裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

下級裁判所裁判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 下級裁判所裁判例集 (降順 ; 裁判年月日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9147

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[下級] [民事] 平成27(ワ)34  52ViewsMoreinfo  up!
妨害予防等請求事件
平成27(ワ)34
本件は,四国八十八ヶ所霊場(以下「四国霊場」という。)の関係者によって組織された権利能力なき社団である原告が,四国霊場第62番札所である宝寿寺の住職である被告に対し,参詣者の巡礼を妨害する行為,原告が定める納経所の運営要領(以下「本件運営要領」という。)に違反する行為,原告正会員の会費未払がある旨主張し,①定款又は宗教的人格権に基づく妨害予防請求として,四国霊場巡礼の妨害禁止を求め(請求1),②定款又は宗教的人格権に基づく履行請求として宝寿寺の納経所につき本件運営要領の定めを遵守した運営行為を求める(請求2)とともに,③定款に基づく会費請求として,平成21年度から平成26年度までの滞納会費合計72万円(附帯請求として訴状送達の日の翌日である平成27年4月9日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金)の支払を求めた(請求3)事案である。
事案の概要
平成29年3月22日
高松地方裁判所 丸亀支部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成28(わ)221  107Views
窃盗,窃盗未遂,死体遺棄
平成29年3月14日
名古屋地方裁判所 豊橋支部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成28(わ)333  149Views
過失運転致死
平成29年3月8日
名古屋地方裁判所 一宮支部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成26(ワ)12403  94ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成26(ワ)12403
本件は,原告大学が,ヒト細胞を使用したがん細胞モデルを作成する研究(以下「本件研究」という。)に使用する目的で,B株式会社,C株式会社を通じ,被告が製造するヒト細胞であるMiaPaCa2-RFP細胞(以下「本件買受申込細胞」という。)を購入したところ,平成23年12月16日,被告が,ヒト細胞である本件買受申込細胞を供給すべき注意義務に反し,ヒト細胞ではない細胞を原告大学に納品したため(以下,原告大学に実際に納品された細胞を「本件納品細胞」という。),原告大学は,研究のやり直し等の損害が生じたとして,被告に対し,不法行為に基づく損害賠償請求として,465万5788円及びこれに対する不法行為日より後の日である平成23年12月17日から支払済みまで民法所定の年5%の割合による遅延損害金の支払を求め,本件研究を統括していた原告Aは,本件納品細胞を使用した誤った研究結果の発表を行った結果,社会的な信用を失墜し,精神的な苦痛を被ったとして,被告に対し,不法行為に基づく損害賠償請求として,100万円及びこれに対する不法行為日より後の日である平成23年12月17日から支払済みまで民法所定の年5%の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成29年3月6日
大阪地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] 平成28(行ウ)26  156ViewsMoreinfo
公文書非公開決定取消
平成28(行ウ)26
本件は,原告が,神戸市情報公開条例(平成13年条例第29号。以下「本件条例」という。)に基づき,本件条例所定の実施機関である神戸市教育委員会に対し,平成25年度までの教職員による事故報告書の公開を請求したところ,平成26年12月26日付けで別紙「文書目録兼非公開部分一覧表」記載の各文書(以下,同別紙記載順に「本件文書1」などといい,これらを併せて「本件各文書」という。)につき,同別紙の「非公開部分」欄記載の各部分(以下「本件非公開部分」という。)を含む一部を非公開とし,その余の部分を公開する旨の公文書公開決定(以下「本件決定」という。)を受けたため,本件決定のうち本件非公開部分を非公開とした部分の取消しを求める事案である。
事案の概要
平成29年3月2日
神戸地方裁判所 第2民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [労働] 平成26(行ウ)16  1623ViewsMoreinfo
公務外認定処分取消請求事件
平成26(行ウ)16
本件は,A商業高校で教諭として勤務していた訴外甲が死亡したことについて,訴外甲の父である原告が,地方公務員災害補償基金愛知県支部長に対し,訴外甲の死亡はA商業高校における過重な公務に起因すると主張して,地方公務員災害補償法(以下「地公災法」という。)に基づく公務災害認定請求をしたところ,同支部長から,平成24年1月12日付けで,訴外甲の死亡を公務外の災害と認定する処分(以下「本件処分」という。)を受けたため,原告が,被告に対し,本件処分の取消しを求める事案である。
事案の概要
平成29年3月1日
名古屋地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成23(ワ)1595  55ViewsMoreinfo  up!
損害賠償等
平成23(ワ)1595
本件は,被告会社ないし被告Cが管理する宿泊施設で生活していた原告らが,①被告会社及び被告Cにより生活保護費を不当に搾取され,生存権等の人権を侵害されたなどと主張して,被告会社については,民法709条に基づき,被告Cについては,民法709条又は会社法429条1項に基づき,連帯して慰謝料各100万円及びこれに対する不法行為の終了日である平成22年9月6日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払をそれぞれ求め,また,②同施設で生活するに当たり,被告Cとの間で締結された後記本件契約は,公序良俗に反して無効であり,また,特定商取引に関する法律(以下「特商法」という。)4条又は5条に違反しており,特商法9条1項に基づき解除したと主張して(ただし,特商法違反の主張は原告Aに限る。),被告Cに対し,原告Aは,不当利得返還請求権又は解除による原状回復請求権に基づき,29万6348円及びこれに対する第1事件訴状送達の日の翌日である平成23年7月2日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を,原告Bは,不当利得返還請求権に基づき,561万4221円及びこれに対する第2事件訴状送達の日の翌日である平成23年10月20日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払をそれぞれ求め,さらに,③原告Bは,被告会社及び被告Cの管理下において労働に従事させられ,これに起因する事故に遭ったと主張して,被告らに対し,債務不履行(安全配慮義務違反)に基づく損害賠償として,連帯して1944万6586円及びこれに対する第2事件訴状送達の日の翌日である平成23年10月20日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成29年3月1日
さいたま地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成28(ネ)549  85ViewsMoreinfo
参拝差止等請求控訴事件
平成28(ネ)549
本件は,控訴人らが,被控訴人安倍が平成25年12月26日に内閣総理大臣として靖國神社を参拝したこと(以下「本件参拝」という。)及び被控訴人靖國神社が被控訴人安倍による本件参拝を積極的に受け入れたこと(以下「本件参拝受入れ」という。)により,控訴人らの内心の自由形成の権利,信教の自由確保の権利,回顧・祭祀に関する自己決定権及び平和的生存権等が侵害され,精神的苦痛を受けたとして,被控訴人安倍及び被控訴人靖國神社に対しては民法709条,被控訴人国に対しては国家賠償法1条1項に基づき,控訴人らそれぞれに対して1万円及びこれに対する本件参拝の日である平成25年12月26日から支払済みまで民法所定年5分の割合による遅延損害金の連帯支払を求めるとともに,人格権及び内心の自由,信教の自由並びに平和的生存権等の憲法上の基本的人権等に基づき,被控訴人安倍に対して内閣総理大臣としての靖國神社への参拝の差止め(以下「本件参拝差止請求」という。)を,被控訴人靖國神社に対して被控訴人安倍の内閣総理大臣としての参拝の受入れの差止め(以下「本件参拝受入差止請求」という。)をそれぞれ求めたところ,原審が,控訴人らの請求をいずれも棄却する旨の判決をしたので,控訴人らがこれを不服として控訴し,「第1 控訴の趣旨」に記載のとおりの判決を求めた事案である。
事案の概要
平成29年2月28日
大阪高等裁判所 第9民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成28(わ)1062  114Views
入札談合等関与行為の排除及び防止並びに職員による入札等の公正を害すべき行為の処罰に関する法律違反,公契約関係競売入札妨害,加重収賄,贈賄
平成29年2月24日
神戸地方裁判所 第2刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成28(わ)430  82ViewsMoreinfo
現住建造物等放火被告事件
平成28(わ)430
集合住宅の一室に放火した現住建造物等放火被告事件(自白)において,被告人に懲役2年6月を言い渡した事例
判示事項の要旨
平成29年2月23日
札幌地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成28(わ)369  150ViewsMoreinfo
覚せい剤取締法違反,関税法違反,麻薬及び向精神薬取締法違反被告事件
平成28(わ)369
被告人が,氏名不詳者らと共謀の上,営利の目的で,スーツケース内に覚せい剤の結晶を隠し入れて日本国内に持ち込み輸入したなどとする覚せい剤取締法違反,関税法違反,麻薬を所持した麻薬及び向精神薬取締法違反の事案について,覚せい剤輸入に関し,少なくとも覚せい剤を含む違法薬物かもしれないという認識を持っていたとして故意を認め,被告人に懲役9年及び罰金350万円を言い渡した事例
判示事項の要旨
平成29年2月22日
札幌地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成23(ワ)1238  142ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成23(ワ)1238
本件は,自身又はその被相続人が建築作業に従事して石綿肺,肺がん又は中皮腫に罹患したと主張する原告らが, 上記疾病は建築作業に従事した際に石綿粉じんに曝露したことによって発症したものであるところ,被告国は,石綿の有する発がん性その他の生命身体に対する危険性に鑑みて,石綿を含有する建築材料(以下「石綿含有建材」という。)の製造販売を禁止するか,又は建築作業従事者の石綿粉じんへの曝露(以下「石綿曝露」ともいう。)を防止するため,建築作業従事者の使用者に対して建築現場における防じんマスクや除じん装置付き電動工具等の使用を義務付け,若しくは石綿含有建材を製造販売する事業者に対して石綿の有する発がん性その他の生命身体に対する危険性に関する警告表示を義務付けるなど,適時にかつ適切にその規制権限を行使すべきであったのにこれを怠り,また,石綿含有建材の建築基準法上の指定,認定を取り消し,又は何らかの条件を付して新たな指定,認定をするなど,適時にかつ適切にその規制権限を行使すべきであったのにこれを怠った等と主張して,被告国に対し,国家賠償法1条1項に基づく損害賠償として,被告国以外の被告ら(以下「被告企業ら」という。)と連帯して総額9億6250万円(建築作業従事者であった原告又は原告の建築作業従事者であった被相続人(以下,これらの建築作業従事者を併せて「本件被災者ら」といい,個々の建築作業従事者をそれぞれ「被災者」ともいう。)1名につき一律に慰謝料3500万円及び弁護士費用350万円)並びにこれに対する違法行為後の日である本件被災者らの労災療養開始日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金を支払うように求めるとともに, 被告企業らは,石綿の有する発がん性その他の生命身体に対する危険性に鑑みて,石綿含有建材の製造販売を中止するか,又は石綿の有する発がん性その他の生命身体に対する危険性に関する警告表示をすべきであったのにこれを怠った等と主張して,被告企業らに対し,民法719条1項前段若しくは同項後段又は製造物責任法3条に基づく損害賠償として,被告国及び自身以外の被告企業らと連帯して上記金員を支払うように求める事案である。
事案の概要
平成29年2月14日
札幌地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成26(ワ)1195  284ViewsMoreinfo
損害賠償等
平成26(ワ)1195
本件は,被告が平成18年4月1日に開園した本件保育園の近隣に居住する原告が,本件保育園の園児が園庭で遊ぶ際に発する声等の騒音が受忍限度を超えており,日常生活に支障を来し,精神的被害を被っていると主張し,不法行為による損害賠償請求権に基づき,一部請求として,慰謝料100万円及びこれに対する不法行為以降の日である平成23年7月1日から支払済みまで民法所定の年5分の割合の遅延損害金の支払を求めるとともに,人格権に基づき,本件保育園の敷地北側境界線(以下「本件境界線」という。)上において本件保育園からの騒音が50dB(LA5)以下となるような防音設備の設置を求める事案である。
事案の概要
平成29年2月9日
神戸地方裁判所 第2民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] 平成26(行ウ)230  161ViewsMoreinfo
公務外認定処分取消請求事件
平成26(行ウ)230
本件事案の概要(1) 大阪府の職員であったAは,平成23年3月11日午後2時46分に発生した宮城県沖を震源地とする巨大地震(以下「東日本大震災」という。)の被災支援のため岩手県に避難所等を巡回する自動車運転手業務に従事するために派遣されていたところ,同派遣中に死亡した。Aの妻である原告は,Aが死亡したのは公務上の災害によるものであるとして地方公務員災害補償基金大阪府支部長(以下「処分行政庁」という。)に対し,公務災害認定請求をしたところ,処分行政庁は,平成24年8月30日,Aに生じた疾病は公務上の災害とは認められないとして公務外認定処分(以下「本件処分」という。)をした。(2) 本件は,原告が被告に対し,本件処分の取消しを求める事案である。
事案の概要
平成29年2月6日
大阪地方裁判所 第5民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成26(ワ)168  122ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成26(ワ)168
本件は,被告会社の従業員であったG(平成24年5月15日死亡。以下「亡G」という。)の相続人である原告らが,被告会社が労働者の労働時間を適正に把握し,適正に管理する義務を怠り,亡Gを長時間労働等の過重な業務に従事させたため,亡Gが致死性不整脈により死亡したなどと主張して,被告会社に対し,不法行為による損害賠償として,亡G死亡時に被告会社の代表取締役であった被告D,被告E及び被告F(以下「被告代表者ら」という。)に対し,会社法429条1項に基づく損害賠償として,原告Aは4598万2861円及びこれに対する遅延損害金,原告B及び原告Cはそれぞれ2495万7600円及びこれらに対する遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成29年1月30日
津地方裁判所 民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成28(わ)144  222ViewsMoreinfo
住居侵入,殺人,殺人未遂,銃砲刀剣類所持等取締法違反,未成年者略取被告事件
平成28(わ)144
被告人が,元妻の母親を殺害し,元妻に重傷を負わせた上,元妻が監護する1歳8か月の実子を連れ去るなどした住居侵入,殺人,殺人未遂,銃砲刀剣類所持等取締法違反,未成年者略取の事案について,被告人に懲役28年を言い渡した事例
判示事項の要旨
平成29年1月27日
札幌地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [知財] [民事] 平成28(ネ)2241  139ViewsMoreinfo
不正競争行為差止等,不正競争行為差止請求控訴事件(不正競争・民事訴訟)
平成28(ネ)2241
本件は,控訴人全秦通商が,控訴人全秦通商の商品等表示として需要者の間に広く認識されている原判決別紙営業表示目録記載の各標章(以下,同目録記載の各標章を同目録記載の番号に従って「本件表示1」などといい,同目録記載の各標章を総称して「本件各表示」という。)と同一又は類似する標章及びドメイン名を使用する控訴人ソフィアらに対し,不正競争防止法2条1項1号(ドメイン名の使用については選択的に同項13号),3条に基づき,その使用の差止め及びその標章を付した営業表示物件の廃棄を求め(原審第1事件),控訴人ソフィアらが,被控訴人らに対し,本件各表示は控訴人全秦通商及び控訴人ソフィアらの商品等表示として需要者の間に広く認識されているとして,不正競争防止法2条1項1号,3条に基づき,被控訴人らによる本件表示1,2,4及び5の各標章の使用の差止めを求める(原審第2事件)事案である。
事案の概要
平成29年1月26日
大阪高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成28(わ)148  178Views
詐欺,殺人
平成29年1月26日
神戸地方裁判所 姫路支部 刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成28(わ)3484  179ViewsMoreinfo
道路交通法違反,危険運転致死被告事件
平成28(わ)3484
運転経験がないのに普通乗用自動車を運転し,被害者運転の自転車との衝突事故を起こし,被害者を死亡させたという未熟運転致死等の事案について,悪質な事案ではあるものの,その目的や犯行に至る経緯からすれば,故意の犯罪行為により人を死亡させた事案の中では反社会性が強いとまでは評価できず,被告人の年齢,非行歴,反省の程度,被告人の負った手続的負担も考慮して保護許容性を認め,保護可能性の存在も明らかであるとして,事件を家庭裁判所に移送する旨決定した事案(裁判員裁判実施事件)
判示事項の要旨
平成29年1月24日
大阪地方裁判所 第7刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成27(わ)951  249ViewsMoreinfo
建造物侵入,窃盗,傷害致死被告事件
平成27(わ)951
被告人両名が,共謀の上,ひったくり及び複数回の侵入盗をしたほか,知人である被害者に対して,複数の薬物を多量に混入したアルコール飲料等を飲ませて死亡させた傷害致死等被告事件において,被告人両名にいずれも懲役8年を言い渡した事例
判示事項の要旨
平成29年1月24日
札幌地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ