裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

総合裁判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 総合裁判例集 (アーカイブ : 平成30年1月 ; 降順 ; 裁判年月日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1 | 2 | 3 | 4

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[下級] 平成29(行コ)157  253ViewsMoreinfo
平成29(行コ)157
本件は,陸上自衛官である控訴人が,我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律(平成27年法律第76号。以下「平和安全法制整備法」という。)による改正後の自衛隊法(以下,単に「自衛隊法」という。)76条1項2号が憲法に違反していると主張して,同項に基づく自衛隊の全部又は一部の出動の命令(以下「防衛出動命令」という。)のうち同項2号によるもの(以下「存立危機事態における防衛出動命令」という。)に服従する義務がないことの確認を求めた事案である。
事案の概要
平成30年1月31日
東京高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] 平成29(行ケ)2  239ViewsMoreinfo
選挙無効請求事件
平成29(行ケ)2
本件は,平成29年10月22日施行の衆議院議員総選挙(以下「本件選挙」という。)について,滋賀県第1区ないし第4区,京都府第1区ないし第6区,大阪府第1区ないし第19区,兵庫県第1区ないし第12区,奈良県第1区ないし第3区,和歌山県第1区ないし第3区の選挙人である原告らが,衆議院小選挙区選出議員の選挙(以下「小選挙区選挙」という。)の選挙区割りに関する公職選挙法の規定は憲法に違反し無効であるから,これに基づき施行された本件選挙の上記各選挙区における選挙も無効であるなどと主張して提起した公職選挙法204条所定の選挙無効訴訟である。
事案の概要
平成30年1月31日
大阪高等裁判所 第6民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] 平成29(行ケ)1  216ViewsMoreinfo
選挙無効請求事件
平成29(行ケ)1
本件は,平成29年10月22日施行の第48回衆議院議員総選挙(以下「本件選挙」という。)について,小選挙区の富山県第1区ないし第3区,石川県第1区ないし第3区並びに福井県第1区及び第2区の選挙人である原告らが,小選挙区選出議員の選挙の選挙区割りを定める公職選挙法13条1項及び別表第1の規定は憲法に違反し無効であるから,これに基づき施行された本件選挙の上記各選挙区における選挙も無効であると主張して,公職選挙法204条に基づき,選挙の無効を求めた事案である。
事案の概要
平成30年1月31日
名古屋高等裁判所 金沢支部 第1部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] 平成29(行ケ)1  272ViewsMoreinfo
選挙無効請求
平成29(行ケ)1
本件は,平成29年10月22日に施行された衆議院議員総選挙(以下「本件選挙」という。)について,徳島県第1区,同第2区,香川県第1区,同第2区,同第3区,愛媛県第1区,同第2区,同第3区,同第4区,高知県第1区及び同第2区の各選挙区(以下「本件各選挙区」という。)の選挙人である原告らが,衆議院小選挙区選出議員の選挙(以下「小選挙区選挙」という。)の選挙区割りに関する公職選挙法等の規定は憲法に違反し無効であるから,これに基づき施行された本件選挙の本件各選挙区における選挙も無効であると主張して提起した選挙無効訴訟である。
事案の概要
平成30年1月31日
高松高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成29(ネ)10043  245ViewsMoreinfo
特許権侵害差止等請求承継参加申立控訴事件(特許権・民事訴訟/デジタル格納部を備えた電子番組ガイド)
平成29(ネ)10043
本件は,発明の名称を「デジタル格納部を備えた電子番組ガイド」とする本件特許権を有する控訴人が,一審脱退被告の地位を承継した被控訴人に対し,被告物件を販売等する行為が本件特許権を侵害する旨主張して,特許法100条1項及び2項に基づき,被告物件の製造等の差止め及び廃棄を求めるとともに,不法行為による損害賠償請求として,同法102条3項に基づいて計算した損害賠償金6億5880万円及びこれに対する上記不法行為(特許権侵害)の開始日である平成26年4月1日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成30年1月31日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成29(行ケ)10075  235ViewsMoreinfo
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/陸上短距離走強化兼運動能力向上トレーニング用エクササイズバイク)
平成29(行ケ)10075
本件は,特許出願拒絶査定不服審判請求に対する不成立審決の取消訴訟である。
事案の概要
平成30年1月31日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成28(ワ)24747  341ViewsMoreinfo
検索結果削除請求事件
平成28(ワ)24747
本件は,原告が,①被告が管理運営する日本向けグーグル検索サービスにおいて,「A」で検索すると,別紙検索結果目録記載1ないし242のURL等情報(表題,URL及び抜粋)(以下「本件検索結果」という。)が表示される,②本件検索結果は,原告ないし原告の代表取締役が原告の事業として詐欺商材を販売し,詐欺行為をしているとの事実を摘示している,③②の事実摘示は原告の社会的評価を低下させるものであり,名誉毀損が成立する,④したがって,被告は,本件検索結果を削除する義務を負う,と主張して,被告に対し,人格権に基づき,日本向けグーグル検索サービスにおいて,本件検索結果の削除を求める事件である。2 本件の前提となる事実(当事者間に争いのない事実並びに後掲証拠及び弁論の全趣旨により容易に認められる事実)は,以下のとおりである。⑴ 原告は,インターネット上における広告業務及び広告代理業務等を目的とする株式会社である(弁論の全趣旨)。⑵ 被告は,インターネットで検索サイト「Google」(http://www.google.co.jp)を管理,運営する米国法人である(争いのない事実)。⑶ 被告の日本向け検索サービスとしてインターネットで提供する検索サイト(以下「本件サイト」という。)において,「A」で検索すると,本件検索結果が表示される。本件検索結果は,それぞれ,「タイトル」,「引用元」及び「スニペット」(3行程度のサイトの抜粋)で構成される(甲1の1及び2,争いのない事実)。⑷ 被告が本件サイトにおいて提供する検索サービスは,本件サイトの利用者が入力した任意の文字列に応じて,一定のアルゴリズムに従い自動的かつ機械的にインターネット上にある60兆個に及ぶウェブサイトから,関連性のあるリンクのリストを作成し,瞬時に検索結果として表示するサービスである(乙11,13の2,弁論の全趣旨)。⑸ 被告は,本件検索結果につき,削除権限を有している(争いのない事実)。⑹ 原告は,被告に対し,本件検索結果について削除を求める仮処分を申し立て(東京地裁平成27年(ヨ)第3224号,同第3709号事件),東京地方裁判所は,平成28年4月11日,本件検索結果の一部について,削除を命ずる仮処分を発令した(乙1から3(枝番を含む。),弁論の全趣旨)。3 本件の争点は,以下のとおりである。⑴ 本件検索結果による事実の摘示の有無(争点1)⑵ 本件検索結果による社会的評価の低下の有無(争点2)⑶ 違法性阻却事由の有無(争点3)⑷ 本件検索結果の削除請求の可否(争点4)第3 争点に関する当事者の主張1 争点1(本件検索結果による事実の摘示の有無)及び争点2(本件検索結果による社会的評価の低下の有無)について⑴ 原告の主張ア 同定可能性「A」は,原告の商号の重要な一部であり,「B」は,原告の代表取締役であり,「C」は,同人のニックネームであり,「Aアフィリエイトセンター」は,原告の事業の名称であり,「D」は,原告の商品である。これらの属性の幾つかを知る者には,本件検索結果が原告に関するものであると同定することは可能である。イ 事実の摘示まで(数字は別紙検索結果目録記載の番号を示す)は,本件検索結果のタイトル又はスニペットとして表示された単語の一部であり,これらの単語が並列していることにより,原告ないし原告の代表取締役が原告の事業として詐欺商材を販売し,詐欺行為をしているとの事実を摘示している。A 詐欺5,6,9,11,12,25,26,29,31,32,34,35,37,38,44,45,46,47,52,55,56,58,59,63,67,73,74,79,81,83,88,98,121,124,135,172,193,195,196,198,205,237A 詐欺師10,18,71,82,84A 詐欺商材1,7,21,28,30,33,41,42,48,51,54,64Aアフィリエイトセンター 詐欺8,14,15,19,27,36,49,53,61,66,80,90,91,92,93Aアフィリエイトセンター 詐欺商材4,22,23,24,77,85B 詐欺2,3,13,17,20,40,57,60,62,65,68,69,70,72,75,78,86,87,89,100,103,107,109,110,111,112,113,116,117,118,122,123,125,126,128,130,140,141,142,143,146,147,149,151,152,153,154,156,158,159,163,164,165,166,167,168,170,171,175,176,183,184,185,186,187,188,189,190,192,194,197,199,200,201,204,207,208,211,212,213,214,215,216,217,218,219,220,221,222,223,224,225,226,227,229,230,231,232,233,234,238,239,240,241B 詐欺師16,43,50,76,94,95,96,97,99,115,139,169,191,206,242B 騙された39,105,132,179,210,235C 詐欺101,102,106,119,120,127,134,136,137,138,144,145,150,161,174,177,180,209,228,236,C 詐欺師104,108,114,129,133,148,155,160,162,173,182C 騙された131,157,178,181D 詐欺202,203ウ 社会的評価の低下上記イの摘示事実によれば,原告が詐欺行為をしているとの印象を与えるものであるから,原告の社会的評価を低下させる。⑵ 被告の主張ア 原告は,「A」という単語が「詐欺」,「詐欺師」,「詐欺商材」,「アフィリエイトセンター 詐欺」又は「アフィリエイトセンター 詐欺商材」という単語,「B」又は「C」という単語が「詐欺」,「詐欺師」又は「騙された」という単語とそれぞれ並列されて表示されていることを問題にするが,いずれも,単に単語がぶつ切りに並べられているだけであり,一般人の通常の注意と読み方を基準として,これらの表示が,原告が詐欺を行ったり,詐欺商材を売っているとの事実を摘示するものであるとはいえない。イ 別紙検索結果目録記載1,3~7,9~16,18,19,21~25,28,29,31,33,34,36~49,51,52,54~58,61,62,64,65,67~73,75~77,79~83,85,88,91,92,95,99,101~108,110~115,119~123,125~127,129,131,133~146,148~171,173~194,196~217,228~242の検索結果には,「販売」という文字すら表示されておらず,原告が情報商材を販売していると読み取られる余地はない。ウ 本件検索結果のリンク先のウェブサイトは,情報商材をレビューしているものや,そのレビューサイトを引用するものが大半であり,原告が詐欺商材を販売していると断定するものではない。例えば,別紙検索結果目録記載1,31,53,58,65,90~94,160,162の検索結果は,「詐欺?」等と断定的な表現を避けており,原告が詐欺商材を販売しているとの事実を摘示するものではない。エ 上記アからウまでのとおり,原告が主張する事実の摘示があるとは認められず,社会的評価を低下させるものであるともいえない。2 争点3(違法性阻却事由の有無)について⑴ 被告の主張ア 情報商材とは,一般に広告宣伝どおりの効能が発揮されないという点では,詐欺まがいのものである点は真実であるから,「詐欺」の重要な部分については真実であるということができる。国民生活センターに原告についての相談事例が25件もあり,その内容は,①簡単に稼げると信じて実際には稼げなかった,②稼げなかった際に返金保証すると言われたのに返金に応じもらえなかった,③原告が提供する情報商材について24時間サポートの役務提供がなかった,④覚えのない情報商材の代金を支払わされたといったものであって,これらの相談事例からすれば,原告が取り扱う情報商材が詐欺又は詐欺まがいに該当することは真実である又は真実と信じるについて相当な理由がある。イ 上記のとおり,原告が取り扱う情報商材には,詐欺又は詐欺まがいのものが含まれているところ,こうした情報は,社会一般に広く共有して,新たな被害を防止するよう消費者に警鐘を鳴らす必要がある。これらの情報が削除されてしまえば,消費者は正しい情報にアクセスすることができずに,情報商材の購入に関する判断を誤ることになり,消費者被害が拡大することになるから,本件検索結果による摘示は公共の利害に関わるものであり,公益目的を有する。ウ 以上によれば,本件検索結果による表現には違法性阻却事由が認められる。⑵ 原告の主張ア 詐欺まがいが真実であるからといって,詐欺や詐欺師であることが真実ということにはならない。原告は,アフィリエイトサービスプロバイダ(以下「ASP」という。)であり,ウェブサイトで商品を販売したい第三者に代わってアフィリエイターの募集や広告宣伝をする事業を営んでおり,原告自身が詐欺的な情報商材を販売しているわけではない。原告が販売する商品である「D」及び「アルティメットD」並びに原告のASP事業である「Eアフィリエイトセンター」について国民生活センターへの相談はない。原告が販売する商品である「D」は,アフィリエイトの方法を教える教材であり,購入者をだます目的の商品ではない。国民生活センターの相談事例25件のうち,1件は,自動車販売のE株式会社に関するものであり,その余は,原告の商品ではなく,他社が販売する商品である可能性が高い。第三者が販売する商品が詐欺まがいであったとしても,ASPの詐欺やASPの社長が詐欺師ということにはならない。したがって,本件検索結果による摘示事実は真実ではない。イ 「真実と信じるにつき相当な理由」は,違法性阻却事由ではなく責任阻却事由であるから,削除請求権を否定する根拠とはならない。3 争点4(本件検索結果の削除請求の可否)について⑴ 原告の主張ア 公共の利害に関する事実でないか,若しくは専ら公益目的を図るものでないことが明らかか,又は摘示事実が重要部分において真実でない場合において,被害の軽微性,回復容易性をも総合的に考慮し,その結果,公表の利益に対し名誉権の優越が明らかな場合には,検索結果の削除請求が認められる。イ 本件検索結果において摘示された,原告が詐欺会社であるという事実及び原告代表者が詐欺師であるという事実は,重要部分において真実ではなく,原告の社会的評価を著しく低下させるから,上記各事実の摘示による被害の程度は重大である。また,原告や原告代表者の信用が確固たるものであるとはいえないし,本件検索結果を見た者に対し,原告が幾ら本件検索結果について嘘である旨を発信したとしても,容易に信用を回復することはできないし,本件検索結果を見て原告との取引を事前に中止した者について信用を回復することは不可能であるから,被害の回復は極めて困難である。そうすると,公表する利益に比して原告の名誉権の優越は明らかであるから,被告は,本件検索結果の削除義務を負う。⑵ 被告の主張ア 被告が管理しているのは,任意の文字列に応じて検索結果を表示するプログラムであり,被告は,インターネット上に存在するウェブサイトの内容については一切関知していない。イ 特定のウェブサイトの検索結果を検索サービスから削除すれば,当該ウェブサイトへの到達が不可能となるから,当該ウェブサイト上で行われた他の表現に関する表現の自由や当該ウェブサイトから情報を取得しようとする閲覧者の知る権利を著しく制約することになる。また,当該ウェブサイト上で行われた表現に関する表現者には当該ウェブサイトの検索結果の削除について一切の手続保障がされていないから,表現者に対する表現の自由の制約も大きい。ウ 検索エンジンは,インターネットの利用が不可欠となった現代社会において,言論の自由市場を形成するために不可欠なインフラであり,表現の自由及び知る権利の保護に貢献するという公益的な役割を果たしている。エ 原告は,権利侵害表現を行った表現者又はウェブサイトの運営,管理者に責任を追及するべきである。オ 以上の各事情からすれば,検索結果の削除請求が認められるためには,当該検索結果の表示が一見して明白な権利侵害を構成する場合に限られるというべきである。本件では,本件検索結果に一見して明白な権利侵害があるとはいえないから,原告の検索結果削除請求は棄却されるべきである。第4 当裁判所の判断1 争点1(本件検索結果による事実の摘示の有無)及び争点2(本件検索結果による社会的評価の低下の有無)について⑴ 本件検索結果は,いずれも,原告名ないしは原告の代表者名と,「詐欺」,「詐欺商材」,「詐欺師」,「騙された」といった単語が「タイトル」又は「スニペット」に含まれているところ,これらは,一般人の通常の注意と読み方として,①原告ないしは原告代表者が詐欺行為をしているという事実(以下「本件摘示事実①」という。),②原告ないしは原告代表者が詐欺行為をしている可能性があるという事実(以下「本件摘示事実②」という。)を摘示しているものとみるのが相当である。なお,原告代表者を表す「C」については,原告名で検索をするような一般人を基準とすれば,原告についての知識があることが推測されるから,Cが原告代表者を表していることは容易に理解できるというべきである。⑵ 被告は,検索結果の中には断定的な表現を避けているものがあると指摘する。しかし,別紙検索結果目録記載1,31,53,58,65,90~94,160,162の検索結果は,「詐欺」又は「詐欺師」といった単語の後に「?」が付いているものの,「タイトル」又は「スニペット」の内容と合わせ読んでも,本件摘示事実①を摘示しているとしか読めなかったり,本件摘示事実②を摘示しているとしか読めなかったりするのであり,原告の主張に係る事実が全く摘示されていないという訳ではない。⑶ そして,本件摘示事実①及び②は,その内容に照らし,原告の社会的評価を低下させるということができる。2 争点4(本件検索結果の削除請求の可否)について⑴ 最高裁昭和61年6月11日大法廷判決(民集40巻4号872頁参照。以下「最高裁昭和61年判決」という。)は,裁判所の行う出版物の頒布等の事前差止めにつき,「その対象が公務員又は公職選挙の候補者に対する評価,批判等の表現行為に関するものである場合には,そのこと自体から,一般にそれが公共の利害に関する事項であるということができ,前示のような憲法21条1項の趣旨… ( 略 ) …に照らし,その表現が私人の名誉権に優先する社会的価値を含み憲法上特に保護されるべきであることにかんがみると,当該表現行為に対する事前差止めは,原則として許されないものといわなければならない。ただ,右のような場合においても,その表現内容が真実でなく,又はそれが専ら公益を図る目的のものでないことが明白であつて,かつ,被害者が重大にして著しく回復困難な損害を被る虞があるときは,当該表現行為はその価値が被害者の名誉に劣後することが明らかであるうえ,有効適切な救済方法としての差止めの必要性も肯定されるから,かかる実体的要件を具備するときに限つて,例外的に事前差止めが許されるものというべきであり,このように解しても上来説示にかかる憲法の趣旨に反するものとはいえない。」と判示する。⑵ 最高裁昭和61年判決は,公共の利害に関する事項について差止めの可否を判断した事案である。
事案の概要
平成30年1月31日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ワ)18032等  288ViewsMoreinfo
特許を受ける権利帰属確認請求事件,損害賠償請求反訴事件(特許権)
平成28(ワ)18032等
本件は,原告が被告に対し,本訴請求として,被告がした特許出願(特願20155-227937号。以下「本件出願」という。)がいわゆる冒認出願に当たると主張して,原告が別紙1発明目録記載の発明(本件出願の願書に添付した特許請求の範囲記載の各発明。以下,これらをまとめて,「本件発明」という。)について特許を受ける権利を有することの確認を求めるとともに,不法行為に基づく損害賠償金21万6000円(本訴請求の訴訟提起に係る弁護士費用相当額)及びこれに対する平成28年105月30日(不法行為後の日であり,委任契約締結の日)から支払済みまでの民法所定年5分の割合による遅延損害金の支払を求めているのに対し,被告が原告に対し,反訴請求として,原告が本件発明が未完成のまま研究開発に関する業務を中止したとして,不法行為又は債務不履行(選択的併合の関係にある。)に基づく損害賠償金81万5136円(研究開発資金32万2000円,先行技術調査費用3万2400円,15特許出願費用38万6736円及び弁護士費用相当額7万4000円の合計額)及びこれに対する平成29年9月29日(反訴状送達の日の翌日)から支払済みまでの民法所定年5分の割合による遅延損害金の支払を求めている事案である。
事案の概要
平成30年1月31日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成29(わ)1052  218Views
恐喝
平成30年1月31日
名古屋地方裁判所 刑事第6部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成29(わ)29  299ViewsMoreinfo
殺人,銃砲刀剣類所持等取締法違反
平成29(わ)29
歯科治療に不満を持ち,歯科医師の頚部等を包丁で刺して,同人を殺害した事案。被告人は,被害者に包丁を奪われ,身の危険を感じたことから,別の包丁を振り回したところ,被害者の頚部等に命中したとして殺意を否認したが,被害者の遺体の状況,犯行時の音声データ等から,被告人の殺意を認定し,犯行態様の残忍性等から,被告人を懲役21年に処した。
判示事項の要旨
平成30年1月31日
岐阜地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] 平成29(行ケ)30  188ViewsMoreinfo
平成29(行ケ)30
本件は,平成29年10月22日施行の衆議院議員総選挙(以下「本件選挙」という。)について,本件各選挙区の選挙人である原告らが,衆議院小選挙区選出議員の選挙(以下「小選挙区選挙」という。)の選挙区割りに関する公職選挙法の規定は憲法に違反し無効であるから,これに基づき施行された本件選挙の上記各選挙区における選挙も無効であると主張して提起した選挙無効訴訟である。
事案の概要
平成30年1月30日
東京高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成28(ネ)3276  388Views
平成30年1月30日
東京高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] 平成29(行ケ)1  215ViewsMoreinfo
選挙無効請求事件
平成29(行ケ)1
本件は,平成29年10月22日に施行された衆議院議員総選挙(以下「本件選挙」という。)について,秋田県第1区,同第2区及び同第3区(以下,上記各選挙区を「秋田県各選挙区」という。)の選挙人である原告らが,衆議院小選挙区選出議員の選挙(以下「小選挙区選挙」という。)の選挙区割りに関する公職選挙法の規定は憲法に違反し無効であるから,これに基づき施行された本件選挙の秋田県各選挙区における選挙も無効であると主張して提起した選挙無効訴訟である。
事案の概要
平成30年1月30日
仙台高等裁判所 秋田支部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10218  297ViewsMoreinfo
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/トール様受容体に基づく免疫反応を調整する免疫調節ヌクレオチド(IRO)化合物)
平成28(行ケ)10218
本件は,特許出願拒絶査定に対する不服審判請求を不成立とした審決の取消訴訟である。
事案の概要
平成30年1月30日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成29(行ケ)10098  275ViewsMoreinfo
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/万能ゴール枠運動用具)
平成29(行ケ)10098
本件は,特許出願拒絶査定に対する不服審判請求を不成立とした審決の取消訴訟である。
事案の概要
平成30年1月30日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成29刑(わ)939  323Views
殺人,死体遺棄被告事件
平成30年1月30日
東京地方裁判所 刑事第3部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成29(ワ)31837  446ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件(著作権・民事訴訟)
平成29(ワ)31837
本件は,原告が,「建築 CAD ソフトウェア「DRA-CAD11」(以下「本件ソフトウェア」という。)について著作権及び著作者人格権を有し,また「DRA-CAD」との文字からなる商標に係る商標権を有しているところ,被告において,原告の許諾なしに本件ソフトウェアをダウンロード販売等すると共に,本件ソフトウェアのアクティベーション機能(正規品のシリアルナンバー等を入力しないとプログラム25が起動・実行されないようにする機能をいう。)を回避するプログラムを顧客に提供して同機能の効果を妨げたものであり,かかる被告の行為は,原告の上記著作権(複製権,翻案権,譲渡権)及び著作者人格権(同一性保持権)を侵害するとともに,原告の上記商標権を侵害し,さらに平成27年法律第54号による改正前の不正競争防止法2条1項11号(同号は,同改正後の同法2条1項12号に相当する。以下,単に「旧11号」という。)所定の不正競争行為に該当する」5と主張して,被告に対し,上記各不法行為に基づき,損害賠償金2812万9500円の一部である1000万円及びこれに対する平成28年7月2日(被告が上記商標権侵害に関する刑事事件において有罪判決を受けた日の翌日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成30年1月30日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ワ)32038  222ViewsMoreinfo
特許権侵害差止等請求事件(特許権・民事訴訟/光学情報読取装置)
平成28(ワ)32038
本件は,発明の名称を「光学情報読取装置」とする特許第3823487号(以下「本件特許」という。)に係る特許権(以下「本件特許権」という。)を有していた原告が,被告において業として被告製品を製造等する行為は原告の本件特許権を侵害すると主張して,特許法100条1項に基づき,被告製品の製造・販売等の差止めを,同条2項に基づき,被告製品の廃棄を,民法709条に基づき,5損害賠償金2億円(一部請求)及びこれに対する不法行為後である平成28年9月30日(訴状送達日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成30年1月30日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成29(ワ)37117  512ViewsMoreinfo
発信者情報開示請求事件(著作権・民事訴訟)
平成29(ワ)37117
本件は,別表(対比表)の原告記事欄の番号欄1~11の内容欄の各文章25(以下「原告記事」と総称し,個別の文章を上記の番号に従い「原告記事1」などという。)につき著作権を有する原告が,被告に対し,被告の提供するインターネット接続サービスを経由して原告記事を氏名不詳者がウェブサイト上にアップロードした行為により原告の著作権(複製権及び公衆送信権)が侵害されたと主張して,特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(以下「プロバイダ責任制限法」という。)4条1項5に基づき,被告が保有する発信者情報の開示を求める事案である。
事案の概要
平成30年1月30日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成29(ワ)5074  250ViewsMoreinfo
特許権に基づく差止等請求事件(特許権・民事訴訟/自動麻雀卓)
平成29(ワ)5074
本件は,発明の名称を「自動麻雀卓」とする特許権を有する原告が,被告において各被告製品を輸入・販売する行為が原告の上記特許権を侵害すると主張して,5被告に対し,特許法100条1項及び2項に基づき,各被告製品の輸入・販売等の差止め及び各被告製品の廃棄を求めるとともに,民法709条,特許法102条2項に基づき,損害賠償金408万円及びこれに対する平成29年2月22日(不法行為後である本件訴状送達日の翌日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成30年1月30日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ