裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

総合裁判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 総合裁判例集 (降順 ; 裁判年月日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9616

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[最高裁] 平成29(行ヒ)44Moreinfo  up!
障害年金請求事件
平成29(行ヒ)44
本件は,上告人が,上記権利の消滅時効は上記裁定の時から進行すると主張して,被上告人に対し,支給されなかった上記障害年金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成29年10月17日
最高裁判所第三小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] 平成29(行ケ)26Moreinfo  up!
平成29(行ケ)26
本件選挙の東京都第5区における選挙事務を行ってはならない。第2 事案の概要本件は,本件選挙の東京都第5区の選挙人である原告が,被告に対し,公職選挙法の衆議院議員定数配分規定が,憲法前文,1条,43条1項,14条1項,15条1項に反して違憲無効であると主張して,公職選挙法204条に基づき,予め,本件選挙の東京都第5区における選挙を無効とすること及び本件選挙の東京都第5区における選挙事務の差止めを求めた事案である。
事案の概要
平成29年10月12日
東京高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [民事] 平成28(許)46  209ViewsMoreinfo
債権差押命令申立て却下決定に対する執行抗告棄却決定に対する許可抗告事件
平成28(許)46
本件は,抗告人が,抗告人の相手方に対する元金及びこれに対する支払済みまでの遅延損害金の支払を内容とする金銭債権を表示した債務名義による強制執行として,債権差押命令の申立てをした事案である。
事案の概要
平成29年10月10日
最高裁判所第三小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [民事] 平成29(許)6  3672ViewsMoreinfo
訴訟代理人の訴訟行為排除決定に対する抗告審の取消決定に対する許可抗告事件
平成29(許)6
本件は,破産者竹松配送サービス株式会社の破産管財人である抗告人X2,破産者竹松エキスプレス株式会社の破産管財人である抗告人X1及び破産者有限会社竹松運輸の破産管財人である抗告人X3を原告とし,相手方株式会社洛友商事を被告とする訴訟において,抗告人らが,上記各破産者との間で委任契約を締結していた弁護士である相手方Y2及び同Y3が相手方洛友商事の訴訟代理人として訴訟行為をすることは弁護士法25条1号に違反すると主張して,相手方Y2及び同Y3の各訴訟行為の排除を求めるとともに,相手方Y2から委任を受けるなどして相手方洛友商事の訴訟復代理人等となった弁護士である相手方Y1の訴訟行為の排除を求める事案である。
事案の概要
平成29年10月5日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] 平成29(行フ)2  176ViewsMoreinfo
文書提出命令申立て却下決定に対する抗告審の変更決定に対する許可抗告事件
平成29(行フ)2
本件の経緯等は,次のとおりである。(1) 香川県(以下「県」という。)の住民である相手方は,県議会の議員らが平成25年度に受領した政務活動費の中に使途基準に違反して支出されたものがあるとして,地方自治法242条の2第1項4号に基づき,県知事に対し,上記の支出に相当する金額について,当該支出をした議員らに不当利得の返還請求をすることを求める訴えを本案事件(高松地方裁判所平成27年(行ウ)第11号)として提起している。本件は,相手方が,議員らが県議会の議長に提出した平成25年度分の政務活動費の支出に係る領収書及び添付資料の写しのうち,原決定別紙「即時抗告申立書」の別紙文書目録1記載の文書(いずれも領収書の写しである。以下「本件各領収書」という。)について,議長の属する地方公共団体である抗告人を文書の所持者として,文書提出命令の申立てをした事案である。
事案の概要
平成29年10月4日
最高裁判所第二小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成29(ネ)10022  115ViewsMoreinfo
特許権侵害差止等請求控訴事件(特許権・民事訴訟/盗難防止タグ,指示信号発信装置,親指示信号発信装置及び盗難防止装置)
平成29(ネ)10022
本件は,名称を「盗難防止タグ,指示信号発信装置,親指示信号発信装置及び盗難防止装置」とする発明に係る特許権(本件特許権)を有する控訴人が,原判決別紙被告製品目録記載1-1,1-2及び2の盗難防止タグ(被告製品1及び2)は,本件発明1から3までの技術的範囲に,同目録記載3及び4の盗難防止タグ用リモコン(被告製品3及び4)は,本件発明4及び6の技術的範囲に属するから,被控訴人が被告製品1から4までを製造・販売する行為は,本件特許権を侵害する行為であり,被告製品1及び2のプログラムを作成した行為は,本件特許権を侵害する行為とみなされると主張して,被控訴人に対し,不法行為に基づく損害賠償金6242万2510円及びこれに対する不法行為の後の日である平成26年9月11日(訴状送達の日)から支払済みまで民法所定年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成29年10月3日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10265  107Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/盗難防止タグ,指示信号発信装置,親指示信号発信装置及び盗難防止装置)
平成29年10月3日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10183  115Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/負極,二次電池)
平成29年10月3日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成28合(わ)207  98Views
住居侵入,強盗殺人,死体遺棄(変更後の訴因 死体損壊,死体遺棄)被告事件
平成29年9月29日
東京地方裁判所 刑事第17部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成29(行ケ)10105  48Views  up!
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/介助機)
平成29年9月28日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ワ)39582  82ViewsMoreinfo
不正競争行為差止等請求事件(不正競争・民事訴訟)
平成28(ワ)39582
本件は,原告が,原告の販売する別紙原告商品表示目録(但し,同目録中「約10°」とは「10°±1°」を意味する。)記載の形態的特徴を有する重量検品ピッキングカート(以下「原告商品」という。)の形態が原告の商品等表示として需要者の間に広く認識される状態に至っていたところ,被告が販売を開始した別紙被告商品目録記載の重量検品ピッキングカート(支柱等が赤色のものに限らない。以下「被告商品」という。)の形態は原告商品の形態と類似し,これと混同を生じさせるから,被告による被告商品の販売が,不正競争防止法2条1項1号の不正競争行為に当たる旨主張して,被告に対し,同法3条1項及び2項に基づき,被告商品の譲渡等の差止め及び被告商品の廃棄を求める(前記第1の1,2)と共に,同法4条に基づき,損害賠償金3億0400万円の一部である4400万円及びこれに対する訴状送達の日の翌日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める(前記第1の3)事案である。
事案の概要
平成29年9月28日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ワ)14131  85ViewsMoreinfo
特許権侵害行為差止請求事件(特許権・民事訴訟/医薬組成物)
平成28(ワ)14131
本件は,発明の名称を「医薬組成物」とする特許権を有する原告が,被告らにおいて被告物件を製造及び販売しようとしているところ,これらの行為は上記特許権を侵害するものであると主張して,被告らに対し,①特許法100条1項に基づき,被告物件の生産,使用,譲渡,貸渡し,輸出若しくは輸入又は譲渡若しくは貸渡しの申出の差止めを,②同条2項に基づき,被告物件の廃棄を,それぞ10れ求める事案である。
事案の概要
平成29年9月28日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] 平成29(行ツ)4  267ViewsMoreinfo
選挙無効請求事件
平成29(行ツ)4
本件は,平成28年7月10日施行の参議院議員通常選挙(以下「本件選挙」という。)について,別紙2記載の各選挙区(東京都選挙区ほか20選挙区)の選挙人である上告人らが,公職選挙法14条,別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定(以下,数次の改正の前後を通じ,平成6年法律第2号による改正前の別表第2を含め,「定数配分規定」という。)は憲法に違反し無効であるから,これに基づき施行された本件選挙の上記各選挙区における選挙も無効であると主張して提起した選挙無効訴訟である。
事案の概要
平成29年9月27日
最高裁判所大法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] 平成29(行ツ)47  208ViewsMoreinfo
選挙無効請求事件
平成29(行ツ)47
本件は,平成28年7月10日施行の参議院議員通常選挙(以下「本件選挙」という。)について,東京都選挙区及び神奈川県選挙区の選挙人である上告人らが,公職選挙法14条,別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定(以下,数次の改正の前後を通じ,平成6年法律第2号による改正前の別表第2を含め,「定数配分規定」という。)は憲法に違反し無効であるから,これに基づき施行された本件選挙の上記各選挙区における選挙も無効であると主張して提起した選挙無効訴訟である。
事案の概要
平成29年9月27日
最高裁判所大法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成28(ネ)5534  130Views
平成29年9月27日
東京高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成29(行ケ)10048  115ViewsMoreinfo
審決取消請求事件(意匠権・行政訴訟)
平成29(行ケ)10048
本件は,意匠登録無効審判請求を不成立とした審決の取消訴訟である。
事案の概要
平成29年9月27日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成29(ネ)10051  151ViewsMoreinfo
ドメイン名使用差止請求権不存在確認請求控訴事件(不正競争・民事訴訟)
平成29(ネ)10051
本件ドメイン名について権利又は正当な利益を有しておらず,本件ドメイン名が不正の目的で登録等されているとして,本件ドメイン名を被控訴人に移転することを命ずる裁定をした。本件は,控訴人が,被控訴人に対し,本件ドメイン名を使用する行為が不正競争防止法2条1項13号所定の不正競争行為に該当しないと主張して,被控訴人が同法3条1項に基づく使用差止請求権を有しないことの確認を求める事案である。
事案の概要
平成29年9月27日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10266  120ViewsMoreinfo
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟)
平成28(行ケ)10266
本件は,商標登録出願に係る拒絶査定不服審判請求に対する不成立審決の取消訴訟である。
事案の概要
平成29年9月27日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成29(う)211Moreinfo  up!
過失運転致死
平成29(う)211
本件控訴の趣意は,弁護人石川耕三作成の控訴趣意書に記載されているとおりであるから,これを引用する。論旨は,要するに,被告人を禁錮2年6月の実刑に処した原判決の量刑が重過ぎて不当であり,刑の執行を猶予するのが相当である,というのである。そこで,記録を調査して検討する。本件は,平成28年8月11日夜,普通乗用自動車(軽四)を運転中に,スマートフォンでポケモンGOのゲームアプリを起動して停車中などにそのゲームの操作を行うなどしていた被告人が,スマートフォンの電池残量が不足していると考え,車内で充電しようとして充電コードを差し込むことに気を取られ前方左右の注視を怠ったために,進路前方の横断歩道上を自転車で横断中の当時29歳の被害者の発見が遅れ,急制動の措置を講じたが間に合わず,自車をその自転車に衝突させて被害者をも路上に転倒させ,2週間後に,被害者を高エネルギー外傷によるびまん性軸索損傷により死亡させた,という過失運転致死の事案である。
事案の概要
平成29年9月26日
名古屋高等裁判所 刑事第2部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成29(行ケ)10043  48ViewsMoreinfo  up!
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/3Dテレビ)
平成29(行ケ)10043
本件は,特許出願の拒絶査定不服審判請求に対する不成立審決の取消訴訟である。
事案の概要
平成29年9月26日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ