裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

詳細情報

判決情報

2008/10/17 13:03 更新

事件番号平成18(ワ)963
事件名損害賠償請求事件
裁判所那覇地方裁判所
裁判年月日平成20年9月9日
結果棄却
判示事項の要旨地方公共団体等が,宮古島の上水道水源である地下水流域の塩素イオン濃度が上昇したのは,原告の温泉施設からの排水が原因である旨公表し,温泉排水の地下浸透処理を中止するよう要請した事案において,公表等の根拠となった調査機関が実施した調査は,公表事実を真実と信じるにつき相当な根拠となりうるものであり,上記公表はその目的,時期及び内容に照らして相当であった等として,上記公表等が違法であることに基づく原告の損害賠償請求が棄却された事例。

裁判所のデータベース

判決書(全文)

前の画面にもどる

トラックバック

トラックバック URL

http://kanz.jp/hanrei/trackback/36916/

コメント

Facebook