裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

総合裁判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 総合裁判例集 (アーカイブ : 平成29年6月 ; 降順 ; 裁判年月日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1 | 2 | 3 | 4

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[下級] [民事] 平成29(ネ)912  320ViewsMoreinfo
平成29(ネ)912
本件は,差戻し前相控訴人であった亡Aから,Aと訴外Cとの間の訴訟(以下 別件訴訟 という における訴訟上の和解に基づき 同人の財産に対する「 」 。) ,強制執行手続を受任した控訴人に所属するB弁護士が,控訴人に対し,別紙のとおり,①C宛ての郵便物についての転居届の提出の有無,②転居届の届出年月日 ③転居届記載の新住所 居所 ④転居届記載の新住所 居所 の電話番, ( ), ( )号(以下,併せて「本件照会事項」といい,個別の照会事項を「本件照会事項①」などという )について,郵便事業株式会社(以下「本件会社」という )。 。に弁護士法23条の2第2項に基づく照会 以下 23条照会 という をす( 「 」 。)( 「 」 。), ,るよう申し出 以下 本件申出 という 本件申出を適当と認めた控訴人が本件会社に対し,本件照会事項について23条照会をした(以下「本件照会」という ところ 本件会社は 控訴人に対し 本件照会に応じない旨を回答し。) , , ,た 以下 本件拒絶 という ため A及び控訴人が 本件拒絶は不法行為に( 「 」 。) , ,当たると主張して,本件会社を吸収合併した被控訴人に対し,損害賠償(控訴人においては一部請求)及び同損害賠償金に対する不法行為の日(本件拒絶を受けた平成23年10月17日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払をそれぞれ求めた事案である。
事案の概要
平成29年6月30日
名古屋高等裁判所 民事第3部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成28(ネ)5434  151ViewsMoreinfo
平成28(ネ)5434
本件は,控訴人が,インターネット上のウェブサイトの検索サービスを提供する被控訴人に対し,被控訴人の運営する検索サイト上で控訴人の氏名等の一定の文字列により検索を行うと,検索されたウェブページに関して被控訴人のシステムが作成したタイトル,URL及び控訴人が過去に逮捕された旨の記述を含むウェブページの抜粋(スニペット)が表示されることから,これにより控訴人の人格権の一内容である更生を妨げられない利益が侵害されているとして,人格権に基づき,上記検索結果(タイトル,URL及びスニペット)の削除(検索結果を表示することの差止め)を求めている事案である。
事案の概要
平成29年6月29日
東京高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10064  144ViewsMoreinfo
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/ポリビニルアルコール系重合体フィルム)
平成28(行ケ)10064
本件は,特許無効審判請求に対する不成立審決の取消訴訟である。
事案の概要
平成29年6月29日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10206  126ViewsMoreinfo
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟/ISD個性心理学)
平成28(行ケ)10206
本件は,商標登録無効審判請求を不成立とした審決の取消訴訟である。
事案の概要
平成29年6月29日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成29(ネ)10010  137ViewsMoreinfo
特許権侵害差止請求控訴事件(特許権・民事訴訟/オキサリプラチン溶液組成物ならびにその製造方法及び使用)
平成29(ネ)10010
本件は,発明の名称を「オキサリプラチン溶液組成物ならびにその製造方法及び使用」とする発明についての特許権(特許第4430229号。以下「本件特許権」といい,その特許を「本件特許」という。)の特許権者である控訴人(一審原告)が,被控訴人(一審被告)第一三共の製造,販売する別紙被控訴人第一三共製品目録記載1~3の各製剤(以下「被控訴人第一三共各製品」という。),被控訴人(一審被告)富士フイルムの製造,販売する別紙被控訴人富士フイルム製品目録記載1~3の各製剤(以下「被控訴人富士フイルム各製品」という。)及び被控訴人(一審被告)ニプロの製造,販売する別紙被控訴人ニプロ製品目録記載1~3の各製剤(以下「被控訴人ニプロ各製品」といい,被控訴人第一三共各製品,被控訴人富士フイルム各製品及び被控訴人ニプロ各製品を併せて「被控訴人ら各製品」という。)は,本件特許の願書に添付した明細書(本件明細書)の特許請求の範囲の請求項1に係る発明(本件発明1)及び同請求項2に係る発明(本件発明2。以下,本件発明1及び2を併せて「本件各発明」という。)の技術的範囲に属する旨主張して,特許法100条1項及び2項に基づき,被控訴人(一審被告)第一三共に対し,被控訴人第一三共各製品の,被控訴人(一審被告)富士フイルムに対し,被控訴人富士フイルム各製品の,被控訴人(一審被告)ニプロに対し,被控訴人ニプロ各製品の,各生産等の差止め及び廃棄を求めた事案である。
事案の概要
平成29年6月29日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成29(ネ)10008  130ViewsMoreinfo
特許権侵害差止請求控訴事件(特許権・民事訴訟/オキサリプラチン溶液組成物ならびにその製造方法及び使用)
平成29(ネ)10008
本件は,発明の名称を「オキサリプラチン溶液組成物ならびにその製造方法及び使用」とする発明についての特許権(特許第4430229号。以下「本件特許権」といい,その特許を「本件特許」という。)の特許権者である控訴人(一審原告)が,被控訴人(一審被告)の製造若しくは輸入又は販売する別紙被控訴人製品目録記載1~3の各製剤(以下,併せて「被控訴人各製品」という。)は,本件特許の願書に添付した明細書(本件明細書)の特許請求の範囲の請求項1に係る発明(本件発明)の技術的範囲に属する旨主張して,被控訴人(一審被告)に対し,特許法100条1項及び2項に基づき,被控訴人各製品の生産等の差止め及び廃棄を求めた事案である。
事案の概要
平成29年6月29日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ワ)36924  166ViewsMoreinfo
著作権侵害差止等請求事件(著作権・民事訴訟)
平成28(ワ)36924
本件は,個人としてソフトウェアの受託開発業を営んでいる原告が,被告は原告の著作物であるプログラムのソースコードを使用してプログラムを作成し,当該プログラムを搭載した機器を取引先に納入することにより,原告の著作権(翻案権,譲渡権及び貸与権)を侵害したと主張して,被告に対し,著作権法112条1項及び2項に基づき,被告が作成したプログラム及びそのソースコードの使用の差止め並びに廃棄を求めるとともに,民法709条及び著作権法114条2項に基づき損害金180万円の支払を求める事案である。
事案の概要
平成29年6月29日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成29(わ)36  176Views
収賄被告事件
平成29年6月29日
福島地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ネ)10112  160Views
特許権侵害に基づく損害賠償請求控訴事件(特許権・民事訴訟/オキサリプラチン溶液組成物ならびにその製造方法及び使用)
平成29年6月28日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成29(ネ)10001  147ViewsMoreinfo
特許権侵害差止等請求控訴事件(特許権・民事訴訟/生海苔異物分離除去装置における生海苔の共回り防止装置)
平成29(ネ)10001
本件は,その名称を「生海苔異物分離除去装置における生海苔の共回り防止装置」とする発明(請求項の数5。その請求項1,3及び4記載の各発明が「本件発明1」,「本件発明3」及び「本件発明4」であり,これらを併せたものが「本件各発明」である。)についての特許権を有する被控訴人が,①控訴人による原判決別紙物件目録1及び2記載の生海苔異物除去機(本件装置(LS型)及び本件新装置)の製造・販売につき,本件装置(LS型)は本件各発明の,本件新装置は本件発明3の技術的範囲にそれぞれ属し,また,②本件新装置の部品である原判決別紙物件目録3記載の回転円板(本件回転円板)は本件新装置の「生産にのみ用いる物」(特許法(以下「法」という。)101条1号)に当たるとして,控訴人に対し,法100条1項及び2項に基づき,本件装置(LS型),本件新装置及び本件回転円板の生産,譲渡等の差止め及び廃棄を求めた事案である。
事案の概要
平成29年6月28日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10253  151Views
審決取消請求事件(行政訴訟/AKA)
平成29年6月28日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10252  106Views
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟/AKA)
平成29年6月28日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ネ)10110  186ViewsMoreinfo
不正競争行為等差止請求控訴事件(不正競争・民事訴訟)
平成28(ネ)10110
本件は,控訴人が,被控訴人に対し,(1) 被控訴人との間で,被控訴人が原判決別紙事業目録記載の事業(以下「本件事業」という。)を行わない旨の競業禁止の合意(以下「本件競業禁止合意」という。)をしたにもかかわらず,被控訴人が本件事業を行うのは,本件競業禁止合意に違反すると主張して,当該合意に基づき,被控訴人が本件事業を行うことの差止めを,(2) 控訴人が有する原判決別紙営業秘密目録記載の情報(以下「本件情報」という。)は営業秘密に該当するところ,被控訴人は控訴人から示された本件情報を不正の利益を得る目的で使用しており,被控訴人において本件情報を使用する行為が不正競争防止法2条1項7号に該当すると主張して,同法3条1項及び2項に基づき,本件情報を利用して小売業者に対し仕入効率の良否を判定するための情報が記載された文書を配布することの差止めを求めるとともに,本件情報が記載された書面及び記憶媒体の廃棄を,(3) 控訴人は,原判決別紙ソースコード1及び2(以下「本件ソフトウェア」という。)並びに原判決別紙データベース目録記載のデータベース(以下「本件データベース」という。)の著作権を有すると主張し,また,被控訴人との間で,被控訴人が控訴人の本件事業の拡大のために本件ソフトウェア及び本件データベースを利用する旨の合意(以下「本件利用合意」という。)をしたにもかかわらず,被控訴人が本件ソフトウェア及び本件データベースを無断で改変し自らの事業のためにこれらを使用する行為は,控訴人の著作権(翻案権)を侵害するとともに,本件利用合意にも違反すると主張して,著作権法112条1項及び2項並びに本件利用合意に基づき,本件ソフトウェア及び本件データベースの使用の差止めを求めるとともに,本件ソフトウェア及び本件データベースが収納された記憶媒体の廃棄を,それぞれ求める事案である。
事案の概要
平成29年6月28日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成29(ネ)10004  148ViewsMoreinfo
不正競争行為差止等請求控訴事件(不正競争・民事訴訟)
平成29(ネ)10004
本件は,被控訴人が,控訴人は本件営業譲渡契約を締結して事業全部を被控訴人に譲渡したにもかかわらず,不正の競争の目的をもって同一の事業を行っていると主張して,控訴人に対し,会社法21条3項に基づき,①原判決別紙被告商品等表示目録記載の各表示(以下「控訴人表示」という。)その他「ハイ・ベック」という文字を含む営業表示をウェブページ,チラシ,ニュースレターその他の広告物に掲載すること,②控訴人表示その他「ハイ・ベック」という文字を含む営業表示を付した洗剤等を販売すること,③控訴人表示その他「ハイ・ベック」という文字を含む営業表示を付した洗剤等を製造し又は第三者に製造させることの各差止めを求め,また,原判決別紙原告商品等表示目録記載の各表示(以下「被控訴人表示」という。)は,被控訴人の商品等表示として需要者の間に広く認識されているところ,控訴人表示は被控訴人表示と類似すると主張して,控訴人に対し,不正競争防止法3条1項に基づき,①控訴人表示をウェブページ,チラシ,ニュースレターその他の広告物に掲載すること,②控訴人表示を付した洗剤等を販売すること,③控訴人表示を付した洗剤等を第三者に製造させることの各差止めを求めるとともに,同条2項に基づき,④ウェブページ,チラシ,ニュースレターその他の広告物から控訴人表示を抹消すること,⑤控訴人表示を付した洗剤及び洗濯活性剤の廃棄を求め,さらに,控訴人が平成26年10月から平成28年3月までに不正競争を行って被控訴人の営業上の利益を侵害したと主張して,控訴人に対し,同法4条に基づき,損害賠償金3300万円(同法5条2項による損害賠償金1億5556万6197円の一部である3000万円及び弁護士費用300万円の合計額)及びこれに対する不正競争行為後である平成28年4月1日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた事案である。
事案の概要
平成29年6月28日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10276  130Views
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟/Crest)
平成29年6月28日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10270  125Views
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟/「シーガル」)
平成29年6月28日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成29(ネ)10030  213Views
損害賠償請求控訴事件(特許権・民事訴訟)
平成29年6月28日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ワ)5085  193ViewsMoreinfo
特許権侵害差止等請求事件(特許権・民事訴訟/負荷試験機)
平成28(ワ)5085
本件は,発明の名称を「負荷試験機」とする特許第5702038号の特許権(以下「本件特許権」といい,その特許を「本件特許」という。また,本件特許の願書に添付した明細書及び図面を併せて「本件明細書等」という。)を有する原告が,別紙物件目録記載の負荷試験機(以下「被告物件」と総称し,個別には,同目録の定義に従って,「被告物件1号機」,「被告物件2号機」とそれぞれいう。)は,本件特許の願書に添付した特許請求の範囲(以下,単に「特許請求の範囲」という。)の請求項1記載の発明(以下「本件発明」といい,本件特許のうち同発明に係るものを「本件発明についての特許」という。)の技術的範囲に属するから,被告が被告物件を製造し,販売し又は使用することは,本件特許権の侵害を構成すると主張して,被告に対し,①特許法100条1項に基づき,被告物件の製造,販売及び使用の差止めを求めるとともに(前記第1の1),②同条2項に基づき,被告物件の廃棄を求め(前記第1の2),併せて,③特許権侵害の不法行為(平成27年3月13日から平成28年2月18日〔本件訴訟の提起日〕までの被告物件の使用を対象とするものと解される。)による損害賠償金2833万円(逸失利益2576万円と弁護士費用257万円の合計)及びこれに対する不法行為後の日である平成28年3月1日(訴状送達の日の翌日)から支払済みまでの民法所定年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた(前記第1の3)事案である。
事案の概要
平成29年6月28日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成27(ワ)24688  158ViewsMoreinfo
不正競争行為差止等請求事件(不正競争・民事訴訟/生物利用の脱臭装置)
平成27(ワ)24688
本件は,原告が被告に対し,被告が製造・販売する別紙物件目録1ないし3記載の商品(以下「被告商品」という。)が,原告の商品等表示として周知な別紙原告商品目録記載の商品(以下「原告商品」という。)の形態と類似し,誤認混同のおそれがあるとして,不正競争防止法(以下「不競法」という。)152条1項1号,3条1項に基づき,被告商品の製造・販売等の差止め,同法3条2項に基づき,被告が占有する被告商品の廃棄及び被告商品を製造するために使用した金型の除却,同法4条,5条2項に基づき,5568万2000円及びこれに対する平成27年9月12日(訴状送達の日の翌日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成29年6月28日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10169  146Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/ナビゲーション装置及び方法)
平成29年6月27日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ