裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

詳細情報

判決情報

2008/02/07 13:02 更新

事件番号平成19(う)1189
事件名風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律違反被告事件
裁判所東京高等裁判所 第5刑事部
裁判年月日平成19年8月29日
結果棄却
原審裁判所横浜地方裁判所  川崎支部
判示事項いわゆる個室ビデオ店が,風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律2条6項3号,同法施行令2条1号の定める「専ら,性的好奇心をそそるため衣服を脱いだ人の姿態の映像を見せる興行の用に供する興行場」に当たるとされた事例
裁判要旨いわゆる個室ビデオ店は,一般ビデオや一般DVDを上回る多数のアダルトビデオやアダルトDVDが陳列され,店外へのビデオ等の借出しができず,店内の個室のみでビデオ等の視聴が可能で,その料金が一般のレンタルビデオ店の料金よりもかなり高額に設定され,アダルトビデオ等を視聴する個室利用客の割合やその売上額の割合が高いなど,判示の事情の下においては,風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律2条6項3号,同法施行令2条1号の定める「専ら,性的好奇心をそそるため衣服を脱いだ人の姿態の映像を見せる興行の用に供する興行場」に当たる。

裁判所のデータベース

判決書(全文)

前の画面にもどる

トラックバック

トラックバック URL

http://kanz.jp/hanrei/trackback/35693/

コメント

Facebook