裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

民事事件裁判例集

民事法書籍Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 民事事件裁判例集 (大阪地方裁判所 ; 降順 ; 裁判年月日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

14 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 1236

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[下級] [民事] 平成26(ワ)11819  470ViewsMoreinfo
補償協定上の地位確認請求事件
平成26(ワ)11819
本件は,水俣病の認定を受けたA1及びA2の各相続人である原告らが,水俣病を発生させた企業である被告と水俣病患者東京本社交渉団(以下「東京交渉団」という。)との間で昭和48年7月9日に締結された別紙協定書の水俣病補償協定(以下「本件協定」という。)に基づき,被告に対し,本件協定に基づく補償を受けられる等の協定上の権利を有する地位にあることの確認を求める事案である。
事案の概要
平成29年5月18日
大阪地方裁判所 第22民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ワ)7185  754ViewsMoreinfo
意匠権侵害差止請求事件(意匠権・民事訴訟)
平成28(ワ)7185
本件は,意匠に係る物品を植木鉢とする後記意匠権を有する原告が,被告による別紙被告製品目録記載の植木鉢(以下「被告製品」という。)の製造販売行為が同意匠権の侵害となると主張して,被告に対し,①意匠法37条1項に基づき,被告製品の製造,譲渡,譲渡の申出の差止め,②同条2項に基づき,被告製品の廃棄を求めている事案である。
事案の概要
平成29年5月18日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ワ)6268  550ViewsMoreinfo
商標権侵害差止請求事件(商標権・民事訴訟)
平成28(ワ)6268
本件は,別紙「商標権目録」記載の商標権を有する原告が,被告が別紙「標章目録」記載の各標章をインターネット上のホームページ等の広告に使用する行為が同商標権を侵害すると主張して,被告に対し,同商標権に基づき,同広告に同標章を使用することの差止め及び同ホームページ等からの同標章の抹消を請求した事案である。
事案の概要
平成29年5月11日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ワ)5249  430ViewsMoreinfo
商標権侵害差止請求事件(商標権・民事訴訟)
平成28(ワ)5249
本件は,別紙「商標権目録」記載の商標権を有する原告が,被告が別紙「被告標章目録」記載の標章をインターネットホームページのサイトで使用する行為が原告の商標権を侵害すると主張して,被告に対し,商標権に基づき,被告の役務に係るホームページ及び広告に同標章を付することの差止めを請求した事案である。
事案の概要
平成29年5月11日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ワ)2818  572ViewsMoreinfo
特許権侵害行為差止等請求事件(特許権・民事訴訟)
平成28(ワ)2818
本件は,後記本件特許権を有する原告が,被告ら製造に係る別紙物件目録記載の臀部拭き取り装置が本件特許権に係る特許発明の技術的範囲に属するとして,被告らに対し,特許法100条1項に基づき,同臀部拭き取り装置等の製造,販売及び販売の申出(以下「製造,販売等」という。)の差止め,同条2項に基づき同臀部拭き取り装置の廃棄を求めるとともに,被告P1に対し,特許権侵害の不法行為に基づき,損害賠償として1322万7600円及びこれに対する不法行為の日の後である平成28年4月7日(訴状送達の日の翌日)から支払済みまで年5%の割合による遅延損害金の支払を求めた事案である。
事案の概要
平成29年4月27日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ワ)298等  586Views
特許権侵害差止等請求事件,債務不存在確認等請求事件(特許権・民事訴訟)
平成29年4月20日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成27(ワ)7787  544Views
損害賠償等請求事件(商標権・民事訴訟/観光甲子園)
平成29年4月10日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成27(ワ)6459  709ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件(その他・民事訴訟)
平成27(ワ)6459
本件は,原告が,被告に対し,以下の各請求をした事案である。
(1) 原告は,被告が,フィットネスプログラム「Ritmix」に関するウェアを共同して製造販売すること等についての原告との包括的な業務提携契約等の合意を一方的に破棄し,取引を終了させたことにより,損害を被ったとして,債務不履行による損害賠償請求権に基づき,Ritmix のDVD撮影に要した費用である87万1640円の賠償金及びこれに対する平成27年7月10日(訴状送達の日の翌日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた。
(2) 原告は,被告との間で,Ritmix のDVD撮影に採用されたウェアを販売し,その売上げを折半する旨の契約を締結したところ,被告が上記ウェアの類似品を販売したと主張し,同契約の履行請求権に基づき,販売額の半額である1万4400円及びこれに対する平成27年7月10日(訴状送達の日の翌日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた。
(3) 原告は,被告との間で,原告がイベントの際に被告のウェアを販売し,被告が原告に対して販売額の35%に相当する手数料を支払う旨の販売委託契約を締結し,その上で,原告がウェアを販売したと主張し,同契約の履行請求権に基づき,販売額の35%に相当する5万5717円及びこれに対する平成27年7月10日(訴状送達の日の翌日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた。
(4) 原告は,Ritmix のマスタートレーナーのパブリシティ権について独占的な利用許諾を受けるなどしているところ,被告が原告との取引終了後も上記トレーナーの画像をホームページ等に掲載し,上記パブリシティ権を侵害し,原告に固有の損害を被らせた旨主張し,不法行為による損害賠償請求権に基づき,平成27年3月25日から平成28年3月17日までに生じた損害額である1795万円の賠償金及びこれに対する不法行為の最終日である平成28年3月17日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた。
事案の概要
平成29年3月23日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ワ)7393  526ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件(不正競争・民事訴訟)
平成28(ワ)7393
本件は,「アクシスフォーマー」との名称の健康器具を販売している原告が,その開設するウェブサイトで原告の上記製品についてのコメント等を掲載している被告に対し,下記請求をした事案である。
事案の概要
平成29年3月21日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成27(ワ)11133  699ViewsMoreinfo
不正競争行為差止等請求事件(不正競争・民事訴訟)
平成27(ワ)11133
本件は,原告が被告に対し,被告が帆布製品に別紙表示目録記載1及び2の表示を付した商品(以下「被告商品」という。)を販売あるいは販売のために展示し,その説明書に同目録記載3の表示を,その広告に同目録記載3及び4の表示を用いているところ,同目録記載1ないし4の表示(以下「被告各表示」といい,それぞれを「被告表示1」,「被告表示2」などという。)は,被告商品の品質,内容及び製造方法を表示するものであるところ,被告商品がそのような品質等を有さないにもかかわらず,それを有するものと誤認させるような表示であるから,被告による被告各表示を表示する行為が平成27年法律第54号による改正前の不正競争防止法2条1項13号(現行法14号,以下現行法を記載する。)の不正競争(品質誤認表示)に該当するとして,①同法3条1項に基づき,被告各表示の表示行為,並びに被告商品の販売及び販売のための展示の差止め,②同条2項に基づき,被告商品等からの被告各表示の抹消,③同法14条に基づき,別紙謝罪広告目録記載の謝罪広告を同目録記載の要領で同目録記載の新聞に一回掲載すること,④同法4条に基づき,不法行為に基づく損害賠償として,3993万円及びこれに対する不正競争後の平成27年10月1日から支払済みまで民法所定の年5分の割合の遅延損害金の支払を,それぞれ求めた事案である。
事案の概要
平成29年3月16日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成27(ワ)591  819ViewsMoreinfo
地位確認等請求事件
平成27(ワ)591
本件事案の概要(1) 原告は,被告(被告と合併する前のA航空を含む。以下,同じ。)との間で,平成17年10月16日,業務を航空機の客室乗務員(以下では,「乗務員」と表記するが,全て客室乗務員を指す。)とする期間の定めのある労働契約を締結し,これを約1年ごとに継続的に更新してきたところ,平成26年12月5日付けで被告から解雇され,平成27年3月31日以降の契約更新も拒否された。(2) 本件は,原告が,同解雇が無効であり,また労働契約法(以下「労契法」という。)19条により労働契約は更新したものとみなされると主張して,被告に対し,労働契約上の権利を有する地位にあることの確認を求めるとともに,平成27年4月以降の未払賃金及び賞与等の支払を求める事案である。
事案の概要
平成29年3月6日
大阪地方裁判所 第5民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成26(ワ)12403  680ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成26(ワ)12403
本件は,原告大学が,ヒト細胞を使用したがん細胞モデルを作成する研究(以下「本件研究」という。)に使用する目的で,B株式会社,C株式会社を通じ,被告が製造するヒト細胞であるMiaPaCa2-RFP細胞(以下「本件買受申込細胞」という。)を購入したところ,平成23年12月16日,被告が,ヒト細胞である本件買受申込細胞を供給すべき注意義務に反し,ヒト細胞ではない細胞を原告大学に納品したため(以下,原告大学に実際に納品された細胞を「本件納品細胞」という。),原告大学は,研究のやり直し等の損害が生じたとして,被告に対し,不法行為に基づく損害賠償請求として,465万5788円及びこれに対する不法行為日より後の日である平成23年12月17日から支払済みまで民法所定の年5%の割合による遅延損害金の支払を求め,本件研究を統括していた原告Aは,本件納品細胞を使用した誤った研究結果の発表を行った結果,社会的な信用を失墜し,精神的な苦痛を被ったとして,被告に対し,不法行為に基づく損害賠償請求として,100万円及びこれに対する不法行為日より後の日である平成23年12月17日から支払済みまで民法所定の年5%の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成29年3月6日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成26(ワ)11716  1703ViewsMoreinfo
債務不存在確認等請求事件(本訴),受取物引渡請求事件(反訴)
平成26(ワ)11716
原被告間のファクタリング取引が,その実態に照らし,債権の売買及びその買戻しでなく金銭消費貸借とその返済であり,利息制限法所定の制限利率で引直し計算をすると過払いが生じているとして,不当利得返還を認めた事例
判示事項の要旨
平成29年3月3日
大阪地方裁判所 第16民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ワ)10506  524Views
損害賠償請求事件(著作権・民事訴訟)
平成29年2月20日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成27(ワ)10267  415ViewsMoreinfo
特許権侵害差止等請求事件(特許権・民事訴訟/水質自動監視装置及び低濃度毒性検知方法)
平成27(ワ)10267
本件は,発明の名称を「水質自動監視装置及び低濃度毒性検知方法」とする特許権を有する原告が,被告が製造販売するなどした製品が当該発明の技術的範囲に属すると主張して,被告に対し,当該特許権に基づいて,当該製品の製造販売等の差止め並びに当該製品及びその半製品の廃棄を求めるとともに,特許権侵害の不法行為による損害賠償請求として,被告が得た利益の額に相当する損害金1500万円,弁護士費用相当額150万円及び消費税相当額132万円を合計した1782万円並びにこれに対する不法行為後であり,訴状送達の日の翌日である平成27年10月31日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた事案である。
事案の概要
平成29年2月20日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ワ)675  533ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件(意匠権・民事訴訟)
平成28(ワ)675
本件は,後記本件意匠権の意匠権者である原告が,被告らが共同して製造販売していた別紙物件目録記載1ないし3の靴(以下「被告製品」という。)の靴底部分が本件意匠権の意匠に類似することから,被告らの行為が本件意匠の利用による意匠権侵害に当たると主張して,被告らに対し,本件意匠権侵害の不法行為に基づく損害賠償請求として損害金6022万5000円の内金1000万円及びこれに対する不法行為の日の後である平成27年9月12日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成29年2月14日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ワ)5739  753ViewsMoreinfo
(意匠権・民事訴訟)
平成28(ワ)5739
本件は,美容用顔面カバーを意匠に係る物品とする後記意匠権を有する原告が,被告による別紙被告商品目録記載1及び同2の各商品(以下,両者を併せて「被告商品」という。)の製造販売行為が同意匠権の侵害となると主張して,被告に対し,①意匠法37条1項に基づき,被告商品の製造,譲渡,譲渡のための展示,又はインターネット上の掲載の差止め,②同条2項に基づき,被告商品の廃棄,③意匠権侵害の不法行為に基づき,同法39条3項による実施料相当の損害307万5000円及び弁護士費用相当の損害100万円の合計407万5000円,並びにこれに対する不法行為の日の後の日である平成28年6月26日(訴状送達の日の翌日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払をそれぞれ求めている事案である。
事案の概要
平成29年2月7日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成26(ワ)12570  903ViewsMoreinfo
不正競争行為差止等請求事件(不正競争・民事訴訟)
平成26(ワ)12570
本件は,トナーカートリッジを製造販売している原告京セラドキュメントソリューションズ株式会社(以下「原告京セラDS」という。)及び同トナーカートリッジに付された商標の商標権者である原告京セラ株式会社(以下「原告京セラ」という。)が,平成21年4月以降,別紙被告商品目録1,2記載のトナーカートリッジ(以下,同目録1記載のトナーカートリッジを「被告商品」といい,これに含まれ外観で特定される同目録2記載のトナーカートリッジを「被告商品2」という。)を製造販売している被告に対し,下記の請求をしている事案である。
事案の概要
平成29年1月31日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ワ)7450  474Views
損害賠償請求事件(商標権・民事訴訟)
平成29年1月30日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成27(ワ)4376  545ViewsMoreinfo
売買代金請求事件(特許権・民事訴訟/凝集剤及びその製造方法)
平成27(ワ)4376
本件は,原告が被告P2(以下「被告P2」という。)に対し,同被告との間で,平成25年5月12日付けで締結された発明の名称を「凝集剤及びその製造方法」とする特許第4003832号の特許権(以下「本件特許権」という。)についてなされた契約(以下「本件契約」という。)が売買契約であることを前提に,同契約に基づく,その弁済期既到来分の売買代金合計3100万円(平成25年5月31日が弁済期分の2100万円,平成26年2月末日が弁済期分の1000万円の合計3100万円)及び各弁済期の翌日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求め,また被告P3(以下「被告P3」という。)に対し,同被告が本件契約に基づき被告P2が負う債務を連帯保証した旨主張して,連帯保証契約に基づき,被告P2に対すると同額の保証債務の履行を求めた事案である。
事案の概要
平成29年1月24日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ