裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

総合裁判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 総合裁判例集 (全高等裁判所 ; アーカイブ : 平成29年4月 ; 降順 ; 裁判年月日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1 | 2

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[下級] [刑事] 平成28(う)1079  733Views
邸宅侵入,公然わいせつ被告事件
平成29年4月27日
大阪高等裁判所 第1刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成28(ネ)153  694Views
損害賠償請求控訴事件
平成29年4月27日
仙台高等裁判所 第2民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ネ)10111  532ViewsMoreinfo
特許権侵害差止請求控訴事件(特許権・民事訴訟/オキサリプラチン溶液組成物ならびにその製造方法及び使用)
平成28(ネ)10111
本件は,発明の名称を「オキサリプラチン溶液組成物ならびにその製造方法及び使用」とする発明についての特許権(特許第4430229号。以下「本件特許権」といい,その特許を「本件特許」という。)の特許権者である控訴人(一審原告)が,被控訴人(一審被告)の製造,販売する別紙被控訴人製品目録記載1~3の各製剤(以下,併せて「被控訴人各製品」という。)は,本件特許の願書に添付した明細書(本件明細書)の特許請求の範囲の請求項1に係る発明(本件発明)の技術的範囲に属する旨主張して,被控訴人(一審被告)に対し,特許法100条1項及び2項に基づき,被控訴人各製品の生産等の差止め及び廃棄を求めた事案である。
事案の概要
平成29年4月27日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ネ)10107  467Views
不正競争行為差止,プログラム著作権確認各請求控訴事件(不正競争・民事訴訟)
平成29年4月27日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ネ)10103  545ViewsMoreinfo
特許権侵害差止請求控訴事件(特許権・民事訴訟/オキサリプラチン溶液組成物ならびにその製造方法及び使用)
平成28(ネ)10103
本件は,発明の名称を「オキサリプラチン溶液組成物ならびにその製造方法及び使用」とする発明についての特許権(特許第4430229号。以下「本件特許権」といい,その特許を「本件特許」という。)の特許権者である控訴人(一審原告)が,被控訴人(一審被告)の製造,販売する別紙被控訴人製品目録記載1及び2の各製剤(以下「被控訴人製品1及び2」という。)は,本件特許の願書に添付した明細書(本件明細書)の特許請求の範囲の請求項1に係る発明(本件発明1)の技術的範囲に属する旨主張して,被控訴人(一審被告)に対し,特許法100条1項及び2項に基づき,被控訴人製品1及び2の生産等の差止め及び廃棄を求めた事案である。
事案の概要
平成29年4月27日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ネ)10095  471ViewsMoreinfo
特許権侵害差止等請求控訴事件(特許権・民事訴訟/固定装置を有する液圧式車両ブレーキとそれを作動させるための方法)
平成28(ネ)10095
本件は,発明の名称を「固定装置を有する液圧式車両ブレーキとそれを作動させるための方法」とする本件特許権を有する控訴人が,被控訴人に対し,被控訴人が原判決別紙2-1,2-2及び2-4記載の各物件(イ号物件,ロ号物件,ハ号物件,ト号物件。以下「イロハト号物件」という。)を生産し,使用し,譲渡し,貸し渡し,輸出し,輸入し,又は譲渡若しくは貸渡しの申出をすること(譲渡等)は,本件特許権を侵害する行為であり,また,被控訴人が原判決別紙2-3記載の各物件(ニ号物件,ホ号物件,ヘ号物件。以下「ニホヘ号物件」という。)を譲渡等することは,本件特許権を侵害する行為であるか,又は特許法101条1号若しくは2号により本件特許権を侵害するものとみなされる行為であると主張して,①同法100条1項及び2項に基づき,上記各物件の譲渡等の差止め及び廃棄を求めるとともに,②被控訴人が本件特許権の設定登録後である平成26年9月頃から本件訴訟の提起日(平成27年8月15日)までの間にイロハト号物件を販売したことが特許権侵害の不法行為(民法709条)であると主張して,損害賠償金1億7000万円(特許法102条3項により算定される損害額1億5000万円と弁護士費用・弁理士費用2000万円の合計額)及びこれに対する不法行為後の日(訴状送達の日の翌日)である平成27年9月2日から支払済みまで民法所定年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成29年4月27日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ネ)10108  462ViewsMoreinfo
不当利得返還等請求控訴事件(著作権・民事訴訟)
平成28(ネ)10108
本件は,設立中の法人で,「知と文明のフォーラム」と称する団体(フォーラム)からその権利義務を承継したと主張する控訴人が,亡A(亡A)の夫で,唯一の法定相続人である被控訴人に対し,以下の各請求をする事案である。
事案の概要
平成29年4月26日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ネ)10106  432ViewsMoreinfo
商標権侵害行為差止等請求控訴事件(商標権・民事訴訟)
平成28(ネ)10106
本件は,控訴人が,被控訴人において,原判決別紙被告商品目録記載の各商品(被告各商品)の包装に原判決別紙被告標章目録1ないし4記載の各標章(被告各標章)を付するなどして控訴人の商標権(本件商標権)を侵害したと主張して,被控訴人に対し,①商標法36条1項に基づき,被告各商品の包装に被告各標章を付する行為及び被告各商品の包装に被告各標章を付したものを販売し又は販売のために展示する行為の差止めを求め,②同条2項に基づき,被告各標章を付した包装の廃棄及びインターネット上のウェブサイトからの被告各標章の抹消を求めるとともに,③不法行為(民法709条)に基づき,平成26年4月8日から平成28年3月11日までの商標法38条2項による損害賠償として385万2459円及びこれに対する不法行為の後の日である同月28日(訴状送達日の翌日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成29年4月25日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10106  456Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/タバコベースのニコチンエーロゾル発生システム)
平成29年4月25日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10192  384Views
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟/個性心理学(學)研究所)
平成29年4月24日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ネ)1737  583ViewsMoreinfo
不正競争行為差止等請求控訴事件(不正競争・民事訴訟)
平成28(ネ)1737
本件は,原判決別紙原告商標目録記載の各商標権を有し,その各登録商標を自己の商品等表示として使用する控訴人が,被控訴人は,インターネット上の検索エンジンにおける検索結果表示画面の広告スペースに,原判決別紙表示目録記載の文言に自社サイトへのハイパーリンクを施す方式による広告を表示して,控訴人の上記各商標権を侵害するとともに,不正競争防止法2条1項1号の不正競争行為をしたと主張して,民法709条又は不正競争防止法4条(いずれも共同不法行為である場合の民法719条を含む。)に基づく損害賠償請求として,1593万6386円及びこれに対する訴状送達の日の翌日である平成26年9月13日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める(商標権侵害に基づく請求と不正競争防止法に基づく請求は,選択的併合の関係にある。)事案である。
事案の概要
平成29年4月20日
大阪高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成28(ネ)1923  642ViewsMoreinfo
損害賠償請求控訴事件
平成28(ネ)1923
本件は,黒毛和種牛の繁殖及び飼養を業とする安愚楽本体と取引した原告らが,投下資金を回収できずに別表2「原審請求額」欄の「主張損害総額」欄に記載の損害を被ったとして,安愚楽本体の役員であった3名(被告A,被告B,被告C),安愚楽本体の関連会社3社(被告エー・アイー・シー外2社),関連会社の役員であった26名(被告D外25名)の合計32名に対し,連帯して,別表2「原審請求額」欄の「請求合計」欄に記載の損害賠償金の支払を求めるとともに,安愚楽本体に対する民事再生手続開始決定日(平成23年9月6日)の後である平成23年9月10日から支払済みまで民法所定年5分の割合による遅延損害金の支払を求めていた事案である。
事案の概要
平成29年4月20日
大阪高等裁判所 第6民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] 平成28(行コ)50  426ViewsMoreinfo
退去強制令書発付処分等取消請求控訴事件
平成28(行コ)50
本件は,フィリピン共和国(以下「フィリピン」という。)国籍を有する外国人男性である控訴人が,名古屋入国管理局(以下「名古屋入管」という。)入国審査官から,出入国管理及び難民認定法(以下「入管法」という。)24条4号ロ(不法残留)に該当する旨の認定を受けた後,名古屋入管特別審理官から,上記認定に誤りがない旨の判定を受けたため,入管法49条1項に基づき,法務大臣に対して異議の申出をしたところ,法務大臣から権限の委任を受けた名古屋入国管理局長(以下「名古屋入管局長」という。)から,平成26年12月3日付けで控訴人の異議の申出には理由がない旨の裁決(以下「本件裁決」という。)を受け,引き続き,名古屋入管主任審査官から,同月16日付けで退去強制令書発付処分(以下「本件処分」という。)を受けたため,本件裁決及び本件処分の取消しを求めた事案である。
事案の概要
平成29年4月20日
名古屋高等裁判所 民事第4部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成28(う)71  620ViewsMoreinfo
平成28(う)71
取締役として株式会社の業務を統括する地位にあった被告人が,返済能力のない取引先に対し,担保を徴するなどすることなく,約2億円の金員を貸し付けて本人である株式会社に同額の損害を加えたという特別背任の事案につき,当該貸付は,その前にされた取引先から本人への借入金の返済と一体のものとして考察すべきであって本人の財務状況を悪化させたものでないことから任務違背性の程度は大きくない上,一応の根拠をもって取引先が事業を継続することによって本人が利益を得ることを期待して当該貸付に及んだことも否定できず,その主たる動機が本人の利益を図るためであった可能性を払拭できないから,第三者である取引先に対する図利目的を認定するには合理的な疑いが残るとして,原判決を破棄して無罪の言渡しをした事例
判示事項の要旨
平成29年4月19日
広島高等裁判所 岡山支部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成28(う)376  558Views
麻薬及び向精神薬取締法違反,関税法違反,薬事法(平成25年法律第84号による変更後の法律名 医薬品,医療機器等の品質,有効性及び安全性の確保等に関する法律)違反
平成29年4月18日
名古屋高等裁判所 刑事第2部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10212  413Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/接触端子)
平成29年4月18日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10161  383Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/鋼矢板圧入引抜機及び鋼矢板圧入引抜工法)
平成29年4月18日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10155  382Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/車両のための照明装置)
平成29年4月18日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成27(ネ)10114  422ViewsMoreinfo
特許権侵害差止等請求控訴事件(特許権・民事訴訟)
平成27(ネ)10114
本件は,発明の名称を「医療用ガイドワイヤ」とする特許権(本件特許権)を有する控訴人が,被控訴人による原判決別紙物件目録記載の被告製品1及び同2(被告製品)の製造,販売等は本件特許権を侵害すると主張して,被控訴人に対し,特許法(以下「法」という。)100条1項及び2項に基づき,被告製品の製造,販売等の差止め及び被告製品等の廃棄を求めるとともに,不法行為に基づき,損害賠償金3億円及びこれに対する平成26年10月8日(不法行為後の日である訴状送達の日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた事案である。
事案の概要
平成29年4月17日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10156  408Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/医療用ガイドワイヤ)
平成29年4月17日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ