裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

総合裁判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 総合裁判例集 (アーカイブ : 平成24年11月 ; 降順 ; 裁判年月日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1 | 2 | 3 | 4 | 5

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[行政] 平成24(行ケ)1  771ViewsMoreinfo
審決取消請求事件
平成24(行ケ)1
本件は,原告が,本件納付命令及び本件審決における課徴金の算定に関する被告の判断を不服として,被告に対し,その取消を求めた事案である。
事案の概要
平成24年11月30日
東京高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成23(ワ)1305  1105ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件(特許権・民事訴訟/インターネット電話用アダプタ)
平成23(ワ)1305
本件は,名称を「インターネット電話用アダプタ」とする発明についての特許権を有する原告が,被告が譲渡,貸与等している別紙物件目録記載のインターネット電話用アダプタが同特許権の技術的範囲に属すると主張して,被告に対し,特許権侵害の不法行為に基づく損害賠償金の一部請求として,1億円及びこれに対する平成23年1月26日(訴状送達の日の翌日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成24年11月30日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成23(ワ)3572  1326ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件(特許権・民事訴訟/サーバ,利用者装置,プログラム,及び,指標処理方法)
平成23(ワ)3572
本件は,発明の名称を「サーバ,利用者装置,プログラム,及び,指標処理方法」とする特許第4612747号(以下,この特許を「本件特許1」,この特許権を「本件特許権1」という。)及び発明の名称を「サーバ,利用者装置,プログラム,及び,指標処理方法」とする特許第4644735号(以下,この特許を「本件特許2」,この特許権を「本件特許権2」という。また,本件特許1と本件特許2を併せて「本件各特許」,本件特許権1と本件特許権2を併せて「本件各特許権」という。)の特許権者である原告が,被告による別紙物件目録1記載の装置(以下「イ号装置」という。),同目録2記載の製品(以下「ロ号製品」という。),同目録3記載の製品(以下「ハ号製品」という。)及び同目録4記載のプログラム(以下「ニ号プログラム」という。)の使用,製造及び販売が本件各特許権の侵害又は間接侵害(特許法101条1号,2号)に当たる旨主張して,被告に対し,特許権侵害の不法行為に基づく損害賠償を求めた事案である。
事案の概要
平成24年11月30日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成24(ワ)15034  838ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件(著作権・民事訴訟)
平成24(ワ)15034
本件は,プログラムの著作物の著作権を有すると主張する原告が,被告に対し,主位的には複製権侵害及びプログラム著作物の著作権侵害とみなされる行為に基づき,予備的には一般不法行為に基づき,原告が被った損害1120万円の一部請求として280万円及びこれに対する不法行為の後の日である平成21年7月19日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成24年11月30日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成22(ワ)40006  1059ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件(特許権・民事訴訟)
平成22(ワ)40006
本件は,使い捨て紙おむつに関する特許権を有する原告らが,被告の製造,販売する紙おむつについて,原告らの特許権に係る特許発明の技術的範囲に属するとして,被告に対し,不法行為による損害賠償請求権に基づき,それぞれの損害7億7000万円のうちの1億円及びこれに対する不法行為の後の日である平成22年10月1日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成24年11月30日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成22(ワ)12777  1203ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件(特許権・民事訴訟)
平成22(ワ)12777
本件は,紙おむつに関する特許権を有する原告らが,被告の製造,販売する紙おむつについて,原告らの特許権に係る特許発明の技術的範囲に属するとして,被告に対し,不法行為による損害賠償請求権に基づき,それぞれの損害7億4350万円のうちの1億円及びこれに対する不法行為の後の日である平成22年4月1日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成24年11月30日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成24(わ)387  1764ViewsMoreinfo
強盗致傷,強盗
平成24(わ)387
実母に対する現金の強盗致傷と小切手の強盗の各公訴事実について,いずれも反抗を抑圧するに足りる程度の暴行,脅迫がなく,傷害も認められないとして,恐喝罪が成立するにとどまると認定された上,親族間の犯罪に関する特例により刑の免除が言い渡された事例
判示事項の要旨
平成24年11月30日
横浜地方裁判所 第5刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] 平成23(行ウ)4  2079ViewsMoreinfo
懲戒免職処分取消請求事件
平成23(行ウ)4
本件は,長野県教育委員会によって教職員として採用されていた原告が,酒気帯び運転を非違行為として,長野県教育委員会から懲戒免職処分(以下「本件処分」という。)を受けたところ,本件処分は違法であるとして,被告に対し,本件処分の取消しを求める事案である。
事案の概要
平成24年11月30日
長野地方裁判所 民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [労働] [民事] 平成23(受)1107  2677ViewsMoreinfo
地位確認等請求事件
平成23(受)1107
高年齢者等の雇用の安定等に関する法律9条2項所定の継続雇用制度の対象となる高年齢者に係る基準を定め,継続雇用を希望する高年齢者のうち当該基準を満たす者を再雇用する旨の制度を導入した事業主が,継続雇用を希望する高年齢者たる従業員につき,当該基準を満たしていないとして再雇用しなかった場合において,次の(1)〜(3)など判示の事情の下では,当該事業主と当該従業員との間に,従前の雇用契約の終了後も当該制度に基づき再雇用されたのと同様の雇用関係が存続しているものとみるのが相当である。
(1) 当該基準は,高年齢者の在職中の業務実態及び業務能力に係る査定等の内容を所定の方法で点数化し,総点数が0点以上の高年齢者を再雇用するというものであり,当該制度においては,再雇用される高年齢者の継続雇用の最長期限及び労働時間の上限が定められ,従前の基本給の額及び再雇用後の労働時間から所定の計算式で算出される金額が本給の最低基準とされていた。
(2) 当該従業員は,在職中の業務実態及び業務能力に係る査定等の内容を上記方法で点数化すると,総点数が1点となり,当該基準を満たす者であった。
(3) 従前の雇用契約の終期の到来により当該従業員の雇用が終了したものとすることをやむを得ないものとみるべき特段の事情はうかがわれない。
裁判要旨
平成24年11月29日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[行政] 平成24(行コ)68  881Views
各法人税更正処分取消等請求控訴事件(原審・東京地方裁判所平成21年(行ウ)第492号,平成22年(行ウ)第569号)
平成24年11月29日
東京高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[行政] 平成23(行コ)165  982ViewsMoreinfo
行政文書不開示決定取消請求控訴事件(原審・大阪地方裁判所平成21年(行ウ)第198号)
平成23(行コ)165
本件は,被控訴人が処分行政庁に対し,行政機関の保有する情報の公開に関する法律(平成21年法律第66号による改正前のもの。「情報公開法」)に基づき,大阪労働局管内の各労働基準監督署長が平成14年4月1日から平成21年3月5日までの間に,脳血管疾患及び虚血性心疾患等に係る労災補償給付の支給請求に対して支給決定を下した事案について,その処理状況を把握するために作成している処理経過簿(本件文書)のうち,①被災労働者が所属していた事業場名欄のうち法人名が記載されている部分,②労災補償給付の支給決定年月日の開示を請求した(本件開示請求)ところ,処分行政庁が,本件文書の一部は情報公開法5条1号所定の不開示情報に該当するとして,開示請求に係る行政文書の一部を開示しない旨の決定(本件一部不開示決定)をしたため,被控訴人が,本件一部不開示決定のうち,被災労働者が所属していた事業名欄のうち法人名記載部分を不開示とした部分は違法であるとして,その取消しを求めた事案である。
事案の概要
平成24年11月29日
大阪高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成24(ネ)38  1440ViewsMoreinfo
未払金(甲事件),立替金返還等(乙事件)請求控訴事件
平成24(ネ)38
大手引越業者から広告取扱業務を受注していたA広告代理店が,自社の資金繰りのため,大手引越業者の企画広報室長の承諾を得た上,同室長名義の文書等を利用して,X広告代理店ほか複数の広告代理店との間で仮装取引を行い,広告代金名下で資金援助を受けていたところ,その返還が滞ったことから,X広告代理店が,大手引越業者に対し,支払取次契約その他の契約責任又は企画広報室長の不法行為に係る使用者責任(民法715条1項)等に基づき,援助資金の返還又は同資金相当額の損害賠償を求めたが,大手引越業者の責任がいずれも否定された事例
判示事項の要旨
平成24年11月29日
広島高等裁判所 第4部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成24(行ケ)10188  638Views
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟/「グッドウェア」)
平成24年11月29日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成24(行ケ)10113  794Views
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟/「グッドウェア」)
平成24年11月29日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成24(行ケ)10119  648Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/車両用液量指示計器)
平成24年11月29日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成23(行ケ)10425  829Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/表示スクリーンをもつ電子装置)
平成24年11月29日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成24(ネ)10023  938Views
製造販売禁止等請求控訴事件(特許権・民事訴訟)
平成24年11月29日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成24(行ケ)10156  600Views
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟)
平成24年11月29日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成23(行ケ)10415  645Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/ハンダ合金,ハンダボール及びハンダバンプを有する電子部材)
平成24年11月29日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成24(ネ)10048  593Views
特許権侵害差止等請求控訴事件(特許権・民事訴訟)
平成24年11月29日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ