裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

行政事件裁判例集

行政法書籍Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 行政事件裁判例集 (熊本地方裁判所 ; 降順 ; 裁判年月日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[下級] 平成29(行ウ)6  206Views
遺族補償給付等不支給処分取消請求事件
令和元年6月26日
熊本地方裁判所 民事3部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[行政] 平成23(行ウ)10  1004ViewsMoreinfo
免許更新修了確認期限延期申請棄却処分取消請求事件
平成23(行ウ)10
本件は,小学校教諭一級普通免許状等を所持していた原告が,免許状更新講習の課程を修了したことについて修了確認期限(教育職員免許法及び教育公務員特例法の一部を改正する法律(平成19年法律第98号。以下「改正法」という。)附則2条3項)までに,免許管理者である熊本県教育委員会(処分行政庁)による確認(以下「更新講習修了確認」という。)を受けなければならないところ(改正法附則2条2項),改正法附則2条10項,教育職員免許法施行規則の一部を改正する省令(平成20年3月31日文部科学省令第9号。以下「改正省令」という。)附則9条1項3号及び改正法附則2条4項に基づき,処分行政庁に対し,上記修了確認期限の延期を申請した(以下「本件申請」という。)ものの,処分行政庁により本件申請を棄却する処分を受けた(以下「本件処分」という。)ため,本件処分には違法性があるとして,被告に対し,本件処分の取消しを求める事案である。
事案の概要
平成24年12月19日
熊本地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[行政] 平成22(行ウ)11  2109Views
たばこ小売販売業許可処分取消等請求事件
平成23年12月14日
熊本地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[行政] 平成20(行ク)3  1202Views
執行停止の申立て事件(本案・当庁平成20年(行ウ)第13号裁決取消請求事件)
平成20年12月17日
熊本地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [行政] 平成13(行ウ)18等  1483ViewsMoreinfo
水俣病認定申請棄却処分取消請求事件(第1事件),水俣病認定義務付け請求事件(第2事件)
平成13(行ウ)18等
旧公害に係る健康被害の救済に関する特別措置法(昭和44年法律第90号,昭和48年法律第111号により廃止)3条1項に基づく水俣病認定の申請に対し県知事がした棄却処分の取消しを求める請求につき,同法は医学的にみて水俣病と診断し得る者を救済の対象とするとともに,どのような者を水俣病と医学的に診断し得るかということについては,その時々の医学的知見に委ねていると解するのが合理的かつ相当であり,水俣病であると認められるか否かを判断するに当たっては,その前提として,メチル水銀の曝露歴が認められるか及び医学的に水俣病と認められる症状が存在したかを確定する必要があるとした上で,当該申請者はメチル水銀の曝露歴を有すると推認されるものの,カルテが保存期間経過による廃棄や廃院等により証拠として提出されていないこと,前記申請に付された診断書も自覚症状についての記載が主であり,作成した医師自身も「水俣湾の魚介類を多食していたとの訴えから精査を必要と考える」と診断しているにとどまること,その後の県知事による検診は眼科と耳鼻科のみであり,その検査結果には水俣病と認めるべき特段の異常は認められないこと,前記申請者はその余の精密検査を受診しておらず,病理解剖もされていないこと等の諸事情に照らせば,同人の症状に関する客観的な資料に乏しく,同人が水俣病であったことを示すに足りる症状の存在を認めることはできないとして,前記請求を棄却した事例
裁判要旨
平成20年1月25日
熊本地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[行政] 平成16(行ウ)3  1321Views
更正すべき理由がない旨の処分の取消請求事件
平成18年1月26日
熊本地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ