裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

詳細情報

判決情報

2018/04/11 18:00 更新

事件番号平成25(ワ)5526
事件名損害賠償請求事件
裁判所名古屋地方裁判所 民事第10部
裁判年月日平成30年3月14日
事案の概要本件は,亡A(以下「A」という。)の相続人(父母)である原告及び訴訟承継前原告亡B(以下「B」という。)が,被告らの暴行によってAが死亡したと主張して,被告らに対し,共同不法行為に基づく損害賠償として(なお,原告及びBの固有の慰謝料については民法711条に基づき),原告においては9635万7644円及びこれに対する不法行為の後の日である平成24年4月15日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の連帯支払を,Bにおいては1億0695万8898円及びこれに対する同日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の連帯支払を求めた事案である。

裁判所のデータベース

判決書(全文)

前の画面にもどる

トラックバック

トラックバック URL

http://kanz.jp/hanrei/trackback/87642/

コメント

Facebook