裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

総合裁判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 総合裁判例集 (アーカイブ : 平成26年11月 ; 降順 ; 裁判年月日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1 | 2 | 3 | 4

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[知財] [民事] 平成25(ワ)2728  1468ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件(著作権・民事訴訟)
平成25(ワ)2728
本件は,原告が,メゾンAの区分所有者であった被告Aらが,同マンションの建替えに際し,被告日神,被告飛鳥設計及びその代表者である被告Kと共同して,原告が作成した原告図面に依拠して本件建物の設計図である被告図面を制作し,もって原告が有する原告図面の著作権(複製権ないし翻案権)を侵害したと主張して,(1)被告Kに対しては,著作権侵害の不法行為の実行行為者として民法709条に基づき,(2)被告飛鳥設計に対しては,被告Kの著作権侵害の不法行為について会社法350条に基づき,(3)被告Aら及び被告日神に対しては,被告Kの著作権侵害行為の共同不法行為者として民法719条に基づき,連帯して,上記共同不法行為と相当因果関係のある設計料相当額である損害金3285万円及びこれに対する共同不法行為の後の日であるとする平成22年10月6日(被告日神が建築確認済証の交付を受けた日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた事案である。
事案の概要
平成26年11月7日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] 平成25(行ウ)23  1028Views
平成26年11月6日
奈良地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[行政] 平成26(行コ)157  1028ViewsMoreinfo
法人税更正処分取消請求控訴事件(原審・東京地方裁判所平成23年(行ウ)第228号)
平成26(行コ)157
1 法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」とは,①同法132条と同様に,取引が経済的取引として不自然・不合理である場合のほか,②組織再編成に係る行為の一部が,組織再編成に係る個別規定の要件を形式的には充足し,当該行為を含む一連の組織再編成に係る税負担を減少させる効果を有するものの,当該効果を容認することが組織再編税制の趣旨・目的又は当該個別規定の趣旨・目的に反することが明らかであるものも含む。
2 法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「その法人の行為又は計算」とは,法人税につき更正又は決定を受ける法人の行為又は計算のほか,当該法人以外の法人であって同条各号に掲げられているものの行為又は計算も含む。
3 適格合併に関する要件(法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)57条3項の規定に基づき定められた法人税法施行令(平成22年政令第51号による改正前のもの)112条7項5号に規定する要件)を形式的に充足する特定役員就任であっても,当該特定役員就任の具体的な態様等からすると,役員の去就という観点からみて合併の前後を通じて移転資産に対する支配が継続しているという状況があるとはいえないこと,当該特定役員就任を含む組織再編成行為全体からみても,単なる資産の売買にとどまるものと評価することが妥当なものであって,共同で事業を営むための適格合併等としての性格が極めて希薄であること,合併法人らにおいて未処理欠損金額の引継ぎが認められない可能性が相当程度あることが認識されていたことなど判示の事情の下においては,同号による税負担減少効果を容認することは,上記各条項が設けられた趣旨・目的に反することが明らかであるから,当該特定役員就任は,同法132条の2にいう「その法人の行為(中略)で,これを容認した場合には,(中略)法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」に該当し,同条の規定に基づき否認することができる。
裁判要旨
平成26年11月5日
東京高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成26(行ケ)10061  745Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟)
平成26年11月5日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [民事] 平成26(許)15  1048ViewsMoreinfo
売却許可決定に対する執行抗告棄却決定に対する許可抗告事件
平成26(許)15
不動産強制競売事件の期間入札において,執行官が無効な入札をした者を最高価買受申出人と定めたとして売却不許可決定がされ,これが確定した後,再度の開札期日を開くこととした執行裁判所の判断に違法がないとされた事例
裁判要旨
平成26年11月4日
最高裁判所第三小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成26(行ケ)10046  508Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟)
平成26年11月4日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成25(行ケ)10300  502Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/炭化珪素半導体装置の製造方法)
平成26年11月4日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ