裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

総合裁判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 総合裁判例集 (知的財産高等裁判所 ; アーカイブ : 平成26年5月 ; 降順 ; 裁判年月日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1 | 2

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[知財] 平成24(行ケ)10399  951Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/粉末薬剤多回投与器)
平成26年5月30日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10198  892Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/抗VEGF抗体)
平成26年5月30日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10197  891Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/抗VEGF抗体)
平成26年5月30日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成26(行ケ)10196  859Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/血管内皮細胞増殖因子アンタゴニスト)
平成26年5月30日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10195  857Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/血管内皮細胞増殖因子アンタゴニスト)
平成26年5月30日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成26(ネ)10006  1037ViewsMoreinfo
損害賠償請求控訴事件(不正競争・民事訴訟)
平成26(ネ)10006
本件は,控訴人が,被控訴人扶桑社の出版する原判決別紙書籍目録記載の書籍(以下「本件書籍」という。)の表紙,帯及び本文には,その品質及び内容について誤認させるような表示をした部分があるから,本件書籍の出版は不正競争防止法(以下「不競法」という。)2条1項13号所定の不正競争及び平成17年法律第87号による改正前の私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(以下「独禁法」という。)2条9項所定の不公正な取引方法(一般指定8項のぎまん的顧客誘因)に該当し,被控訴人らによる共同不法行為を構成すると主張し,被控訴人らに対し,不競法4条又は民法709条及び同法719条1項に基づき,逸失利益2593万5000円,慰謝料300万円及び弁護士費用300万円の合計3193万5000円並びに各訴状送達の日の翌日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の連帯支払を求めた事案である。
事案の概要
平成26年5月29日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10200  868Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/菜種ミールの製造方法)
平成26年5月29日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10228  977Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/光触媒体の製造法)
平成26年5月29日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成25(ネ)10069  999ViewsMoreinfo
特許権侵害差止等請求控訴事件(特許権・民事訴訟/ソレノイド駆動ポンプの制御回路)
平成25(ネ)10069
本件は,発明の名称を「ソレノイド駆動ポンプの制御回路」とする特許権(特許第4312941号)及び発明の名称を同じく「ソレノイド駆動ポンプの制御回路」とする特許権(特許第4716522号)を有する控訴人が,被控訴人が製造,販売する,旧イ号製品,新イ号製品及びロ号製品は前者の特許の,新イ号製品は同時に後者の特許の各請求項1記載の各特許発明の技術的 範囲に属しており,旧イ号製品,新イ号製品及びロ号製品の製造販売は前者の特許権を,新イ号製品の製造販売は後者の特許権をそれぞれ侵害すると主張し,被控訴人に対し,特許法100条1項,2項に基づき,旧イ号製品,新イ号製品及びロ号製品の製造,販売の差止め並びに同各製品及びその半製品の廃棄を求めるとともに,不法行為に基づき,損害賠償を請求した事案である。
事案の概要
平成26年5月29日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10221  930Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/印刷用ブロック共重合ポリイミドインク組成物)
平成26年5月28日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成26(行ケ)10028  783Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟)
平成26年5月28日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10270  742Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/Vリブドベルト)
平成26年5月28日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成26(ネ)10001  771ViewsMoreinfo
商標使用差止等請求控訴事件(商標権)
平成26(ネ)10001
本件は,被控訴人が,控訴人に対し,控訴人が被控訴人の有する商標権を侵害していると主張して,商標法36条1項及び2項に基づき,原判決別紙被告使用標章目録記載の各標章(以下,記載番号に応じて「控訴人標章1」,「控訴人標章2」などといい,「控訴人各標章」と総称する。)の使用の差止め並びに控訴人各標章を付した広告宣伝物の廃棄及びインターネット上の広告からの控訴人各標章の削除を求めた事案である。
事案の概要
平成26年5月27日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10248  913Views
審決取消訴訟(特許権・行政訴訟/排気ガス浄化システム)
平成26年5月26日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10345  805Views
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟)
平成26年5月21日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成25(ネ)10099  920ViewsMoreinfo
損害賠償請求控訴事件(特許権・民事訴訟)
平成25(ネ)10099
本件は,名称を「Web-POS 方式」とする本件発明についての本件特許権(特許番号・第4579336号)の専用実施権者である控訴人が,被控訴人に対し,被控訴人が提供する被控訴人サービス(ベルメゾンネット)において採用されている被控訴人システムが本件発明の技術的範囲に属すると主張して,本件特許権侵害の不法行為に基づく損害賠償の一部として1億円及びこれに対する不法行為の日以降である平成23年7月13日から支払済みまで年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた事案である。
事案の概要
平成26年5月21日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成25(ネ)10108  887ViewsMoreinfo
損害賠償請求控訴事件(特許権・民事訴訟)
平成25(ネ)10108
本件は,名称を「Web-POS 方式」とする本件発明についての本件特許権(特許番号・第4579336号)の専用実施権者である控訴人が,被控訴人に対し,被控訴人が提供する被控訴人サービス(楽天市場)において採用されている被控訴人システムが本件発明の技術的範囲に属すると主張して,本件特許権侵害の不法行為に基づく損害賠償の一部として10億円及びこれに対する不法行為の日以降である平成24年3月31日から支払済みまで年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた事案である。
事案の概要
平成26年5月21日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10215  722Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/洗濯物を湿潤処理するための方法および装置)
平成26年5月21日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成25(ネ)10082  1008ViewsMoreinfo
著作権及び出版権侵害差止請求控訴事件(著作権・民事訴訟)
平成25(ネ)10082
本件は,控訴人は,本件意見書1ないし7の各著作者から著作権の譲渡又は管理委託を受け,出版権の設定を受け,本件意見書の原稿をまとめて出版を行い,また,本件意見書8の著作者との間で著作権管理委託及び出版権設定契約を締結したところ,原判決別紙のとおり,本件評価書の「表8.2-1~準備書についての住民意見の概要及び事業者見解」の「環境保全上の見地からの意見」欄,「表8.2-2 準備書についての住民意見の概要及び事業者見解」の「その他意見」欄において,被控訴人らが,本件意見書の表現の一部を抜粋したり,表現を要約したりするなどして,本件意見書の表現を改変したことが,氏名表示権(著作権法19条),同一性保持権(20条),翻案権(27条),出版権(80条)を侵害し,著作権者の名誉を毀損(パブリックコメントにおける意見者のオリジナリティを侵害・毀損)するなどと主張して,控訴 人から被控訴人らに対し,本件評価書の回収及び損害賠償として201万1311円の連帯支払を求める事案である。
事案の概要
平成26年5月21日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成25(ネ)10043  1116ViewsMoreinfo
債務不存在確認請求控訴事件(特許権・民事訴訟/移動通信システムにおける予め設定された長さインジケータを用いてパケットデータを送受信する方法及び装置)
平成25(ネ)10043
本件は,被控訴人(第1審原告)が,被控訴人による別紙物件目録記載の各製品(以下「本件各製品」と総称し,同目録1記載の製品を「本件製品1」,同目録2記載の製品を「本件製品2」などという。)の生産,譲渡,輸入等の行為は,控訴人(第1審被告)が有する発明の名称を「移動通信システムにおける予め設定された長さインジケータを用いてパケットデータを送受信する方法及び装置」とする特許第4642898号の特許権(以下,この特許を「本件特許」,この特許権を「本件特許権」という。)の侵害行為に当たらないなどと主張し,控訴人が被控訴人の上記行為に係る本件特許権侵害の不法行為に基づく損害賠償請求権を有しないことの確認を求めた事案である。
事案の概要
平成26年5月16日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ