裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

総合裁判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 総合裁判例集 (大阪地方裁判所 ; アーカイブ : 平成29年11月 ; 降順 ; 裁判年月日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[知財] [民事] 平成28(ワ)12671  564ViewsMoreinfo
不正競争行為差止等請求事件(不正競争・民事訴訟)
平成28(ワ)12671
本件は,別紙原告商品目録記載の商品(以下「原告商品」という。)を製造販売する原告が,同商品の形態が周知の商品等表示であることを前提に,被告による別紙被告商品目録記載の商品(以下「被告商品」という。)の販売行為等が不正競争防止法2条1項1号の不正競争行為に当たると主張して,被告に対し,不正競争防止法3条1項に基づき被告商品の譲渡等の差止め,同条2項に基づき被告商品の廃棄を求めるとと5もに,同法4条に基づき,不法行為に基づく損害賠償及びこれに対する不法行為後の日である平成29年1月8日(訴状送達の日の翌日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた事案である。
事案の概要
平成29年11月28日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成28(ワ)1532  463ViewsMoreinfo
損害賠償等請求事件
平成28(ワ)1532
本件は,原告らが,新聞紙上でその名誉を毀損されたことを前提に,当該新聞を発行する被告会社及びその記者である被告B及び被告Cに対し,被告B及び被告Cに対20しては不法行為に基づき,被告会社に対しては使用者責任に基づき,損害賠償金(原告Aにつき880万円,原告会社につき220万円)及びこれに附帯する不法行為日(新聞掲載日)である平成28年1月4日から支払済みまで民法所定年5%の割合による遅延損害金の連帯支払を求めるとともに,被告会社に対し,名誉を回復するのに適当な処分として,新聞への謝罪広告を求める事案である。
事案の概要
平成29年11月27日
大阪地方裁判所 第18民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ワ)7649  545ViewsMoreinfo
特許権侵害差止等請求事件(特許権・民事訴訟/ウォーターサーバー用ボトル)
平成28(ワ)7649
本件は,発明の名称を「ウォーターサーバー用ボトル」とする特許権の持分を有する原告が,被告による別紙「物件目録」記載の容器(以下「被告容器」という。)の製造,販売が原告の特許権を侵害するとして,被告に対し,特許法100条1項に基づき,被告容器の製造,販売等の差止め,同条2項に基づき,被告容器及びその容器を製造するための金型の廃棄を請求するとともに,特許権侵害の不法行為に10基づき,2640万円の損害の賠償及びこれに対する不法行為の日の後である平成28年8月11日(訴状送達の日の翌日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を請求する事案である。
事案の概要
平成29年11月21日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ワ)8468  517ViewsMoreinfo
特許権移転登録手続等請求事件(特許権・民事訴訟/便座固定型臀部水分自動除去装置)
平成28(ワ)8468
本件は,原告が,被告に対し,(1)主位的に,別紙「特許目録」記載の特許権(後記本件特許権)は,被告の冒認出願により設定登録されたとして,特許法74条1項に基づき,同特許権について移転登録手続をすることを求め,予備的に,同5特許権に係る発明は原告と被告代表者が共同発明したものであり,原告が少なくともその持分2分の1を有しているとして,同項に基づき,同特許権のうち持分2分の1について移転登録手続をすることを求めるとともに,(2)被告が同特許権に係る発明を利用した機器を研究開発するために補助金の支給を受けたとして,不当利得返還請求権に基づき,被告が支給を受けた補助金に相当する利得の返還及びこれに10対する本件訴状送達の日の翌日である平成28年10月4日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成29年11月9日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ