裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

民事事件裁判例集

民事法書籍Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 民事事件裁判例集 (千葉地方裁判所 ; 降順 ; 裁判年月日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1 | 2

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[下級] [民事] 平成28(ワ)2440  604ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成28(ワ)2440
本件は,被告C及び理事である被告Dが,原告らに対し,被告法人の人的体制に関し虚偽の説明をするなどし,実費として使用する意思がないにもかかわらずその旨申し向けて,原告らを誤信させて本件あっせん契約を締結させ,実費名目の金銭を受け取ったと原告らが主張して,被告C及び被告Dに対しては,一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(以下「一般社団法人法」という。)117条1項又は不法行為責任に基づき,被告法人に対しては,一般社団法人法78条に基づき,実費名目で支払った費用225万円,被告法人の登録料2万円,子育てを行うために支出した費用26万円及び弁護士費用55万3000円の合計308万3000円並びに原告らが子を実親に返還した日(不法行為の日)である平成28年7月2日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の連帯支払を求めるとともに,原告らが,被告らに対し,上記同様の責任に基づき,原告一人当たり慰謝料150万円及び上記同様の遅延損害金の連帯支払を求める事案である。
事案の概要
平成29年11月30日
千葉地方裁判所 民事第5部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成25(ワ)515  620ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成25(ワ)515
本件事故後の関連法令等の変更....................................65第1 炉規法............................................................651 目的..............................................................652 規制組織..........................................................663 シビアアクシデント対策の追加......................................664 設置許可の基準....................................................66第2 省令62号の改正..................................................66第3 技術基準規則の制定................................................671 規則制定による全交流電源喪失に対する対策強化......................672 津波による損傷の防止の規定........................................67第3部 争点及び当事者の主張........................................... 68第1章 被告国の責任に関する争点について................................68第2章 損害の総論に関する争点について..................................68第3章 原告らの個別損害に関する争点について............................68第4部 当裁判所の判断................................................. 69第1章 被告国の責任に関する争点に係る事実経過等........................69第1 我が国における原子力政策及び安全規制..............................691 被告国と原子力発電................................................692 安全規制..........................................................693 許可の法体制......................................................70炉規法の定め....................................................70本件設置等許可処分当時の体制....................................71安全審査に関する各種指針........................................71第2 設置許可・変更許可処分.............................................721 1号機............................................................72設置許可申請....................................................72設置許可審査及び許可............................................732 2号機から4号機まで..............................................75変更許可申請....................................................75変更許可申請審査及び許可........................................75第3 原子力発電所における安全対策及び電源喪失の危険性についての知見 ...761 原子力発電所における安全対策の考え方..............................762 原発施設における冷却の必要性と非常用電源設備の重要性..............763 原子力発電所における電源喪失に係る事故及び同事故を踏まえた対策 ...77被告東電における平成3年の海水漏えい事故........................77フランスのルブレイエ原子力発電所事故............................78インドのマドラス原発の津波による電源喪失事故....................79米国キウォーニー原発............................................794 国内の溢󠄀水による電源喪失についての知見............................80平成5年の全電源喪失事象の研究..................................80安全情報検討会..................................................80溢󠄀水勉強会......................................................81第4 地震・津波に関する知見............................................821 本件設置等許可処分時の地震・津波に関する知見及びその後の進展等 ...822 太平洋沿岸部地震津波防災計画手法調査報告書(4省庁報告書) .......83策定経緯等......................................................83概要............................................................83評価............................................................843 地域防災計画における津波対策強化の手引き(7省庁手引き)及びその別冊である津波災害予測マニュアル........................................85策定経緯等......................................................85概要............................................................85評価............................................................874 津波浸水予測図....................................................87策定経緯等......................................................87概要............................................................88評価............................................................885 津波評価技術......................................................89策定経緯等......................................................89概要............................................................89評価............................................................916 三陸沖から房総沖にかけての地震活動の長期評価について(長期評価) .93策定経緯等......................................................93概要............................................................93評価............................................................947 平成18年耐震設計審査指針........................................99策定経緯等......................................................99バックチェックルール............................................998 その他...........................................................100貞観津波に関する知見...........................................100IAEA(国際原子力機関)福島第一原子力発電所事故事務局報告書 1009 各種知見を踏まえた被告東電の対応.................................101平成6年における被告東電による津波想定.........................101電気事業連合会による「『太平洋沿岸部地震津波防災計画手法調査』への対応について」...................................................101電気事業連合会の「7省庁津波に対する問題点及び今後の対応方針」 102津波評価技術に関わる検討.......................................103平成20年における推計.........................................103長期評価についての検討委託.....................................104第2章 内閣総理大臣が本件設置等許可処分をしたことは国賠法1条1項の適用上違法かについて...................................................105第1 国賠法1条1項の「違法」.........................................105第2 原子炉設置許可処分,変更許可処分に係る違法性判断基準..............1051 判断基準.........................................................1052 原子炉設置許可処分,変更許可処分が国賠法上違法と評価される場合 ..107第3 本件設置等許可処分の違法性.......................................1081 具体的審査基準について...........................................1082 調査審議及び判断の過程について...................................1081号機の設置許可申請に対する審査について.......................1092号機から4号機までの設置許可申請の審査について...............1093 原告らの主張について.............................................109具体的審査基準について.........................................109要件該当性の認定判断について...................................1094 小括.............................................................111第4 結論.............................................................111第3章 経済産業大臣が規制権限を行使しなかったことは国賠法1条1項の適用上違法かについて...................................................111第1 規制権限の不行使における違法性...................................111第2 規制権限の有無及び内容...........................................112第3 予見可能性.......................................................1161 予見可能性の対象.................................................1162 予見可能性の程度.................................................1193 経済産業大臣の予見可能性.........................................121第4 結果回避可能性...................................................1261 予見可能性の程度と結果回避義務...................................1262 原告ら主張の結果回避措置について.................................1283 小括.............................................................133第5 結論.............................................................133第4章 原告らの被告東電に対する主位的請求について.....................133第5章 原告らの被告東電に対する予備的請求について.....................134第1 認定事実.........................................................1341 避難指示等の変遷.................................................134平成23年3月11日~避難指示区域の見直し.....................134避難指示区域の見直し...........................................136避難指示の解除.................................................1372 中間指針等の概要.................................................139政府による避難等の指示等に係る損害について.....................140自主的避難等対象者に対する賠償.................................1503 「避難指示区域の見直しに伴う賠償基準の考え方」...................152不動産(住宅・宅地)に対する賠償...............................152家財に対する賠償...............................................154営業損害・就労不能損害に対する賠償.............................155精神的損害に対する賠償.........................................1554 被告東電の賠償基準...............................................156宅地・建物.....................................................156田畑...........................................................157その他の不動産.................................................157立木...........................................................158家財...........................................................158就労不能損害...................................................159精神的損害.....................................................160自主的避難等に係る損害.........................................1625 放射線に関する知見等.............................................166放射線に関する基本的な知見.....................................166ICRPの勧告の概要...........................................169本件事故に関するICRPの勧告.................................171本件事故後の我が国の放射線防護体制等...........................171IAEA国際フォローアップミッション最終報告書.................172文部科学省の通知...............................................173低線量被ばくのリスク管理に関するワーキンググループ報告書(平成23年12月22日).................................................174「帰還に向けた安全・安心対策に関する基本的考え方(線量水準に応じた防護措置の具体化のために)」.....................................180被ばく状況に関する調査の結果...................................181UNSCEAR2013年報告書.................................182第2 損害の総論に関する争点について...................................1851 「原子力損害」についての基本的な考え方...........................1852 財物損害.........................................................185基本的な考え方.................................................185居住用不動産...................................................186家財道具.......................................................1883 精神的損害.......................................................189被侵害利益.....................................................189避難生活に伴う慰謝料...........................................190避難生活に伴う精神的苦痛以外の精神的苦痛に係る慰謝料...........191当事者の主張について...........................................192慰謝料の増額事由に関する原告らの主張について...................193中間指針第四次追補に基づく慰謝料と原告らの請求の関係...........1934 自主的避難者に係る損害...........................................194避難の合理性と相当因果関係.....................................194低線量被ばくのリスクと避難の合理性について.....................195第3 福島県双葉郡富岡町の原告.........................................1971 富岡町の状況.....................................................1972 原告番号1ら.....................................................198認定事実.......................................................198損害の検討.....................................................201認容額.........................................................207第4 福島県相馬郡飯舘村の原告.........................................2071 飯舘村の状況.....................................................2072 原告番号2ら.....................................................208認定事実.......................................................208損害の検討.....................................................211認容額.........................................................214第5 福島県双葉郡浪江町の原告.........................................2141 浪江町の状況.....................................................2142 原告番号3ら.....................................................216認定事実.......................................................216損害の検討.....................................................219認容額.........................................................2253 原告番号4ら.....................................................226認定事実.......................................................226損害の検討.....................................................228認容額.........................................................2304 原告番号6ら.....................................................230認定事実.......................................................230損害の検討.....................................................232認容額.........................................................2355 原告番号16.....................................................235認定事実.......................................................236損害の検討.....................................................240認容額.........................................................2486 原告番号17.....................................................248認定事実.......................................................248損害の検討.....................................................251認容額.........................................................2637 原告番号18-2.................................................263損害の検討.....................................................263認容額.........................................................264第6 福島県双葉郡双葉町の原告.........................................2651 双葉町の状況.....................................................2652 原告番号5ら.....................................................266認定事実.......................................................266損害の検討.....................................................268認容額.........................................................2713 承継前原告番号9-1.............................................271認定事実.......................................................271損害の検討.....................................................275認容額.........................................................278第7 福島県南相馬市の原告.............................................2781 南相馬市の状況...................................................2782 承継前原告番号7-1.............................................281認定事実.......................................................281損害の検討.....................................................283認容額.........................................................2873 原告番号10ら...................................................287認定事実.......................................................287損害の検討.....................................................289認容額.........................................................2924 原告番号12ら...................................................292認定事実.......................................................292損害の検討.....................................................295認容額.........................................................2995 原告番号13ら...................................................299認定事実.......................................................299損害の検討.....................................................303認容額.........................................................3106 原告番号15ら...................................................311認定事実.......................................................311損害の検討.....................................................314認容額.........................................................318第8 福島県西白河郡矢吹町の原告.......................................3181 矢吹町の状況.....................................................3182 原告番号8ら.....................................................320認定事実.......................................................320損害の検討.....................................................326認容額.........................................................330第9 福島県いわき市の原告.............................................3301 いわき市の状況...................................................3302 原告番号11ら...................................................332認定事実.......................................................332損害の検討.....................................................335小括...........................................................338第10 福島県双葉郡広野町の原告.......................................3381 広野町の状況.....................................................3382 原告番号14ら...................................................339認定事実.......................................................339損害の検討.....................................................341認容額.........................................................343第5部 結論.......................................................... 343別紙1 原告等目録................................................添付省略別紙2 代理人目録................................................添付省略別紙3 認容額等一覧表.................................................352別紙4-1 福島第一原子力発電所配置図............................添付省略別紙4-2 福島第一原子力発電所1号機から4号機配置図............添付省略別紙5 非常用ディーゼル発電機.........................................355別紙6 非常用高圧配電盤...............................................356別紙7 被告国の責任に関する争点についての原告らの主張............添付省略別紙8 被告国の責任に関する争点についての被告国の主張............添付省略別紙9 損害の総論に関する争点及び当事者の主張....................添付省略別紙10 個別損害一覧表..........................................添付省略別紙11-1 原告番号3らの土地一覧表............................添付省略別紙11-2 原告番号3らの建物等一覧表..........................添付省略別紙11-3 原告番号3-1の重機・農業機械及び機械工具等一覧表 .添付省略別紙12 原告番号17の不動産一覧表..............................添付省略別紙13 原告番号18-2の不動産一覧表..........................添付省略別紙14 原告番号13-2の生活費増加分一覧表....................添付省略第1部 請求及び事案の概要第1章 請求被告らは,別紙3「認容額等一覧表」「原告番号」欄記載の各原告に対し,連帯して各原告に係る同表「請求額」欄記載の各金員及びこれらに対する平成23年3月11日から各支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。第2章 事案の概要本件は,平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震及びこれに伴う津波の影響で,被告東電が設置し運営する福島第一原子力発電所(以下「福島第一原発」という。)から放射性物質が放出される事故(以下「本件事故」という。)が発生したことにより,福島県内から千葉県内へ避難を余儀なくされたと主張する者又はその相続人である原告らが,被告東電に対しては,敷地高さを超える津波の発生等を予見しながら,福島第一原発の安全対策を怠ったと主張して,主位的には民法709条に基づき,予備的には原子力損害の賠償に関する法律(以下「原賠法」という。)3条1項に基づき,被告国に対しては,内閣総理大臣が福島第一原発の1号機から4号機の設置許可処分又は変更許可処分をしたこと,及び経済産業大臣が被告東電に対し電気事業法に基づく規制権限を行使しなかったことが違法であると主張して,国家賠償法(以下「国賠法」という。)1条1項に基づき,各原告番号に対応する別紙3「認容額等一覧表」「請求額」欄記載の各損害賠償金及びこれに対する平成23年3月11日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金を連帯して支払うことを求めた事案である。
事案の概要
平成29年9月22日
千葉地方裁判所 民事第3部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成25(ワ)953  1079ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成25(ワ)953
本件は,公判前整理手続が進行中の刑事被告事件において,検察官が,勾留中の被告人から,弁護人らとの間の接見の内容にわたる記載を含むノート,弁護人ら宛ての信書の草稿その他の被告人作成文書の任意提出を受けた行為について,弁護人ら2名が,弁護人に固有の秘密交通権を侵害する違法な行為に当たると主張して,国に対し,国家賠償法1条1項に基づき,弁護人1名につき損害賠償金165万円(慰謝料150万円,弁護士費用15万円)及びこれに 対する上記任意提出の日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成27年9月9日
千葉地方裁判所 民事第1部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成24(ワ)2950  1254ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成24(ワ)2950
本件は,外国人技能実習生として,被告D株式会社(以下「被告会社」という。)において就労していた亡Cが,被告会社の従業員であった被告Eから暴行を受けて傷害を負い,外傷性くも膜下出血により死亡したことから,亡Cの父である原告Aと母である原告B(なお,原告Aと原告Bをあわせて「原告ら」という。)が,被告Eに対しては民法709条ないし711条に基づき,被告会社に対しては民法715条に基づき,損害賠償を求めている事案である。
事案の概要
平成26年9月30日
千葉地方裁判所 民事第3部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成25(ワ)616  2130ViewsMoreinfo
否認権行使請求事件
平成25(ワ)616
本件は,被告の市長を実施機関とする生活保護の被保護者が,その資産を処分するなどして金銭を得たことから,被告に対し,生活保護法63条に定める費用返還義務の履行として金銭を納付した行為について,その後に被保護者について開始された破産手続の破産管財人である原告が,破産法162条1項1号の否認権を行使して,被告に対し,上記納付額及びこれに対する最終納付日の翌日以降の遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成25年11月27日
千葉地方裁判所 民事第1部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成23(ワ)567  2098ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成23(ワ)567
本件は,原告が,小学校6年生当時,授業中に隣の座席に座っていた被告Bから鉛筆で左眼を刺されたこと(以下「本件事故」という。)により,左眼角膜裂傷及び外傷性白内障の傷害を負ったとして,被告Bに対しては民法709条に基づき,被告Bの親権者である被告C及び被告Dに対しては民法709条又は同法714条に基づき,学校設置者である船橋市に対しては国家賠償法1条1項に基づき,治療費及び慰謝料等から後記給付金40万2868円を控除した1782万4691円並びに本件事故の日から民法所定の年5分の割合による遅延損害金の 連帯支払を求めた事案である。
事案の概要
平成24年11月16日
千葉地方裁判所 民事第3部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成23(レ)566  4257ViewsMoreinfo
放送受信料請求控訴事件
平成23(レ)566
日本放送協会と受信者との放送受信契約に基づいて発生する受信料債権が民法169条所定の債権に当たり,その支払い期限から5年間を経過した債権は時効により消滅したとされた事例
判示事項の要旨
平成24年2月3日
千葉地方裁判所 民事第2部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成21(ワ)1651  1842ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件(医療)
平成21(ワ)1651
市立病院に両変形性膝関節症の手術のため入院していた79歳の女性患者が,手術予定日の前日に病棟看護師からの指示に基づき病院内の浴室において単独で入浴したところ,その約40分後に,浴槽内で全身に熱傷を負い意識不明の状態で発見され,その後死亡したという事案において,上記患者を浴室まで案内した看護師としては,患者が浴室内で熱傷を負うことのないように,浴室の給湯給水設備の使用方法及び熱傷の危険性について説明ないし注意する義務があったのにこれを怠ったなどの過失があるとした上,その義務違反と患者が熱傷を負い死亡したこととの間に相当因果関係があると認め,市に対し,不法行為(使用者責任)に基づく損害賠償を命じた事例
判示事項の要旨
平成23年10月14日
千葉地方裁判所 民事第2部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成16(ワ)1216  1713ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成16(ワ)1216
破綻した信用金庫に出資した原告らが,(1)同金庫職員が勧誘に際し出資のリスクを説明せず,同金庫理事も同職員に対する指導監督を怠ったと主張して,同金庫及び同金庫理事に対し,出資金相当額の損害賠償を請求するとともに,(2)同金庫が違法な出資の勧誘を行っているにもかかわらず,国が同金庫に対する監督権限を適切に行使しなかった上,違法な金融検査を実施して同金庫を破綻に至らせたと主張して,国に対し,出資金相当額の国家賠償を請求した事案において,上記(1)については,信用金庫が近い将来債務超過に陥り,経営破綻する具体的,現実的危険性があり,かつ,職員において,これを認識し又は認識し得た場合には,被勧誘者に対し,信用金庫の具体的な経営状況を説明すべき義務があり,同職員において認識し得ない場合であっても,理事において認識し又は認識し得た場合には,理事は,同職員に対し,信用金庫の具体的な経営状況を説明の上,出資の勧誘に際しては,経営状況につき具体的かつ詳細な説明を尽くさせるよう指導監督すべき義務があるとした上で,職員においては経営破綻の具体的,現実的危険性を認識し得なかったものの,理事において認識し又は認識し得たとして,職員に対する指導監督義務違反を認め,同金庫及び同金庫理事に対する請求を一部認容したが,上記(2)については,国の公務員において,同金庫が違法な勧誘を行っていることを認識し又は容易に認識し得たとは認められないから,国の監督権限の不行使が違法であるとは認められず,また,金融検査にも違法な点は認められないとして,国に対する請求を棄却した事例
判示事項の要旨
平成21年6月26日
千葉地方裁判所 民事3部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成18(ワ)2112  1723ViewsMoreinfo
保証債務履行等請求事件,保証債務履行等請求参加事件
平成18(ワ)2112
根保証契約における保証債務の随伴性について,債権者と主たる債務者との基本的な継続的取引関係が正常に継続している間は,特別の定めがない限り,個々の主債務が移転しても,保証債務は移転しないものの,取引関係が終了した場合には,その時点での残存債務のみが主債務と定まるから,基本的取引関係の終了後においては,保証債務は主債務の移転に随伴すると解されるところ,債権者が破産宣告を受けて破産管財人が選任され,法的債務整理手続が開始された場合には,遅くとも破産宣告の時点で取引関係が終了したといえるから,その後の主債務の譲渡には,保証債務が随伴するとされた事例
判示事項の要旨
平成21年3月19日
千葉地方裁判所 民事第5部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成20(ワ)483  2282ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成20(ワ)483
精神薄弱者更生施設の入所者が,後遺症を残す傷害を負ったことにつき,同施設を運営する社会福祉法人に対し,同法人の職員の不法行為を理由とする使用者責任に基づく損害賠償を求める前訴を提起して請求棄却の判決を受け,これが確定した後に,同法人に対して提起した準委任契約による安全配慮義務違反を理由とする損害賠償を求める訴えが,実質的に前訴の蒸し返しであるなどして信義則上許されないとされた事例
判示事項の要旨
平成20年11月17日
千葉地方裁判所 民事第2部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成17(ワ)1967  2247ViewsMoreinfo
賃料減額確認請求事件
平成17(ワ)1967
千葉県住宅供給公社が入居者への転貸を前提として賃貸人から特定優良賃貸住宅を借り上げ,借上料を入居者に対する家賃(空室分を含む。)総額からその10%の管理経費を控除した額とする旨を合意した借上契約について,借地借家法32条1項の適用を認めた上で,同公社が同項に基づいて行った借上料減額請求を認めなかった事例
判示事項の要旨
平成20年5月26日
千葉地方裁判所 民事第2部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成17(ワ)1628  1711ViewsMoreinfo
保険金請求事件
平成17(ワ)1628
1 火災保険の目的物である建物に生じた火災が,被保険者の故意により生じたとは認められないとして,保険金支払についての免責が否定された事例 2  火災保険金受領以前に未払込分割保険料の全額を一時に払込まなければならない旨を定めた特約条項が,未払込分割保険料支払債務の期限利益喪失を定めた規定であり,同債務について,保険金支払債務に対する先履行義務があること,又はこれと同時履行の関係にあることを定めたものではないとされた事例
判示事項の要旨
平成20年3月27日
千葉地方裁判所 民事第5部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成12(ワ)544  1741ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成12(ワ)544
児童福祉法(平成9年法律第74号による改正前のもの)27条1項3号の措置に基づき社会福祉法人の設置する養護施設に入所した児童に対し,同養護施設の長が行った暴行等が,児童福祉施設の長の正当な懲戒権行使の範囲内とはいえず,不法行為を構成し,同養護施設の長の養育監護行為が県の公権力の行使に当たる公務員の職務行為であるとして,その不法行為につき県に国家賠償法1条1項に基づく損害賠償責任を認めた事例
判示事項の要旨
平成19年12月20日
千葉地方裁判所 民事第5部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成19(レ)18  1689ViewsMoreinfo
給水加入権利金請求控訴事件
平成19(レ)18
競売不動産の旧所有者が水道企業団に対して競売不動産に設置された給水装置に係る給水申込加入金を支払った場合において,競落人が競売不動産の旧所有者に対して給水加入金相当額の支払をすることなく給水装置及びこれに付設された量水器を使用することに法律上の原因がないとはいえないとされた事例
判示事項の要旨
平成19年9月28日
千葉地方裁判所 民事第2部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成18(ワ)883  3403ViewsMoreinfo
配当異議
平成18(ワ)883
不動産に対する担保権の実行としての競売手続において,競売対象不動産の所有権の帰属を審理の対象として配当異議の訴えを提起することは許されない。
判示事項の要旨
平成19年9月6日
千葉地方裁判所 民事第5部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成16(ワ)1744  1902ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件,違約金等請求事件
平成16(ワ)1744
たこ焼き店のフランチャイズ契約の締結に際して,フランチャイザーが,自営業を営んだことのない主婦のフランチャイジー候補者に対し,その自己資金だけでは開業することが困難となるであろうことを告げず,初期投資総額の見込額等を記載した文書を交付せずに,加入金等を入金させた後にその不返還を定めた契約書に署名押印させたことが,同候補者に対し同契約を締結してフランチャイジーになるか否かを判断するに足りる必要かつ十分な情報を適時かつ正確に提供・開示すべき信義則上の義務を尽くしたとはいえないとされた事例
判示事項の要旨
平成19年8月30日
千葉地方裁判所 民事第5部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成18(ワ)794  2308ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成18(ワ)794
地方公務員法26条所定の給料表に関する人事委員会の勧告に基づかずに制定され,「職員の給与に関する条例」(昭和27年千葉県条例第50号)の規定による職員の給料月額等を2年間にわたって2%ないし1.8%減額することを定めた「知事等の給与及び職員の管理職手当等の特例に関する条例の一部を改正する条例」(平成15年千葉県条例第46号)及び「知事等の給料及び職員の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例」(平成17年千葉県条例第52号)は,憲法28条,地方公務員法14条1項,24条3項に違反しない。
判示事項の要旨
平成19年6月21日
千葉地方裁判所 民事第5部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成17(ワ)1231  1464ViewsMoreinfo
損害賠償等請求事件
平成17(ワ)1231
保健所長から「その他の公衆浴場」として営業許可を受けた原告が,県との水道給水契約において一般公衆浴場用の水道料金よりも高い従量料金を定める条例の規定が適用されることについて,保健所職員が説明を怠ったなどと主張して,県に対し損害賠償等を求めた請求が棄却された事例
判示事項の要旨
平成19年3月26日
千葉地方裁判所 民事2部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成17(ワ)581  920ViewsMoreinfo
モーターボート競走場外発売場設置差止等請求事件
平成17(ワ)581
モーターボート競走勝舟投票券場外発売場の周辺住民が,同発売場をモーターボート競走会に賃貸している会社に対し,住環境の悪化等を理由として人格権に基づきその除去等を求める請求が棄却された事例
判示事項の要旨
平成19年2月21日
千葉地方裁判所 民事1部
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ