裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

総合裁判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 総合裁判例集 (アーカイブ : 平成30年9月 ; 降順 ; 裁判年月日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1 | 2 | 3 | 4 | 5

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[最高裁] [民事] 平成29(受)659  739ViewsMoreinfo
保険金請求事件
平成29(受)659
本件は,自動車同士の衝突事故により被害を受けた第1審原告が,加害車両を被保険自動車とする自動車損害賠償責任保険(以下「自賠責保険」という。)の保険会社である第1審被告に対し,自動車損害賠償保障法(以下「自賠法」という。)16条1項に基づき,保険金額の限度における損害賠償額及びこれに対する訴状送達の日の翌日から支払済みまでの遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成30年9月27日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] 平成29(行コ)350  313ViewsMoreinfo
平成29(行コ)350
本件は,控訴人(原告)が,平成27年3月9日,浜松市a区b町c番地のd付近の道路上において,身体に呼気1ℓにつき0.15mg以上0.25mg未満のアルコールを保有する状態で控訴人所有の普通乗用自動車(以下「控訴人車」という。)を運転し(以下「本件運転行為1」という。),また,同年5月18日,静岡市e区f町g番h号先道路上において,身体に呼気1ℓにつき0.25mg以上のアルコールを保有する状態で控訴人車を運転した(以下「本件運転行為2」という。)こと等から,控訴人の違反行為に係る累積点数が40点となったとして,静岡県公安委員会が,同年8月20日付けで,控訴人に対し,控訴人の運転免許を取り消し,同日から平成31年8月19日までの4年間を運転免許を受けることができない期間(欠格期間)として指定する旨の処分(道路交通法(以下「道交法」という。)103条1項5号,7項,同法施行令(以下「施行令」という。)38条5項1号イ,6項2号ロ,別表第三の一。以下「本件処分」という。)をしたところ,控訴人が,本件運転行為1及び2に係る各酒気帯び運転の事実はないと主張し,本件処分の取消しを求めた事案である。
事案の概要
平成30年9月27日
東京高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] 平成29(行コ)173  320ViewsMoreinfo
高等学校等就学支援金支給校指定義務付等請求控訴事件
平成29(行コ)173
本件は,A高級学校を設置及び運営する被控訴人が,公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律(平成25年法律第90号による改正前のもの。同号により法律の題名が「高等学校等就学支援金の支給に関する法律」と改められた。以下「支給法」という。)2条1項5号の委任を受けて定められた同法施行規則(平成22年文部科学省令第13号。ただし,平成25年文部科学省令第3号による改正前のもの。以下「本件規則」という。)1条1項2号ハの規定(以下「本件規定」という。)に基づく文部科学大臣の指定を受けるため,当該指定に関する規程(「公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律施行規則第1条第1項第2号ハの規定に基づく指定に関する規程」。以下「本件規程」という。)14条1項に基づいて申請をしたところ,文部科学大臣から,平成25年2月20日,当該指定をしない旨の処分(以下「本件不指定処分」という。)を受けたことから,本件不指定処分の取消し及び当該指定の義務付けを求める事案である。
事案の概要
平成30年9月27日
大阪高等裁判所 第13民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成30(ネ)99  243ViewsMoreinfo
遺贈履行請求控訴事件
平成30(ネ)99
民法999条1項の遺贈の物上代位の規定は,同項にいう「償金を請求する権利」が,遺言者の死亡の時において相続財産に属しなかったときは,適用されない。
判示事項の要旨
平成30年9月27日
広島高等裁判所 岡山支部 第2部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成30(う)28  194Views
死体遺棄,暴力行為等処罰に関する法律違反,殺人(原審認定罪名・傷害致死)
平成30年9月27日
福岡高等裁判所 第2刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[行政] 平成27(行ウ)102  185ViewsMoreinfo
不当利得返還請求事件
平成27(行ウ)102
本件は,原告が,行政事件訴訟法4条の当事者訴訟(公法上の法律関係に関す5る訴訟)として,被告らに対し,本件取消決定によって本件支給決定の効力が失われたことにより,支援金の支給を受けた被告らは法律上の原因なく当該支援金に相当する額の利益を受け,原告に同額の損失を及ぼしたこととなると主張して,同額の不当利得の返還及びこれに対する原告が定めた返還期限の翌日である平成25年8月1日から各支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の10支払を求める事案である。
事案の概要
平成30年9月27日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ワ)26919等  253ViewsMoreinfo
不正競争行為差止請求事件(不正競争・民事訴訟)
平成28(ワ)26919等
本件は,原告が経営するまつ毛サロン「(省略)」(以下「原告店舗」というが,原告と原告店舗を区別する必要がない場合には,単に「原告」と表記することがある。)で勤務していたA及びB(以下,AとBを「被告ら」と総称する。)が,原告を退職した後に勤務しているまつ毛サロン「(省略)」(以下「被告店舗」という。)で,原告から示された営業秘密(ノウハウ)を,不正に利益を得る目的で使10用又は開示していることを理由として,原告が,被告らに対し,不正競争防止法(以下「不競法」という。)2条1項7号及び同法3条1項に基づき上記ノウハウの使用又は開示の差止めを求めるとともに,不競法2条1項7号及び同法4条に基づき損害賠償金及び遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成30年9月27日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成29(ワ)6293  473ViewsMoreinfo
不正競争行為差止等請求事件(不正競争・民事訴訟)
平成29(ワ)6293
本件は,原告が,被告会社による①原告の周知又は著名な商品等表示である文字表示である「マリオカート」及び「マリカー」(以下,これらを併せて「原告文字表示」という。)と類似する別紙被告標章目録第1記載の各標章(以下「被告標章第1」という。)の営業上の使用行為及び商号としての使用行為が不正競争防止法(以下「不競法」という。)2条1項1号又は2号の不20正競争に,②原告が著作権を有する別紙原告表現物目録記載の各表現物(以下「原告表現物」という。)と類似する部分を含む別紙掲載写真目録記載の各写真(以下「本件各写真」という。)及び同投稿動画目録記載の各動画(以下「本件各動画」という。)を作成(以下「本件制作行為」という。)してインターネット上のサイトへアップロードする行為(以下,この掲載及びアップロ25ード行為を「本件掲載行為」という。)が原告の著作権(複製権又は翻案権,公衆送信権等)侵害に,③原告の周知又は著名な商品等表示である原告表現物又は別紙原告商品等表示目録記載の商品等表示(以下「原告立体像」という。)と類似する表示である別紙被告標章目録第2記載の各標章(コスチューム及び人形,以下「被告標章第2」といい,同目録記載の標章を「被告標章第2のい1」等と特定する。)を使用する行為である本件掲載行為,従業員のコスチュ5ーム着用行為及び店舗における人形の設置行為(以下,併せて「本件宣伝行為」という。)が不競法2条1項1号及び2号の不正競争に,④原告の特定商品等表示である原告文字表示と類似する別紙ドメイン名目録記載の各ドメイン名(以下「本件各ドメイン名」という。)の使用が同項13号の不正競争に,⑤原告表現物の複製物又は翻案物である別紙貸与物目録記載の各コスチューム10(以下「本件各コスチューム」という。)を貸与する行為(以下「本件貸与行為」という。)が原告の著作権(貸与権)侵害に,各該当すると主張して,被告会社に対し,前記各不正競争該当行為(前記①,③及び④)につき不競法3条1項及び2項に基づき,著作権侵害該当行為(前記②及び⑤)につき著作権法112条1項及び2項に基づき,前記①につき被告標章第1の使用差止め,15同抹消及び商号登記の抹消を(請求の趣旨第1ないし3項),前記②につき原告表現物の複製又は翻案及び複製物等の自動公衆送信等の各差止め並びに本件各写真及び本件各動画の削除及びデータ廃棄を(請求の趣旨第4,5,7及び8項),前記③につき被告標章第2の使用差止め並びに本件各写真及び本件各動画の削除及びデータ廃棄を(請求の趣旨第6ないし8項),前記④につき本20件各ドメイン名の使用差止め及び同ドメイン名の一部の登録抹消を(請求の趣旨第9及び10項),前記⑤につき本件貸与行為の差止めを(請求の趣旨第11項),被告らに対し,前記各不正競争該当行為(前記①,③及び④)につき不競法4条,5条3項1号及び4号に基づき,著作権侵害行為(前記②及び⑤)につき民法709条及び著作権法114条3項に基づき,損害賠償として102500万円(一部請求)及びこれに対する不法行為後の日である平成29年3月18日(訴状送達日の翌日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の連帯支払を求める事案である。
事案の概要
平成30年9月27日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成29(ワ)41277  352ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件(著作権・民事訴訟)
平成29(ワ)41277
本件は,原告が,被告において原告が被写体となっている写真1点(訴状別紙原告写真目録記載の写真。以下「本件写真」という。)を原告に無断で複製してインターネット上の短文投稿サイトTwitter(以下「ツイッター」という。)上にアップロードした行為が,原告の当該写真に係る著作権(複製権及び公衆送25信権),肖像権及びプライバシー権を侵害すると主張して,被告に対し,不法行為に基づく損害賠償として,著作権法114条3項による使用料相当額12万1500円,慰謝料200万円及び弁護士費用20万円の合計232万1500円及びこれに対する不法行為後である平成29年12月16日(訴状送達日の翌日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成30年9月27日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成29(う)118  326ViewsMoreinfo
殺人未遂,偽造有印公文書行使
平成29(う)118
本件事案と控訴の趣意(略称は原判決に従う。)本件は,被告人が,①昭和61年5月7日,インドネシア共和国ジャカルタ,C通り所在のDホテルにおいて,同ホテル受付係に偽造旅券1通を提示して行使し(原判示第1),②同日,C通り所在のレンタカー店において,同店従業員に偽造旅券(旅券所持人は①と同一名義)を提示して行使し(原判示第2),③氏名不詳者らと共謀の上,同月14日午後1時30分頃(現地時間同日午前11時30分頃),前記ホテルE号室において,殺意をもって,同室に設置した時限式発射装置に装填した金属製砲弾型爆発物2個を,在インドネシア共和国日本国大使館内で勤務していた12名が現在するC通り所在の同大使館に向けて発射し,1個を同大使館壁に接着された金属製日よけに着弾させ,1個を隣接する他国大使館の敷地に着弾させたが,同人らに命中せず,いずれも不発に終わったため,同人らを死亡させるに至らなかった(原判示第3)とされる事案である。
事案の概要
平成30年9月26日
東京高等裁判所 第11刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成30(ネ)108  196ViewsMoreinfo
在外被爆者損害賠償請求控訴事件
平成30(ネ)108
本件は,広島市において原子爆弾に被爆した被爆者であり,その後中華民国(台湾)に移住した亡E(以下「亡E」という。)が,被控訴人が昭和49年7月22日付け衛発第402号厚生省公衆衛生局長通達(以下「402号通達」という。)に従った取扱いを継続していた間,後記原爆三法の援護措置の対象外に置かれたことにより精神的苦痛を被ったものであり,亡Eの子である控訴人らが,亡Eの被控訴人に対する損害金110万円(内訳・慰謝料100万円,弁護士費用10万円)の賠償請求権を各4分の1相続したと主張して,被控訴人に対し,国家賠償法1条1項に基づき,損害金各27万5000円及びこれに対する402号通達が廃止された日である平成15年3月1日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成30年9月26日
広島高等裁判所 第3部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成30(行ケ)10053  207Views
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟/SPERRY)
平成30年9月26日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成29(行ケ)10173  250ViewsMoreinfo
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/ドライブスプロケット支持構造)
平成29(行ケ)10173
本件は,特許一部無効審決に対する取消訴訟である。
事案の概要
平成30年9月26日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成30(ネ)10015  231ViewsMoreinfo
特許権侵害差止等請求控訴事件(特許権・民事訴訟/光学情報読取装置)
平成30(ネ)10015
本件は,発明の名称を「光学情報読取装置」とする特許(特許第3823487号。請求項の数2。以下「本件特許」という。)に係る特許権(以下「本件特許権」という。)を有していた控訴人が,原判決別紙被告製品目録記載の各製品(以下「被告製品」という。)が本件特許の特許請求の範囲の請求項1に係る発明(以下「本件発明」という。)の技術的範囲に属し,被控訴人による被告製品の製造,販売等が本件特許権の侵害に当たると主張して,被控訴人に対し,特許法100条1項に基づく被告製品の製造,販売等の差止め,同条2項に基づく被告製品の廃棄並びに本件特許権侵害の不法行為に基づく損害賠償8億0500万円の一部請求として2億円及びこれに対する不法行為の後である平成28年9月30日(訴状送達日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた事案である。
事案の概要
平成30年9月26日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成30(ネ)10044  258ViewsMoreinfo
特許権侵害差止等請求控訴事件(特許権・民事訴訟/光学情報読取装置)
平成30(ネ)10044
本件は,発明の名称を「光学情報読取装置」とする特許(特許第3823487号。請求項の数2。以下「本件特許」という。)に係る特許権(以下「本件特許権」という。)を有していた控訴人が,原判決別紙被告製品目録記載の各製品(以下「被告製品」という。)が本件特許の特許請求の範囲の請求項1に係る発明(以下「本件発明」という。)の技術的範囲に属し,被控訴人による被告製品の販売等が本件特許権の侵害に当たる旨主張して,被控訴人に対し,本件特許権侵害の不法行為に基づく損害賠償7億2375万円の一部請求として2億円及びこれに対する不法行為の後である平成28年8月26日(訴状送達日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた事案である。
事案の概要
平成30年9月26日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成30(行ケ)10046  239Views
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟/Wiggy)
平成30年9月26日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成29(わ)1913  283Views
背任
平成30年9月26日
名古屋地方裁判所 刑事第3部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] 平成29(行ヒ)209  584ViewsMoreinfo
納税告知処分等取消請求事件
平成29(行ヒ)209
本件は,上告人が,その理事長であったAに対し,同人の上告人に対する借入金債務の免除をしたところ,所轄税務署長から,上記の債務免除に係る経済的な利益がAに対する賞与に該当するとして,給与所得に係る源泉所得税の納税告知処分及び不納付加算税の賦課決定処分を受けたため,被上告人を相手に,上記各処分(ただし,上記納税告知処分については審査請求に対する裁決による一部取消し後のもの)の取消しを求める事案である。
事案の概要
平成30年9月25日
最高裁判所第三小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成29(ウ)62  225ViewsMoreinfo
保全異議申立事件
平成29(ウ)62
本件は,債権者らにおいて,債務者が設置運転している本件原子炉施設は,地震,火山の噴火,津波等に対する安全性が十分でないために,これらに起因する過酷事故を生じる可能性が高く,その際外部に大量の放射性物質が放出されて債権者らの生命,身体,精神及び生活の平穏等に重大かつ深刻な被害が発生するおそれがあるとして,債務者に対し,人格権に基づく妨害予防請求として,本件原子炉の運転の差止めを命じる仮処分を申し立てた事案である。
事案の概要
平成30年9月25日
広島高等裁判所 第2部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成29(行ケ)10193  252Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/掘削土飛散防止装置)
平成30年9月25日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ