裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

総合裁判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 総合裁判例集 (降順 ; 裁判年月日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9567

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[知財] [民事] 平成27(ワ)5281  98ViewsMoreinfo
商号使用差止等請求事件(不正競争・民事訴訟)
平成27(ワ)5281
本件は,アスベスト除去工事,ダイオキシン類対策工事等を主な業務とする原告が,同種業務を行う被告による原告の商号と類似する商号の使用行為が,不正競争防止法2条1項1号の不正競争又は会社法8条1項の「不正の目的」をもった類似商号の使用に当たると主張して,不正競争防止法3条又は会社法8条2項に基づき,被告に対し,その商号の使用差止めと商号登記の抹消登記手続をするよう求める事案である。
事案の概要
平成28年8月23日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10066  134Views
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟/山岸一雄)
平成28年8月10日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10065  96Views
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟/山岸一雄大勝軒)
平成28年8月10日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10053  130Views
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟/UMB)
平成28年8月10日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10052  90Views
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟/UMB)
平成28年8月10日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成27(行ケ)10149  96Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/平底幅広浚渫用グラブバケット)
平成28年8月10日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成27(行ケ)10068  140Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/濾過装置)
平成28年8月10日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成27(行ケ)10223  132ViewsMoreinfo
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟/實相の書)
平成27(行ケ)10223
本件は,被告が有する別紙商標目録記載の商標(以下「本件商標」という。)に係る商標権(以下「本件商標権」という。)について,原告が商標法3条1項柱書,同法4条1項6号,7号,8号,10号,15号及び19号を理由に無効審判の請求をしたところ,特許庁が「本件審判の請求は,成り立たない。」との審決をしたため,原告が,審決の取消しを求めた事案である。
事案の概要
平成28年8月9日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成27(行ケ)10222  82ViewsMoreinfo
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟)
平成27(行ケ)10222
本件は,被告が有する別紙商標目録記載の商標(以下「本件商標」という。)に係る商標権(以下「本件商標権」という。)について,原告が商標法3条1項柱書,同法4条1項6号,7号,10号,15号及び19号を理由に無効審判の請求をしたところ,特許庁が「本件審判の請求は,成り立たない。」との審決をしたため,原告が,審決の取消しを求めた事案である。
事案の概要
平成28年8月9日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成27(行ケ)10221  89ViewsMoreinfo
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟)
平成27(行ケ)10221
本件は,被告が有する別紙商標目録記載の商標(以下「本件商標」という。)に係る商標権(以下「本件商標権」という。)について,原告が商標法3条1項柱書,同法4条1項6号,7号,10号,15号及び19号を理由に無効審判の請求をしたところ,特許庁が「本件審判の請求は,成り立たない。」との審決をしたため,原告が,審決の取消しを求めた事案である。
事案の概要
平成28年8月9日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10075  116ViewsMoreinfo
商標登録維持決定取消請求事件(商標権・行政訴訟)
平成28(行ケ)10075
本件は,原告が,登録第5753538号商標(以下「本件商標」という。)について特許庁長官に登録異議申立て(これに係る登録異議事件を,以下「本件登録異議事件」という。)をしたのに対し,特許庁審判官が本件商標の商標登録を維持するとの決定(以下「本件維持決定」という。)をしたことから,被告に対し,①本件維持決定の取消し,②本件登録異議事件についての商標登録取消決定の義務付け,③商標登録出願の全部を分割しても出願分割の効果が認められず出願日の遡及効が認められない旨の解釈が,憲法13条後段及び73条1号前段に反し違憲無効であることの確認,④本件登録異議事件の審理において商標登録異議申立人に反論の機会を全く与えず商標登録の維持決定をすることが,憲法13条後段,31条及び14条1項に反し違憲無効であることの確認,⑤商標登録維持決定に対する不服申立てができない旨規定する商標法43条の3第5項が,憲法13条後段,76条2項後段,32条及び14条1項に反し違憲無効であることの確認,⑥本件登録異議事件の審理において口頭審理をしなかったことが,商標法43条の6第1項ただし書に反し違法であるとともに憲法13条後段及び73条1項前段に反し違憲無効であることの確認,⑦本件登録異議事件の審理において原告が上申した引用出願を審理しなかったことが,商標法43条の9第1項の趣旨に反し違法であるとともに憲法13条後段及び73条1項前段に反し違憲無効であることの確認をそれぞれ求める事案である。
事案の概要
平成28年8月9日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ネ)10034  145ViewsMoreinfo
特許権侵害差止等請求控訴事件(特許権・民事訴訟/リクライニング椅子)
平成28(ネ)10034
本件は,発明の名称を「リクライニング椅子」とする特許第5255004号に係る特許権(本件特許権)を有する控訴人が,被控訴人に対し,被控訴人による原判決別紙物件目録記載の製品(被控訴人製品)の譲渡又は譲渡の申出が本件特許権を侵害すると主張して,①特許法100条1項及び2項に基づき被控訴人製品の譲渡等の差止め及び廃棄を,②民法709条に基づき損害賠償金2299万5738円及びこれに対する不法行為の後の日(訴状送達日の翌日)である平成27年5月23日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成28年8月3日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成27(行ケ)10160  144Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/垂直磁気記録ヘッドおよびその製造方法)
平成28年8月3日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成27(行ケ)10148  129Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/分散型プレディケート予測を実現するための方法,システム,およびコンピュータによってアクセス可能な媒体)
平成28年8月3日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ワ)29129  157Views
損害賠償請求事件(著作権・民事訴訟)
平成28年8月3日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ワ)15218  111ViewsMoreinfo
発信者情報開示請求事件(著作権・民事訴訟)
平成28(ワ)15218
本件は,別紙対象目録の「CD(商品番号)」欄に各記載のレコードの送信可能化権を有すると主張する原告らが,氏名不詳者が上記レコードに収録された楽曲を複製してコンピュータ内の記録媒体に記録して蔵置し,被告の提供するインターネット接続サービスを経由して自動公衆送信し得る状態にした行為により上記送信可能化権を侵害されたことが明らかであり,権利の侵害に係る発信者情報の開示を受ける正当な理由があると主張して,特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(以下,単に「法」という。)4条1項に基づき,経由プロバイダである被告に対し,上記発信者情報の開示を求める事案である。
事案の概要
平成28年8月3日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [刑事] 平成28(す)398  479ViewsMoreinfo
管轄移転の請求事件
平成28(す)398
刑訴法17条1項2号にいう「裁判の公平を維持することができない虞があるとき」に当たらないとされた事例
裁判要旨
平成28年8月1日
最高裁判所第二小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成27(行ケ)10145  108Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/半導体発光装置に成長させたフォトニック結晶)
平成28年7月28日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ネ)10023  132ViewsMoreinfo
特許権侵害差止等請求控訴事件(特許権・民事訴訟/メニエール病治療薬)
平成28(ネ)10023
本件は,発明の名称を「メニエール病治療薬」とする特許権を有する控訴人が,被控訴人らの製造販売に係る原判決別紙物件目録1ないし3記載のメニエール病改善剤(以下「被控訴人製品」という。)が上記特許権に係る発明の技術的範囲に属すると主張して,被控訴人らに対し,特許法100条1項及び2項に基づき,被控訴人製品の製造販売の差止請求及び侵害の予防に必要な行為の請求をするとともに,民法709条に基づき,損害賠償金1億1000万円(特許法102条2項又は3項により算定した損害賠償金の一部である1億円と弁護士費用1000万円の合計額)及びこれに対する平成26年10月3日(訴状送達日の翌日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の連帯支払を求める事案である。
事案の概要
平成28年7月28日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [刑事] 平成28(あ)456  417ViewsMoreinfo
覚せい剤取締法違反被告事件
平成28(あ)456
刑法等の一部を改正する法律(平成25年法律第49号)による刑の一部の執行猶予に関する各規定の新設と刑訴法411条5号にいう「刑の変更」
裁判要旨
平成28年7月27日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ