裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

総合裁判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 総合裁判例集 (アーカイブ : 平成25年11月 ; 降順 ; 裁判年月日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1 | 2 | 3 | 4

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[最高裁] [民事] 平成22(受)2355  8018ViewsMoreinfo
共有物分割等請求事件
平成22(受)2355
1 共有物について,遺産共有持分と他の共有持分とが併存する場合,共有者が遺産共有持分と他の共有持分との間の共有関係の解消を求める方法として裁判上採るべき手続は民法258条に基づく共有物分割訴訟であり,共有物分割の判決によって遺産共有持分を有していた者に分与された財産は遺産分割の対象となり,この財産の共有関係の解消については同法907条に基づく遺産分割によるべきである。
2 遺産共有持分と他の共有持分とが併存する共有物について,遺産共有持分を他の共有持分を有する者に取得させ,その価格を賠償させる方法による分割の判決がされた場合には,遺産共有持分を有していた者に支払われる賠償金は,遺産分割によりその帰属が確定されるべきものであり,賠償金の支払を受けた者は,遺産分割がされるまでの間これを保管する義務を負う。
3 裁判所は,遺産共有持分を他の共有持分を有する者に取得させ,その価格を賠償させてその賠償金を遺産分割の対象とする方法による共有物分割の判決をする場合には,その判決において,遺産共有持分を有していた者らが各自において遺産分割がされるまで保管すべき賠償金の範囲を定めた上で,同持分を取得する者に対し,各自の保管すべき範囲に応じた額の賠償金を支払うことを命ずることができる。
裁判要旨
平成25年11月29日
最高裁判所第二小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成24(ワ)18701  910ViewsMoreinfo
損害賠償等請求事件(著作権・民事訴訟)
平成24(ワ)18701
本件は,原告が,①被告らの背信的な引き抜き行為があったなどと主張して,<ア>被告らに対し,不法行為に基づく損害賠償請求(以下「不法行為請求①」という。)として,7137万4238円(附帯請求として訴状送達の日の翌日である平成24年7月21日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金)の支払(請求1項のうちの一部),<イ>営業権に基づく差止請求として,原告従業員及び原告と業務委託契約をしている第三者との接触等の禁止(請求2項)を求めるとともに,②被告会社の簿記検定試験受験誌において,原告発行の簿記検定試験受験誌が切り離し式暗記カードを付けていることなどを模倣しているから,原告の商品等表示と被告の商品等表示が同一又は類似であり,原告の編集著作物の侵害であるなどと主張して,<ア>被告らに対し,不法行為に基づく損害賠償請求(以下「不法行為請求②」という。)として,458万9500円(附帯請求として上記①<ア>と同様の遅延損害金)の支払(請求1項のうちの一部)を求めるとともに,<イ>被告会社に対し,不正競争防止法3条1項又は著作権法112条1項に基づく差止請求として,被告会社発行の簿記検定試験受験誌に切り離し式の暗記カードを添付する等して出版,発売等を行うことの禁止を求めた事案である。
事案の概要
平成25年11月29日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成24(ワ)17747  810ViewsMoreinfo
営業誹謗行為差止等請求事件(不正競争・民事訴訟)
平成24(ワ)17747
本件は,原告が,被告に対し,被告が原告の取引先に対し原告が製造販売する別紙物件目録記載の商品(以下「本件商品」という。)には表示どおりの成分が含まれていない旨の告知をしたことが不正競争防止法2条1項14号の営業誹謗行為に該当すると主張して,同法3条1項に基づき告知及び流布の差止めを,同法14条に基づき謝罪広告の掲載を,同法4条本文に基づき損害賠償を,それぞれ求める事案である。
事案の概要
平成25年11月29日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成24(わ)1092  1278ViewsMoreinfo
傷害,殺人未遂,偽造通貨行使(変更後の訴因 通貨偽造・同行使)
平成24(わ)1092
通貨偽造・同行使被告事件につき,共犯者供述の信用性が認められないとして,無罪が言い渡された事例
判示事項の要旨
平成25年11月29日
京都地方裁判所 刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [行政] 平成25(行ケ)1  1145ViewsMoreinfo
選挙無効請求事件
平成25(行ケ)1
平成25年7月21日に施行された参議院議員通常選挙に関し,岡山県選挙区の選挙人が,公職選挙法14条1項,別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定は人口比例に基づかず憲法14条等に違反し無効であるとしてした選挙の無効請求について,同選挙の選挙当日の選挙区間における議員1人当たりの選挙人数の最大較差は1対4.77であり,平成24年10月17日最高裁判所大法廷判決により違憲の問題が生じる程度の著しい不平等状態に至っていたと判断された平成22年7月11日施行の参議院議員通常選挙時の最大較差1対5.00に匹敵する程度の較差であるなど違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等が生じていたと認められるところ,現行の選挙制度の仕組み自体の見直しの必要性を指摘し,国会において速やかに適切な検討を行うよう要請した平成21年9月30日最高裁大法廷判決から約3年9か月の期間が存在したにもかかわらず,国会は4選挙区において議員定数を4増4減するという改正にとどまり,投票価値の著しい不平等状態を是正する措置を講じなかったことは,国会の裁量権の限界を超えるといわざるを得ず,前記規定は憲法に違反するとして前記請求を認容した事例
裁判要旨
平成25年11月28日
広島高等裁判所 岡山支部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10121  889Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/洗濯機の脱水槽)
平成25年11月28日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10144  805Views
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟)
平成25年11月28日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10135  730Views
(商標権・行政訴訟)
平成25年11月28日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10066  707Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/脂肪族ポリエステル樹脂組成物及びそれを用いた成形品)
平成25年11月28日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10063  927Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/コークス炉炭化室の診断方法)
平成25年11月28日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成24(ワ)3677等  2193ViewsMoreinfo
著作権侵害損害賠償等本訴,ブログ記事抹消等反訴請求事件(著作権・民事訴訟)
平成24(ワ)3677等
本件は,本訴において,原告・反訴被告(以下「原告」という。)が,被告・反訴原告(以下「被告」という。)らが漫画を掲載した雑誌を編集,発行したことが原告の著作物の著作権及び著作者人格権を侵害すると主張して,被告らに対し,不法行為による損害賠償請求権に基づく131万円の連帯支払,被告株式会社ジーオーティー(以下「被告GOT」という。)に対し,著作権法115条に基づく謝罪広告の掲載をそれぞれ求め,反訴において,被告らが,原告がブログに記事等を掲載したことが被告らの名誉,信用を毀損したと主張して,原告に対し,不法行為による損害賠償請求権に基づく各100万円及びこれに対する不法行為の後である反訴状送達の日の翌日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払並びに名誉権に基づく記事等の削除を求める事案である。
事案の概要
平成25年11月28日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成23(ワ)32528  781ViewsMoreinfo
特許権侵害差止等請求事件(特許権・民事訴訟/「ガイドローラー)
平成23(ワ)32528
本件は,原告が,被告に対し,被告による別紙被告製品目録1記載(1)~(9)の各ガイドローラー(以下,それぞれを「被告製品(1)」,「被告製品(2)」などといい,これらを「被告製品1」と総称する。)及び被告製品2の製造,販売及び販売の申出が原告の有する2件の特許権の侵害に当たる旨主張して,特許法100条1項に基づき被告製品2の製造等の差止めを求めるとともに,特許権侵害の不法行為に基づく損害賠償金の支払を求めた事案である。
事案の概要
平成25年11月28日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成24(ワ)3341  703Views
特許権侵害差止等請求事件(特許権・民事訴訟/導電部材及び当該導電部材の自動実装に用いられるキ)
平成25年11月28日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成24(ワ)336  441ViewsMoreinfo
遺言無効確認請求事件
平成24(ワ)336
本件は,原告及び被告の亡父 A(以下「A」という。)作成に係る昭和61年6月22日付け自筆証書遺言(以下「本件遺言」という。)が存在するところ,原告が,被告に対し,A が当該自筆証書(以下「本件遺言書」という。)を故意に破棄したことを理由として,本件遺言が無効であることの確認を求める事案である。
事案の概要
平成25年11月28日
広島地方裁判所 民事第3部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[高裁] [刑事] 平成25(う)857  1798ViewsMoreinfo
法人税法違反,関税法違反被告事件
平成25(う)857
「世界貿易機関を設立するマラケシュ協定」(平成6年条約第15号)の「農業に関する協定」4条2項は,国内の裁判規範として直接適用されるものではなく,我が国の豚肉の差額関税制度を直ちに無効ならしめるものではない。
裁判要旨
平成25年11月27日
東京高等裁判所 第1刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成25(ネ)10002  923ViewsMoreinfo
損害賠償請求控訴事件(特許権・民事訴訟/使い捨て紙おむつ)
平成25(ネ)10002
本件は,いずれも発明の名称を「使い捨て紙おむつ」とする特許権(特許第4197179号(以下「本件第1特許」という。)及び特許第4463322号(以下「本件第2特許」という。))を有する控訴人らが,被控訴人が製造・販売する紙おむつは,本件第1特許の特許請求の範囲の請求項1及び3記載の各発明並びに本件第2特許の特許請求の範囲の請求項1記載の発明の技術的範囲に属しており,その紙おむつの製造・販売は上記各特許権を侵害すると主張して,被控訴人に対し,不法行為に基づき,損害賠償を請求した事案である。
事案の概要
平成25年11月27日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成25(ネ)10001  1039ViewsMoreinfo
損害賠償請求控訴事件(特許権・民事訴訟/使い捨て紙おむつ)
平成25(ネ)10001
本件は,発明の名称を「使い捨て紙おむつ」とする特許権(特許第4198313号)を有する控訴人らが,被控訴人が製造・販売する紙おむつは同特許の特許請求の範囲の請求項1及び3記載の各発明の技術的範囲に属しており,その紙おむつの製造・販売は上記特許権を侵害すると主張して,被控訴人に対し,不法行為に基づき,損害賠償を請求した事案である。
事案の概要
平成25年11月27日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10134  855Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/経皮吸収製剤,経皮吸収製剤保持シート,及び経皮吸収製剤保持用具)
平成25年11月27日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10018  763Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/薬剤中におけるアミジン基を有する活性物質の生物学的利用率の向上)
平成25年11月27日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10188  815Views
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟)
平成25年11月27日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ