裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

民事事件裁判例集

民事法書籍Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 民事事件裁判例集 (松山地方裁判所 ; 降順 ; 裁判年月日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[下級] [民事] 平成27(ワ)224  382ViewsMoreinfo
地位確認等請求事件
平成27(ワ)224
本件は,被告との間で期間の定めのある労働契約(以下「有期労働契約」と25いう。)を締結して就労している従業員(以下「有期契約労働者」という。)である原告らが,被告と期間の定めのない労働契約(以下「無期労働契約」という。)を締結している従業員(以下「無期契約労働者」という。)との間に,賞与及び物価手当(以下,これらを合わせて「本件手当等」という。)の支給に関して不合理な相違が存在すると主張して,被告に対し,①当該不合理な労働条件の定めは労働契約法20条により無効であり,原告らには無期契約5労働者に関する賃金規程の規定が適用されることになるとして,当該賃金規程の規定が適用される労働契約上の地位に在ることの確認を求め(上記第1の1),②平成25年5月から平成27年4月までに支給される本件手当等については,主位的に,同条の効力により原告らに当該賃金規程の規定が適用されることを前提とした労働契約に基づく賃金請求として,予備的に,不法行為に10基づく損害賠償請求として,実際に支給された賃金との差額及びこれに対する訴状送達の日の翌日である平成27年6月20日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求め(上記第1の2及び4),③平成27年5月から平成29年10月までに支給される本件手当等について,不法行為に基づく損害賠償請求として,実際に支給された賃金との差額及びこれに15対する不法行為の日の後である平成29年10月26日から支払済みまで同割合による遅延損害金の支払(上記第1の3及び5)を求めた事案である。
事案の概要
平成30年4月24日
松山地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成27(ワ)225  392ViewsMoreinfo
地位確認等請求事件
平成27(ワ)225
本件は,被告との間で期間の定めのある労働契約(以下「有期労働契約」という。)を締結して就労している従業員(以下「有期契約労働者」という。)である原告らが,被告と期間の定めのない労働契約(以下「無期労働契約」と15いう。)を締結している従業員(以下「無期契約労働者」という。)との間に,賞与,家族手当,住宅手当及び精勤手当(以下,これらを合わせて「本件手当等」という。)の支給に関して不合理な相違が存在すると主張して,被告に対し,①当該不合理な労働条件の定めは労働契約法20条により無効であり,原告らには無期契約労働者に関する就業規則等の規定が適用されることに20なるとして,当該就業規則等の規定が適用される労働契約上の地位に在ることの確認を求め(上記第1の1),②平成25年5月から平成27年4月までに支給される本件手当等については,主位的に,同条の効力により原告らに当該就業規則等の規定が適用されることを前提とした労働契約に基づく賃金請求として,予備的に,不法行為に基づく損害賠償請求として,実際に支給された賃25金との差額及びこれに対する訴状送達の日の翌日である平成27年6月20日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求め(上記第1の2,4,6),③平成27年5月から平成29年10月までに支給される本件手当等について,不法行為に基づく損害賠償請求として,実際に支給された賃金との差額及びこれに対する不法行為の日の後である平成29年10月26日から支払済みまで同割合による遅延損害金の支払(上記第1の3,55,7)を求めた事案である。
事案の概要
平成30年4月24日
松山地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成23(ワ)1337  776ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成23(ワ)1337
本件は,被告の開設する病院において出生した原告Aが,いわゆるカンガルーケアの実施中に心肺停止に陥り,その後,重篤な脳性麻痺による後遺症が残存するに至ったことに関し,原告A並びにその父である原告B及び母である原告Cが,被告ないしその職員が,①カンガルーケアの開始に先立って適切な説明をせず,②原告Aの低血糖に対する適切な処置をせずに,いったん中断されていたカンガルーケアを再開させた上,③再開後のカンガルーケアについて適切な経過観察をしていなかったと主張して,被告に対し,診療契約上の債務不履行又は不法行為に基づく損害賠償として,原告Aが2億1563万5455円及びこれに対する不法行為日である平成23年1月a日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を,原告B及び原告Cが各660万円及びこれに対する上記同様の遅延損害金の支払をそれぞれ求める事案である。
事案の概要
平成28年1月20日
松山地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成13(ワ)134  1818Views
損害賠償請求事件
平成18年5月23日
松山地方裁判所 民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成16(ワ)435  1121Views
靖国参拝損害賠償請求事件
平成18年3月15日
松山地方裁判所 民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成17(ワ)439  1656Views
建物明渡等請求事件
平成18年1月20日
松山地方裁判所 民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ