裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

下級裁判所裁判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 下級裁判所裁判例集 (盛岡地方裁判所 ; 降順 ; 裁判年月日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[下級] 平成30(行ウ)8  332ViewsMoreinfo
旧庁舎解体等公金支出等差止請求事件
平成30(行ウ)8
本件は,岩手県上閉伊郡大槌町の住民である原告らが,大槌町旧役場庁舎(一部)の解体工事に関して,同解体工事に係る請負契約に地方財政法8条の趣旨に反して無効事由,解除事由若しくは契約解消事由があるから,又は,解体工事に20係る公金の支出の決定過程に地方自治法218条に反する事由があるから,大槌町長である被告において上記公金を支出することは違法であると主張して,被告に対し,地方自治法242条の2第1項1号に基づき,上記解体工事の執行の差止めと上記公金の支出の差止めをそれぞれ求める住民訴訟である。
事案の概要
平成31年1月17日
盛岡地方裁判所 民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成30(わ)28  310Views
業務上過失致死被告事件
平成30年9月14日
盛岡地方裁判所 刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成26(ワ)191  713ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成26(ワ)191
甲事件は,被告が設置する釜石市立ⓐ幼稚園(以下「本件幼稚園」という。)の臨時職員として勤務していた亡Ⓖが,東北地方太平洋沖地震(以下「本件地震」という。)発生後,岩手県釜石市ⓐ町に存する釜石市ⓐ地区防災センター(以下「本件センター」という。)に避難し,本件地震に伴う津波(以下「本件津波」という。)に巻き込まれて死亡したのは,被告が,本件センターが津波発生時に避難すべき場所でないことを周知すべき義務や,本件幼稚園におけるⒼに対する安全配慮義務を怠ったためであるなどとして,Ⓖの相続人である甲事件原告らが,被告に対し,主位的に,国家賠償法(以下「国賠法」という。)1条1項に基づき,Ⓖ及び甲事件原告らに生じた各損害の賠償金及びⒼの死亡日である平成23年3月11日以降の遅延損害金の各支払を,予備的に,安全配慮義務に違反したとして債務不履行に基づき,上記各損害の賠償金及び請求の後の日である平成26年3月11日以降の遅延損害金の各支払を求めた事案である。
乙事件は,原告Ⓓ及び亡Ⓗが,本件地震発生後に本件センターに避難して本件津波に巻き込まれ,うち原告Ⓓが後遺障害を負い,Ⓗが死亡したのは,被告が,本件センターが津波発生時に避難すべき場所でないことを周知すべき義務を怠ったためであるなどとして,Ⓗの相続人である乙事件原告らが,被告に対し,国賠法1条1項に基づき,Ⓗ及び乙事件原告らに生じた各損害の賠償金並びにⒽが死亡し,原告Ⓓが後遺障害を負った日である平成23年3月11日以降の遅延損害金の各支払を求めた事案である。
事案の概要
平成29年4月21日
盛岡地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成19(わ)300  2250ViewsMoreinfo
強盗殺人被告事件
平成19(わ)300
被告人が,強盗目的で寺の住職とその母を同寺内で殺害し,現金約15万円を強取したという公訴事実に対し,殺害時において強盗の犯意はなく,住職からの侮辱によって激高し殺害したという被告人側の主張を認めず,死刑を言い渡した事例
判示事項の要旨
平成20年10月8日
盛岡地方裁判所 刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ