裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

総合裁判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 総合裁判例集 (大阪地方裁判所 ; アーカイブ : 平成31年2月 ; 降順 ; 裁判年月日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[下級] 平成27(行ウ)250  116ViewsMoreinfo
原爆症認定申請却下処分取消等請求事件
平成27(行ウ)250
本件は,原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律(以下「被爆者援護法」という。)1条の被爆者である原告らが,厚生労働大臣に対し,被爆者援護法11条1項の規定による厚生労働大臣の認定(以下「原爆症認定」という。)の申請をしたが,同大臣がこれらの申請をいずれも却下したため,被告を相手に,同各却下処分の取消しを求めるとともに,国家賠償法1条1項に基づき,それぞれ100万円及びこれに対する平成27年8月28日(訴状送達の日の翌日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成31年2月28日
大阪地方裁判所 第7民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成29(ワ)1752  271ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件(特許権・民事訴訟)
平成29(ワ)1752
本件は,後記本件特許の特許権者である原告が,その専用実施権者であった被告に対し,特許専用実施権許諾契約上の実施義務及び報告義務に被告が違反したとして,債務不履行に基づき,1000万円の損害賠償及びこれに対する請求日の翌日20である平成28年10月7日から支払済みまで商事法定利率である年6分の割合による遅延損害金の支払を求めた事案である。
事案の概要
平成31年2月28日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成31(ワ)7371  279ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成31(ワ)7371
本件は,被告会社が経営していたホストクラブE(以下「本件ホストクラブ」という。)のホストであった亡Aが,勤務中,急激かつ大量の飲酒をさせられたため,急性アルコール中毒により死亡したとして,亡Aの父母である原告らが,被告らに対し,亡Aから相続した損害賠償請求権及び遺族固有の損害賠償請求権に基づき,連帯して,それぞれ4344万8301円及びこれに対する亡Aの死亡した日である平成24年8月1日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金(被告B及び被告Dについては,予備的請求として,附帯請求に関し,訴状送達の日の翌日(被告Bについては,平成27年9月16日,被告Dについては平成28年2月18日)から支払済みまで,民法所定の年5分の割合による遅延損害金)の支払を求める事案である。
事案の概要
平成31年2月26日
大阪地方裁判所 第12民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成30(わ)787  318Views
殺人,窃盗
平成31年2月26日
大阪地方裁判所 第1刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ワ)5544  215ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件(不正競争・民事訴訟)
平成28(ワ)5544
本件は,原告が,被告らに対し,次の各請求をした事案である。
事案の概要
平成31年2月21日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成29(わ)2955  169Views
盗品等有償譲受け(予備的訴因:盗品等保管)被告事件
平成31年2月13日
大阪地方裁判所 第7刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] 平成27(行ウ)240  210ViewsMoreinfo
地位確認等請求事件
平成27(行ウ)240
本件事案の概要⑴ア 先天性の知的障害及び自閉症を有する原告は,平成22年12月1日,15任用期間を6か月として被告職員に任用されたところ,任用期間中である平成23年4月19日に保佐開始の審判を受けた。被告は,任用期間満了後である平成23年6月1日以降の原告の任用を行わなかった(以下「第一次不再任用」という。)。イ 原告は,その後,保佐開始の審判の取消し及び補助開始の審判を受けた20ところ,被告は,平成23年12月1日,任用期間を6か月として原告を任用したが(以下「平成23年任用」という。),その期間満了日(平成24年5月31日)以降の任用を行わなかった(以下「第二次不再任用」という)。⑵ 本件は,原告が,被告に対し,主位的請求として,被告の職員としての権25利を有する地位の確認,並びに平成24年6月分から本判決確定の日までの賃金及びうち平成27年7月分以降の賃金に対する各支払日の翌日から支払済みまで民法所定の5分の割合による遅延損害金の支払を求めるとともに,予備的請求として,第一次不再任用による就労継続の権利の侵害等又は第二次不再任用による任用継続に対する期待権侵害を理由として,国家賠償法(以下「国賠法」という。)1条1項に基づき,損害賠償金(慰謝料3005万円及び弁護士費用50万円)及びこれに対する第二次不任用の日の翌日である平成24年6月1日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求めている事案である。
事案の概要
平成31年2月13日
大阪地方裁判所 第5民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成30(わ)316  220Views
強盗致傷被告事件
平成31年2月1日
大阪地方裁判所 第9刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ