裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

詳細情報

判決情報

2019/09/02 18:00 更新

事件番号平成30(ネ)10092
事件名不正競争行為差止等請求控訴事件
裁判所知的財産高等裁判所
裁判年月日令和元年8月21日
事件種別不正競争・民事訴訟
事案の概要本件は,一審原告が,(1)一審被告Yが,一審原告の営業秘密である,「SSTG1」との名称の字幕制作ソフトウェア(以下「原告ソフトウェア」という。)を構成するプログラムのソースコード(以下「本件ソースコード」という。原判決別紙物件目録2-1)を,正当な権限なく一審原告から持ち出して一審被告フェイスに開示し,又は開発担当者として保有していた本件ソースコードを不正の利益を得る目的で一審被告フェイスに開示したこと,(2)一審被告フェイスが,本件ソースコードの前記(1)の不正取得又は不正開示を知りながら字幕制作ソフトウェアである原判決別紙物件目録1記載のソフトウェア(名称は「Babel」。以下「被告ソフトウェア」という。)の制作に当たって本件ソースコードを取得又は使用したことは,不競法2条1項4号,5号,7号及び8号に規定する不正競争行為のいずれかに該当することを理由として,一審被告らに対し,不競法3条1項及び2項に基づき,①被告ソフトウェアの生産・使用等の差止め,②被告ソフトウェアのプログラムを収納した記憶媒体の廃棄,③本件ソースコードの使用の差止め,④本件ソースコードの全部又は一部を記録した記憶媒体の廃棄,⑤原告ソフトウェアに含まれるファイル「Template.mdb」を利用して原告ソフトウェアとの互換性を確保しようとする行為の禁止を求めるとともに,⑥同法4条に基づき,損害賠償として3000万円(一部請求)及び遅延損害金の支払を求める事案である。

裁判所のデータベース

判決書(全文)

前の画面にもどる

トラックバック

トラックバック URL

http://kanz.jp/hanrei/trackback/88894/

コメント

Facebook