−3の定めにより評価すべきものとする部分の合理性が十分に立証されているとは認められないとした上で,当該会社は,その企業としての規模や事業の実態等が上場企業に匹敵するものであること,その株式保有割合は約25.9%にとどまり,同会社の株式の価額の評価に関しては,原則的評価方式による評価額と適正な時価との間の開差を利用したいわゆる租税回避行為の弊害を危ぐしなければならないものとはいい難いこと等を勘案すると,類似業種比準方式を用いるべき前提を欠く株式保有特定会社に該当するものとは認められないとして,前記更正処分を違法とした事例
裁判要旨
平成24年3月2日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成21(ワ)14616  1918ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成21(ワ)14616
本件は,大阪府泉南地域に存在した工場・作業場において石綿(アスベスト)製品の製造・加工作業,運搬作業に従事中に石綿粉じんを吸引した結果,石綿肺,肺がん等の石綿関連疾患に罹患したと主張する者又はその相続人である原告らが,被告に対し,被告が石綿関連疾患の発生又はその増悪を防止するために旧労基法及び安衛法に基づく規制権限を行使することを怠ったことが違法であるなどと主張して,国賠法1条1項に基づく損害賠償及び民法所定の遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成24年3月28日
大阪地方裁判所 大阪地方裁判所第8民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [刑事] 平成23(あ)1917  1831ViewsMoreinfo
殺人未遂,銃砲刀剣類所持等取締法違反
平成23(あ)1917
裁判員制度と憲法76条1項,80条1項
判示事項
平成24年3月27日
最高裁判所第三小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ