裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

知的財産裁判例集

知的財産法新刊書籍

カテゴリー > 知的財産裁判例集 (降順 ; 裁判年月日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9295

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[知財] 平成28(行ケ)10102  51Views  up!
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/位置検出装置)
平成29年2月21日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10112  124Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/3-(置換ジヒドロイソインドール-2-イル)-2,6-ピペリジンジオン多結晶体及び薬用組成物)
平成29年2月14日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成26(ワ)1397等  84Views
不正競争行為差止等請求事件,請求異議事件(不正競争・民事訴訟)
平成29年2月9日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10100  120Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/管状格子パターンを有するゴルフボール)
平成29年2月8日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10177  141Views
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟)
平成29年2月8日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10088  170Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/シュレッダー補助器)
平成29年2月8日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10068  211Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/空気入りタイヤ)
平成29年2月7日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ワ)5739  152ViewsMoreinfo
(意匠権・民事訴訟)
平成28(ワ)5739
本件は,美容用顔面カバーを意匠に係る物品とする後記意匠権を有する原告が,被告による別紙被告商品目録記載1及び同2の各商品(以下,両者を併せて「被告商品」という。)の製造販売行為が同意匠権の侵害となると主張して,被告に対し,①意匠法37条1項に基づき,被告商品の製造,譲渡,譲渡のための展示,又はインターネット上の掲載の差止め,②同条2項に基づき,被告商品の廃棄,③意匠権侵害の不法行為に基づき,同法39条3項による実施料相当の損害307万5000円及び弁護士費用相当の損害100万円の合計407万5000円,並びにこれに対する不法行為の日の後の日である平成28年6月26日(訴状送達の日の翌日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払をそれぞれ求めている事案である。
事案の概要
平成29年2月7日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成28(行ケ)10001等  118Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/新規な葉酸代謝拮抗薬の組み合わせ療法)
平成29年2月2日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成27(行ケ)10249等  160Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/新規な葉酸代謝拮抗薬の組み合わせ療法)
平成29年2月2日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成27(行ケ)10201  152ViewsMoreinfo
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/容器詰飲料)
平成27(行ケ)10201
本件は,特許無効審判請求に対する一部無効・一部不成立審決のうち一部不成立部分の取消訴訟である。
事案の概要
平成29年1月31日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ワ)37954  198ViewsMoreinfo
承継参加申立事件(特許権・民事訴訟/デジタル格納部を備えた電子番組ガイド)
平成28(ワ)37954
本件は,発明の名称を「デジタル格納部を備えた電子番組ガイド」とする特許権を有する原告が,液晶テレビの販売等をする脱退被告の地位を承継した参加人に対し,これらの行為が上記特許権を侵害する旨主張して,特許法100条1項に基づき,同液晶テレビ製品の製造等の差止め,同条2項に基づき,同液晶テレビ製品の廃棄をそれぞれ求めるとともに,不法行為による損害賠償請求として,同法102条3項に基づいて計算した損害賠償金6億5880万円及びこれに対する上記不法行為(特許権侵害)の開始日とされる平成26年4月1日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成29年1月31日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ワ)13870  171ViewsMoreinfo
意匠権侵害差止等請求事件(意匠権・民事訴訟/運搬台車)
平成28(ワ)13870
本件は,意匠に係る物品を「運搬台車」とする意匠権を有する原告が,被告による被告製品(ただし,被告による正確な名称は「アルミ台車 CAF-6」)の製造等が上記意匠権を侵害すると主張して,被告に対し,意匠法37条1項に基づき被告製品の販売等の差止めを,同条2項に基づき被告製品及びその半製品の廃棄を,民法709条及び意匠法39条2項に基づき損害賠償金1078万5000円及びこれに対する不法行為の後である平成28年5月12日(訴状送達の日の翌日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成29年1月31日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成27(ワ)11185  153ViewsMoreinfo
特許権侵害差止等請求事件(特許権・民事訴訟)
平成27(ワ)11185
本件は,原告らが被告に対し,被告による被告製品の製造等が原告らの特許権を侵害すると主張して,特許法100条1項に基づき被告製品の製造等の差止めを,同条2項に基づき被告製品の廃棄を,民法709条及び特許法102条2項に基づき損害賠償金5億5000万円(一部請求)及びこれに対する不法行為の後である平成27年5月14日(訴状送達の日の翌日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成29年1月31日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成26(ワ)20319  58ViewsMoreinfo  up!
特許権侵害差止等請求事件(特許権・民事訴訟/盗難防止タグ,指示信号発信装置,親指示信号発信装置及び盗難防止装置)
平成26(ワ)20319
本件は,名称を「盗難防止タグ,指示信号発信装置,親指示信号発信装置及び盗難防止装置」とする発明(請求項の数9。以下,特許請求の範囲請求項1ないし4の発明をそれぞれ「本件発明1」ないし「本件発明4」,請求項7の発明を「本件発明6」といい,併せて「本件各発明」という。)についての特許権を有する原告が,被告の製造,販売,貸与する別紙被告製品目録記載1-1ないし4の盗難防止タグ及び盗難防止タグ用リモコン(以下,それぞれ「被告製品1-1」ないし「被告製品4」という。また,このうち被告製品1-1と1-2を併せて「被告製品1」という。)のうち被告製品1及び2は本件発明1ないし3の技術的範囲に,被告製品3及び4は本件発明4及び6の技術的範囲にそれぞれ属すると主張して,民法709条及び特許法102条2項に基づき,被告製品1ないし4の販売に係る損害合計6242万2510円及びこれに対する不法行為の後の日(訴状送達の日)である平成26年9月11日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成29年1月27日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [知財] [民事] 平成28(ネ)2241  99ViewsMoreinfo
不正競争行為差止等,不正競争行為差止請求控訴事件(不正競争・民事訴訟)
平成28(ネ)2241
本件は,控訴人全秦通商が,控訴人全秦通商の商品等表示として需要者の間に広く認識されている原判決別紙営業表示目録記載の各標章(以下,同目録記載の各標章を同目録記載の番号に従って「本件表示1」などといい,同目録記載の各標章を総称して「本件各表示」という。)と同一又は類似する標章及びドメイン名を使用する控訴人ソフィアらに対し,不正競争防止法2条1項1号(ドメイン名の使用については選択的に同項13号),3条に基づき,その使用の差止め及びその標章を付した営業表示物件の廃棄を求め(原審第1事件),控訴人ソフィアらが,被控訴人らに対し,本件各表示は控訴人全秦通商及び控訴人ソフィアらの商品等表示として需要者の間に広く認識されているとして,不正競争防止法2条1項1号,3条に基づき,被控訴人らによる本件表示1,2,4及び5の各標章の使用の差止めを求める(原審第2事件)事案である。
事案の概要
平成29年1月26日
大阪高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成28(ワ)17092  138ViewsMoreinfo
損害賠償等請求事件
平成28(ワ)17092
本件は,別紙原告商標権目録記載1及び2の各商標権(以下,これらを「本件各商標権」といい,それぞれを「本件商標権1」,「本件商標権2」という。また,その登録商標をそれぞれ「原告商標1」,「原告商標2」という。)を有する原告が,被告に対し,①被告が別紙被告標章目録記載1及び2の各標章(以下,それぞれを「被告標章1」,「被告標章2」という。)を使用したことが本件各商標権の侵害に当たると主張して, 民法709条及び商標法38条1項又は3項(選択的)に基づき賠償金3300万円(内金請求)及びこれに対する不法行為の後の日(訴状送達の日の翌日)である平成28年6月10日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払,⒝商標法39条,特許法106条に基づき,信用回復措置として謝罪広告(主位的)又は混同防止表示(予備的)の掲載をそれぞれ求めるとともに,②被告による被告ドメイン名の保有及び使用が不正競争防止法2条1項13号所定の不正競争に当たると主張して,同法3条1項に基づき被告ドメイン名の使用の差止めを求める事案である。
事案の概要
平成29年1月26日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成27(ワ)17716  144ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件(不正競争・民事訴訟)
平成27(ワ)17716
本件は,原告が,原告の元取締役である被告A及び被告B,後記本件財産処分行為の相手方等である被告ハートウィング及び被告振興協會並びに同被告らの各代表者である被告C及び被告Dに対し,被告Aによる原告の財産の処分等並びに被告ハートウィング及び被告振興協會による原告の顧客名簿の不正使用及び書簡送付等が取締役の任務懈怠ないし不法行為,不正競争防止法2条1項7号,15号等所定の不正競争(以下,同項各号所定の不正競争を「7号の不正競争」などという。)等に当たり,これにより9892万0867円の損害を被ったと主張して,①被告A及び被告Bに対し,会社法423条1項,430条に基づき,上記損害金及びこれに対する請求の日の後である平成27年7月24日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の連帯支払,②被告A,被告ハートウィング,被告C,被告振興協會及び被告Dに対し,民法709条,719条1項等に基づき,上記損害金及びこれに対する最終の不法行為の日である平成24年9月11日から支払済みまで上記割合による遅延損害金の連帯支払(被告Aに対しては上記①と選択的請求)を求める訴訟である。
事案の概要
平成29年1月26日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成27(ワ)29159  127ViewsMoreinfo
特許権侵害差止請求事件(特許権・民事訴訟/オキサリプラチン溶液組成物ならびにその製造方法及び使用)
平成27(ワ)29159
本件は,発明の名称を「オキサリプラチン溶液組成物ならびにその製造方法及び使用」とする特許権を有する原告が,被告に対し,被告製品の生産等が特許権侵害に当たると主張して,特許法100条1項及び2項に基づく被告製品の生産等の差止め及び廃棄を求める事案である。
事案の概要
平成29年1月26日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成27(ワ)16719  91ViewsMoreinfo
競業行為差止等請求事件(不正競争・民事訴訟)
平成27(ワ)16719
本件は,原告が,被告に対し,原告と被告との間の業務に関する基本契約期間中である平成25年12月29日に被告が原告の業務に関する情報を持ち出して失踪し,業務を放棄した上,上記契約の競業避止条項に反して原告の業務内容と同種の行為を行っており,不正競争防止法2条1項4号の不正競争がされるおそれがあると主張して,①上記競業避止条項又は同法3条1項に基づきパチンコ・スロットの販売及び開発を行っている会社において被告が業務を行うことの差止め,②上記契約の債務不履行に基づき損害賠償金5348万8863円及びこれに対する訴状送達の日の翌日である平成27年7月1日から支払済みまで商事法定利率年6分の割合による遅延損害金の支払,③不法行為に基づき損害賠償金748万4525円及びこれに対する不法行為の日である平成25年12月29日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成29年1月26日
東京地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ