裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

総合裁判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 総合裁判例集 (アーカイブ : 平成28年5月 ; 昇順 ; データ登録日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1 | 2 | 3

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[知財] 平成27(行ケ)10122  656Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/皮膚科学的治療のためのシステムおよび装置)
平成28年5月11日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ネ)10030  578ViewsMoreinfo
損害賠償請求控訴事件(実用新案権・民事訴訟)
平成28(ネ)10030
本件は,カツター装置付きテープホルダーに関する実用新案権(実用新案登録番号第978602号。本件実用新案権)を有していた控訴人が,被控訴人による原判決添付別紙「「カッター装置付きテープホルダー」という名称の考案(「カッター装置付テープホルダー」という物品の構造に係る考案)に係る実用新案権(登録番号第978602号。昭和56年6月13日に存続期間満了。本件実用新案権)を有していたXが主張する侵害対象物A及びB並びにCの共通目録」(原判決共通目録)記載の「侵害対象物A」,「侵害対象物B」及び「侵害対象物C」の製造販売は本件実用新案権を侵害すると主張して,被控訴人に対し,不法行為(民法709条)に基づく損害賠償金250億9892万円のうち,「侵害対象物A」につき昭和50年9月1日から昭和56年6月13日までの間に製造販売された10万5500台のうち当初の122台に係る実施料相当額651万4800円,「侵害対象物B」につき上記期間に製造販売された3万8300台のうち当初の10台に係る実施料相当額53万4000円,「侵害対象物C」につき上記期間に製造販売された6万7000台のうち当初の15台に係る実施料相当額390万円の合計1094万8800円及びこれに対する不法行為の後である昭和56年6月14日から支払済みまで民法所定年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成28年5月11日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成27(行ケ)10246  536Views
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟)
平成28年5月18日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成27(行ケ)10139  499Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/スロットマシン)
平成28年5月18日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ネ)10038  551Views
脱漏裁判請求控訴事件(特許権・民事訴訟)
平成28年5月16日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10015  467ViewsMoreinfo
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟/犬めくり)
平成28(行ケ)10015
本件は,原告の登録商標(登録第2578258号商標。以下「本件商標」という。)に関する商標法50条1項に基づく商標登録取消審判請求を成立とした審決の取消訴訟である。
事案の概要
平成28年5月18日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10014  462ViewsMoreinfo
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟/猫めくり)
平成28(行ケ)10014
本件は,原告の登録商標(登録第2184622号商標。以下「本件商標」という。)に関する商標法50条1項に基づく商標登録取消審判請求を成立とした審決の取消訴訟である。
事案の概要
平成28年5月18日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成27(ワ)37086  614ViewsMoreinfo
意匠権侵害差止等請求事件(意匠権・民事訴訟/膣圧回復治療用具)
平成27(ワ)37086
本件は,意匠に係る物品を「膣圧回復治療用具」とする意匠登録第1167592号の意匠権(以下「本件意匠権」といい,本件意匠権に係る意匠を「本件意匠」という。)を有する原告が,被告有限会社アットプランニング(以下「被告アットプランニング」という。)が別紙物件目録記載1の製品(以下「被告製品1」といい,被告製品1に係る意匠を「被告意匠1」という。)を,被告株式会社メルシー(以下「被告メルシー」という。)が被告製品1及び別紙物件目録記載2の製品(以下「被告製品2」といい,被告製品2に係る意匠を「被告意匠2」という。)を,それぞれ販売及び販売のための展示(以下「販売等」という。)をしていること,並びに被告意匠1及び同2がいずれも本件意匠と類似することを前提に,被告らによる販売等は,本件意匠権を侵害する行為であると主張して,①意匠法37条1項に基づき,被告アットプランニングに対して被告製品1の販売等の差止めを,被告メルシーに対して被告製品1及び同2の販売等の差止めをそれぞれ求め(前記第1の1,2),②同条2項に基づき,被告アットプランニングに対して被告製品1の廃棄を,被告メルシーに対して被告製品1及び同2の廃棄をそれぞれ求め(前記第1の3,4),③意匠権侵害の不法行為による損害賠償請求権又は実施料を支払うことなく本件意匠と類似する意匠を実施したことによる不当利得返還請求権に基づき,被告アットプランニングに対し損害賠償金又は不当利得金265万2000円及びこれに対する同被告への訴状送達の日の翌日である平成28年2月2日から支払済みまでの民法所定年5分の割合による遅延損害金の支払を求め,被告メルシーに対し損害賠償金又は不当利得金347万1000円及びこれに対する同被告への訴状送達の日の翌日である平成28年1月31日から支払済みまでの民法所定年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた(前記第1の5,6)事案である。
事案の概要
平成28年5月18日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成27(ネ)157  1388ViewsMoreinfo
損害賠償請求控訴事件
平成27(ネ)157
本件は,被控訴人が,札幌市豊平区所在の全天候型多目的施設である「札幌ドーム」(以下「本件ドーム」という。)において平成22年8月21日に行われたプロ野球の試合(以下「本件試合」という。)を1塁側内野自由席18番通路10列30番の座席(以下「本件座席」という。)で観戦中に,打者の打ったファウルボールが被控訴人の顔面に直撃して右眼球破裂等の傷害を負った事故(以下「本件事故」という。)について,本件ドームには通常有すべき安全性を備えていない瑕疵があった,控訴人らは観客をファウルボールから保護するための安全設備の設置及び安全対策を怠ったなどと主張して,①本件試合を主催し,本件ドームを占有していた控訴人ファイターズに対しては,(a)工作物責任(民法717条1項),(b)不法行為(民法709条)又は(c)債務不履行(野球観戦契約上の安全配慮義務違反)に基づき,②指定管理者として本件ドームを占有していた控訴人札幌ドームに対しては,(d)工作物責任(民法717条1項)又は(e)不法行為(民法709条)に基づき,③本件ドームを所有していた控訴人札幌市(以下「控訴人市」という。)に対しては,(f)営造物責任(国家賠償法2条1項)又は(g)不法行為(民法709条)に基づき,損害賠償金4659万5884円及びこれに対する平成22年8月21日(本件事故の日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の連帯支払を求めた事案である。
事案の概要
平成28年5月20日
札幌高等裁判所 第2民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ネ)10002  738ViewsMoreinfo
証書真否確認等請求控訴事件(著作権・民事訴訟)
平成28(ネ)10002
本件は,控訴人らが,被控訴人らに対し,控訴人会社とエイベックス・エンタテインメント株式会社(AEI。被控訴人ADの旧商号)との間の2012年(平成24年)12月1日付け著作権譲渡契約書(本件契約書。その写しは別添のとおり。)は,被控訴人らの従業員らによって偽造されたものであるとして,本件契約書の成立の不真正の確認を求めるとともに,被控訴人らの従業員らによる本件契約書の偽造という不法行為について,被控訴人らは使用者責任を負うとして,民法709条,715条1項本文,723条に基づき,控訴人会社に対する損害賠償金80万9000円及びこれに対する遅延損害金の連帯支払並びに控訴人らに対する当該不法行為により棄損された名誉を回復するための措置としての謝罪広告を求めた事案である。
事案の概要
平成28年5月26日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成27(行ケ)10220  591Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/殺傷犯罪防止刃物)
平成28年5月30日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成27(ワ)10913  668ViewsMoreinfo
債務不履行損害賠償請求(特許権・民事訴訟/血栓除去用部材とそれを使用した血栓除去用カテーテル)
平成27(ワ)10913
本件は,出願人を原告とし,発明の名称を「血栓除去用部材とそれを使用した血栓除去用カテーテル」とする米国特許出願の手続を行った被告らにおいて,クレーム補正に関する審査官からの電話連絡に対し,定められた期限までに,補正の書面を提出すべき義務又は口頭でクレーム補正に応諾する旨の連絡をすべき義務を怠り,これにより損害を被ったとして,原告が,被告らに対し,不法行為による損害賠償請求権に基づき,損害金550万円の連帯支払を求める事案である。
事案の概要
平成28年5月23日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成27(ワ)8704  741ViewsMoreinfo
(特許権・民事訴訟)
平成27(ワ)8704
本件は,原告が被告に対し,別紙被告システム目録記載のシステム(以下「被告システム」という。)を構築するなどの被告の行為が,原告の有する特許権を侵害するものであるとして,平成23年1月から平成26年1月までの特許権侵害の不法行為に基づく損害額4620万円のうち2000万円(補佐人弁理士費用を含む。)及びこれに対する不法行為の後の日である平成27年9月11日から支払済みまで民法所定年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた事案である。
事案の概要
平成28年5月12日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成25(ワ)15928  689ViewsMoreinfo
損害賠償等請求事件(不正競争・民事訴訟)
平成25(ワ)15928
本件は,原告が,①原告の元従業員である被告Aらが,原告在職中に,被告会社を設立し,原告の取引先である海外のワイン生産者らに対し,原告を中傷した上で被告会社として取引を希望する旨のメールを送ったり,原告における後任者に虚偽の引継ぎをしたりするなどし,原告退職後に,被告会社において,原告と取引関係のあった海外のワイン生産者らからワインを購入した,②被告Aらが,原告の営業秘密たる別紙営業秘密目録記載の顧客名簿(コンピューター内の記録媒体又はその他の電磁的記録媒体に保存された電磁的データ及びこれを出力した印刷物を含む。以下「本件顧客名簿」という。)を不正に取得・使用し,又は被告会社に開示して,本件顧客名簿に記載された顧客に対し,被告会社として営業活動を行い,被告会社も,被告Aらによる本件顧客名簿の不正開示を知ってこれを取得・使用したなどと主張して,被告らに対し,次の各請求をする事案である。
事案の概要
平成28年5月31日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成27(ワ)21613  611ViewsMoreinfo
損害賠償等請求事件(特許権・民事訴訟/麺線製造法及び麺線)
平成27(ワ)21613
本件は,発明の名称を「麺線製造法及び麺線」とする特許権を有していた原告が,被告によるパスタ麺(以下「被告製品」という。)の製造行為が上記特許権の侵害に当たると主張して,被告に対し,民法709条及び特許法102条3項又は民法703条及び704条に基づき,損害賠償金又は上記特許権実施料相当額の利得金4億0831万3400円及びこれに対する不法行為又は利得の後の日である平成19年3月5日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金又は利息の支払を求める事案である。
事案の概要
平成28年5月26日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成27(ワ)21850  732ViewsMoreinfo
楽曲演奏禁止等請求事件(著作権・民事訴訟)
平成27(ワ)21850
本件は,別紙楽譜目録記載2の楽曲(以下「原告楽曲」という。)の著作者である原告が,被告Y,被告Z及び被告SMEが原告楽曲に依拠してこれに類似した被告楽曲を創作し,被告TSCがこれを番組内で放送し,被告SMDがこれを収録したDVDその他の物を販売したことが原告の著作権(複製権又は編曲権)及び著作者人格権(同一性保持権及び氏名表示権)を侵害していると主張して,被告らに対し,①著作権法112条に基づき被告楽曲の演奏,複製等及びこれを録音又は録画したCD,DVDその他の物の複製等の禁止を求めるとともに,②民法709条,著作権法114条2項に基づき,損害賠償金(被告Y,被告Z及び被告SMEに対し9000万円,被告TSCに対し7000万円,被告SMDに対し6000万円)及びこれに対する不法行為の後である訴状送達日の翌日(被告Yにつき平成27年9月3日,その余の被告につき同月2日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の連帯支払を求める事案である。
事案の概要
平成28年5月19日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成27(ワ)8517  729ViewsMoreinfo
特許権侵害差止請求事件(特許権・民事訴訟/畦塗り機)
平成27(ワ)8517
本件は,発明の名称を「畦塗り機」とする特許第5706569号の特許権(以下「本件特許権」といい,その特許を「本件特許」という。また,本件特許の願書に添付した明細書を図面と併せて「本件明細書」という。)を有する原告が,別紙被告製品目録記載1のあぜぬり機(以下「被告製品1」という。)は,本件特許の願書に添付した特許請求の範囲(以下,単に「特許請求の範囲」ということがある。)の請求項1ないし同4(以下,単に「請求項1」などということがある。)記載の各発明(以下,これらをまとめて「本件各発明」といい,個別には,請求項の番号に応じて,「本件発明1」などという。また,本件特許のうち本件各発明に係るものを「本件発明1についての特許」などということがある。)の技術的範囲に属し,また,被告製品1の一部を構成するために用いられる別紙被告製品目録記載2のディスク(以下「被告製品2」という。)は,本件各発明の実施品である被告製品1の「生産にのみ用いる物」(特許法101条1号)に当たるから,被告が被告製品1及び同2(以下,両者を併せて「被告各製品」という。)を製造し,販売し,販売のために展示し,又は販売の申出をすることは本件特許権を侵害し又は侵害するものとみなされる行為であると主張して,被告に対し,特許法100条1項に基づき,被告各製品の製造,販売,販売のための展示及び販売の申出の差止めを求めるとともに,同条2項に基づき,被告各製品の廃棄を求めた事案である。
事案の概要
平成28年5月25日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成27(ワ)1306  1997ViewsMoreinfo
自動車引渡請求事件
平成27(ワ)1306
本件は,訴外札幌トヨタ自動車株式会社(以下「販売会社」という。)が,訴外A(以下「本件破産者」という。)に対し,別紙物件目録記載の自動車(以下「本件自動車」という。)を割賦販売した際に,その割賦金等債権の担保として本件自動車の所有権を留保したところ(以下「本件留保所有権」という。),本件破産者が割賦金等の支払を遅滞したため,本件破産者の委託を受けて販売会社との間で前記割賦金等の支払債務を連帯保証した原告が,保証債務の履行として販売会社に前記割賦金等の残額を弁済し,法定代位により本件留保所有権を取得したと主張して,本件破産者の破産管財人である被告に対し,本件留保所有権に基づき,破産法65条の別除権行使として本件自動車の引渡しを求めた事案である。
事案の概要
平成28年5月30日
札幌地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成26(ワ)28449  714ViewsMoreinfo
特許権侵害差止等請求事件(特許権・民事訴訟/自動車ラジオ用共振型アンテナ装置)
平成26(ワ)28449
本件は,原告が被告に対し,被告による被告製品の生産等が原告の特許権の侵害に当たる旨主張して,特許法100条1項及び2項に基づき被告製品の生産等の差止め及び廃棄並びに製造装置の廃棄を,民法709条及び特許法102条3項に基づき損害賠償金2473万2061円及びうち450万円に対する訴状送達の日の翌日(特許権侵害行為の後の日)である平成26年11月11日から,うち2023万2061円に対する平成27年11月10日付け訴えの変更申立書送達の日の翌日である平成27年11月17日から各支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた事案である。
事案の概要
平成28年5月26日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成27(ネ)3118  534ViewsMoreinfo
不正競争行為差止等請求控訴事件(不正競争・民事訴訟)
平成27(ネ)3118
本件は,原判決別紙原告表示目録記載の各標章(以下,同別紙に従い個別に「原告表示1ないし4」ともいう。)が,その製造販売する回転容積式一軸偏心ねじポンプ(以下「一軸偏心ねじポンプ」という。)及び同ポンプの構造をもつディスペンサーの商品等表示として著名ないし周知となっているとする控訴人が,被控訴人に対し,被控訴人による原判決別紙被告表示目録記載の各表示をその商品の商品等表示として使用して製造販売等する行為が不正競争防止法2条1項1号又は2号に該当する旨主張して,同法3条1項に基づき原判決別紙被告表示目録記載の表示を付した商品の製造販売等の差止め,同条2項に基づきその廃棄及び表示の抹消を求めるとともに,同法4条に基づき損害賠償として844万6200円及びこれに対する不法行為の日の後である平成26年9月25日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成28年5月13日
大阪高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ