裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

下級裁判所裁判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 下級裁判所裁判例集 (さいたま地方裁判所 ; 降順 ; 裁判年月日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[下級] [民事] 平成27(ワ)1378  813ViewsMoreinfo
平成27(ワ)1378
本件は,原告が被告(さいたま市)に対し,①かたばみ三橋俳句会(以下「本件句会」という。)と三橋公民館は,本件句会が三橋公民館に提出した俳句を同公民館が発行する公民館だより(本件たより)に掲載する合意をしたと主張し,同合意に基づき,原告が詠んだ俳句(本件俳句)を本件たよりに掲載することを求めるとともに,②三橋公民館(その職員ら)が,本件俳句を本件たよりに掲載しなかったことにより精神的苦痛を受けたと主張し,国家賠償法1条1項に基づき,慰謝料200万円及びこれに対する本件俳句が掲載されなかった本件たよりの発行日である平成26年7月1日から支払済みまで民法所定年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成29年10月13日
さいたま地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] 平成27(行ウ)12  777ViewsMoreinfo
埼玉県議会政務調査費返還
平成27(行ウ)12
本件は,埼玉県の住民である原告が,埼玉県議会(以下,単に「県議会」という。)の会派である被告補助参加人らは,平成23年度及び平成24年度に交付を受けた県政調査費並びに平成25年度に交付を受けた政務活動費(以下,県政調査費と併せて「政務活動費等」という。)を違法に支出し,支出相当額を不当に利得したのに,埼玉県の執行機関である被告は,その返還請求を怠っているなどと主張して,被告に対し,地方自治法242条の2第1項4号に基づき,被告補助参加人民進党・無所属の会(旧名称「民主党・無所属の会」。以下「無所属の会」という。)に対して335万2522円,被告補助参加人刷新の会(以下「刷新の会」といい,無所属の会と併せて「本件各会派」という。)に対して1752万6757円の支払を請求することを求める住民訴訟である。
事案の概要
平成29年8月30日
さいたま地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成26(ワ)2274  675ViewsMoreinfo
損害賠償
平成26(ワ)2274
本件は,原告らが,原告Aと原告弁護士らとの再審請求ないし国家賠償請求訴訟(以下「国賠訴訟」という。)等の準備を目的とする別紙面会状況表記載の平成21年6月26日から平成26年1月22日までの計253回の各面会(以下「本件各面会」という。以下,同表記載の各面会について,同表記載の番号に従い,「本件面会1」のようにいう。ただし,156及び162は面会が実施されておらず,254のYは本件訴訟の原告となっていないので,欠番とする。)について,拘置所の職員の立会いのない面会(以下「秘密面会」という。)を許さず,また,面会時間を30分に制限した東京拘置所長の措置(以下,併せて「本件各措置」という。)が違法であると主張して,被告に対し,国家賠償法(以下「国賠法」という。)1条1項に基づき,慰謝料として,原告Aは100万円,原告弁護士らはそれぞれ30万円及びこれらに対する訴状送達の日の翌日である平成26年12月25日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による各遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成29年5月24日
さいたま地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] 平成26(行ウ)52  655ViewsMoreinfo
旅費等返還請求履行
平成26(行ウ)52
本件は,戸田市議会が,平成25年10月16日から同月21日までの間,同市議会議員(当時)であるα,β,γ,δ及びε(以下,併せて「本件議員ら」という。)を海外に派遣し,その旅費等を支出したことについて,戸田市の住民である原告らが,上記の派遣に係る決定及び支出は違法であり,本件議員らは支出に係る旅費等相当額を不当に利得したのに,同市の執行機関である被告は,その返還請求を怠っていると主張して,地方自治法242条の2第1項4号に基づき,被告に対し,本件議員らにそれぞれ47万8800円(合計239万4000円)の支払を請求することを求める住民訴訟である。
事案の概要
平成29年5月24日
さいたま地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成23(ワ)1595  1239ViewsMoreinfo
損害賠償等
平成23(ワ)1595
本件は,被告会社ないし被告Cが管理する宿泊施設で生活していた原告らが,①被告会社及び被告Cにより生活保護費を不当に搾取され,生存権等の人権を侵害されたなどと主張して,被告会社については,民法709条に基づき,被告Cについては,民法709条又は会社法429条1項に基づき,連帯して慰謝料各100万円及びこれに対する不法行為の終了日である平成22年9月6日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払をそれぞれ求め,また,②同施設で生活するに当たり,被告Cとの間で締結された後記本件契約は,公序良俗に反して無効であり,また,特定商取引に関する法律(以下「特商法」という。)4条又は5条に違反しており,特商法9条1項に基づき解除したと主張して(ただし,特商法違反の主張は原告Aに限る。),被告Cに対し,原告Aは,不当利得返還請求権又は解除による原状回復請求権に基づき,29万6348円及びこれに対する第1事件訴状送達の日の翌日である平成23年7月2日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を,原告Bは,不当利得返還請求権に基づき,561万4221円及びこれに対する第2事件訴状送達の日の翌日である平成23年10月20日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払をそれぞれ求め,さらに,③原告Bは,被告会社及び被告Cの管理下において労働に従事させられ,これに起因する事故に遭ったと主張して,被告らに対し,債務不履行(安全配慮義務違反)に基づく損害賠償として,連帯して1944万6586円及びこれに対する第2事件訴状送達の日の翌日である平成23年10月20日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
事案の概要
平成29年3月1日
さいたま地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成24(わ)2085  989ViewsMoreinfo
住居侵入,強盗殺人,死体遺棄被告事件
平成24(わ)2085
被害者の遺体の状況に加えて,その遺体等に付着した物から被告人のものと同一のDNA型が検出されたことなどから,被告人が被害者方に侵入した上,被害者を殺害するなどした犯人であり,その他の情況証拠も併せて強盗殺人罪の成立が認められるとした事例
判示事項の要旨
平成26年4月30日
さいたま地方裁判所 第3刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成25(ワ)1826  835ViewsMoreinfo
保証債務履行請求事件
平成25(ワ)1826
仮執行宣言付支払督促を有する債権者が時効中断のために給付訴訟を提起したが,その一部に時効中断の必要が認められないときに,既判力を有しない債務名義に表示された債権の存在又は内容に争いがある場合には,同一の債権に基づき給付訴訟を提起する訴えの利益を認めるべきであるとして,訴えの利益を認めた事例
判示事項の要旨
平成26年4月30日
さいたま地方裁判所 第1民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] 平成24(行ウ)23  1395ViewsMoreinfo
運転免許取消処分取消請求事件
平成24(行ウ)23
本件は,埼玉県公安委員会から平成23年9月28日付けで運転免許取消処分(以下「本件処分」という。)を受けた原告が,本件処分の基礎とされた同年4月22日発生の交通事故(以下「本件事故」という。)に係る救護義務違反は存在しない等と主張して,本件処分の取消しを求めた事案である。
事案の概要
平成25年9月25日
さいたま地方裁判所 第4民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] 平成23(行ウ)46  1220ViewsMoreinfo
下水道使用料納入通知処分取消請求事件(甲事件),下水道使用料納入通知処分取消請求事件(乙事件),過料処分取消請求事件(丙事件)
平成23(行ウ)46
A市条例を解釈する際には,下水道法20条の趣旨を考慮することが必要であり,汚水排除量の算定方法を定めた「それ(計測装置)がないとき」(A市条例17条1項2号)とは,計測装置を設置していたとしても,故障等何らかの事情で揚水量の全てを正確に測定できなかった場合も含むと解釈すべきところ,本件では,本管には計測装置があるが,迂回配管に計測装置がなく計測装置により揚水量の全てを正確に計測することができなかったのであるから「それ(計測装置)がないとき」にあたり同条例別表第2に定める基準で算定されるべきである。また,汚水排除量の算定基準の規定の解釈は,下水道使用料の性質にかんがみて,その文言から一義的に導ける範囲に留めるべきであるところ,「浴場汚水」は同条例で「公衆浴場法(昭和23年法律第139号)の規定による浴場から排除される汚水」と明確に定義されているのであるから「公衆浴場汚水」とは特段の限定を加えることなく「温湯,潮湯又は温泉その他を使用して,公衆を入浴させる施設(公衆浴場法1条1項)から排水される汚水」を指すと解するほかなく,本件施設から排水される汚水には「浴場汚水」の算定基準を適用するのが相当である。結論として,A市長による下水道使用料の算定方法を違法とし,また,前記の正しい算定方法により算定した場合に原告らが支払うべき下水道使用料が既払下水道使用料を超えることの証明はないとして,本件各処分の全部を違法として原告らの請求を全部認容した。
判示事項の要旨
平成25年9月25日
さいたま地方裁判所 第4民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成22(わ)343  1476ViewsMoreinfo
組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律違反(変更後の訴因 組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律違反,銃砲刀剣類所持等取締法違反),銃砲刀剣類所持等取締法違反
平成22(わ)343
本件は,A1組の直参組員であるとともに,二次団体であるA2一家総長(首領)である被告人が,その傘下組織の構成員が殺害されたことから,報復してA2一家の威信を保つため,配下の暴力団構成員らと共謀の上,A2一家の活動として組織により,対立する暴力団組織の構成員に対しけん銃2丁を発射して殺害し,その際,同けん銃2丁をこれに適合する実包と共に所持した,という組織的犯罪処罰法の加重殺人,銃砲刀剣類所持等取締法の組織的なけん銃発射及びけん銃の加重所持の事案である。
事案の概要
平成25年7月18日
さいたま地方裁判所 第1刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成19(ワ)1626  1602ViewsMoreinfo
国家賠償請求事件
平成19(ワ)1626
生活保護実施機関には,生活保護の開始の申請があった際にはこれを審査し,応答する義務があるとともに,相談者の申請権を侵害しない義務があるところ,生活保護の申請に訪れた原告らへの福祉事務所職員の対応に上記各義務違反があったとして,また,生活保護開始決定後も住宅扶助を支給しないなどの職務上の義務違反があったとして,市に対する国家賠償請求が一部認められた事案。
判示事項の要旨
平成25年2月20日
さいたま地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成23(わ)1544  1813ViewsMoreinfo
窃盗,強盗殺人,殺人被告事件
平成23(わ)1544
年金を横取りする目的で知人男性を殺害し,その約1年半後に交際相手の女性を同女の些細な言動に腹を立てて殺害した被告人に対し,検察官が死刑を求刑したが,殺害に至る経緯や被告人が反省していることなどから無期懲役を言い渡した事例
判示事項の要旨
平成24年11月6日
さいたま地方裁判所 第2刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成22(ワ)3472  1306ViewsMoreinfo
地位確認及び未払賃金等請求事件
平成22(ワ)3472
本件は,出入国管理及び難民認定法(以下「入管法」という。)における外国人研修・技能実習制度の下,第一次受入れ機関を被告E協同組合(以下「被告組合」という。),第二次受入れ機関を訴外株式会社F(以下「訴外F」という。)として,本邦に入国し,在留した原告らが,平成19年12月5日から平成20年12月5日までの研修期間及び同月6日から平成22年12月5日までの技能実習期間を通じて,訴外Fの名義を利用する被告Dと雇用関係にあったとして,①原告A及び原告B(以下「原告Aら」という。)が,被告Dに対し,それぞれ,被告Dの責めに帰すべき事由により就労することができなかった同年8月18日から同年12月4日までの期間における最低賃金法所定の賃金44万5080円及びこれに対する退職の日後の賃金支払期日の翌日である同月11日から支払済みまで賃金の支払の確保等に関する法律所定年14.6パーセントの割合による遅延利息並びに同月10日までに確定した民法所定年5パーセントの割合による遅延損害金2425円の支払(前記第1請求1項,4項),②平成19年12月12日から平成22年8月17日までの期間における既払額と最低賃金法所定の賃金等との差額として,被告Dに対し,原告Aが249万8166円及びこれに対する最終支払期日の翌日である同年9月11日から支払済みまで賃金の支払の確保等に関する法律所定年14.6パーセントの割合による遅延利息の,原告Bが246万0591円及びこれに対する最終支払期日の翌日である上記同日から支払済みまで民法所定年5パーセントの割合による遅延損害金の各支払(同2項,5項),③労働基準法114条所定の付加金として,被告Dに対し,原告Aが63万3438円の,原告Bが59万9498円の各支払(同3項,6項)を求めるとともに,④被告組合が,訴外Fが第二次受入れ機関の要件を欠くことを認識していながら原告らを受け入れ,研修を適切に監理しなかったことなどにより,原告らが未払賃金に相当する金額の損害を被ったほか,精神的苦痛を受けたとして,不法行為に基づく損害賠償として,被告組合に対し,原告Aが349万8166円及びこれに対する不法行為があった日よりも後である同年9月11日から支払済みまで民法所定年5パーセントの割合により遅延損害金の,原告Bが346万0591円及びこれに対する不法行為があった日よりも後である上記同日から支払済みまで民法所定年5パーセントの割合による遅延損害金の,原告Cが309万2333円及びこれに対する不法行為があった日よりも後である同年4月11日から支払済みまで民法所定年5パーセントの割合による遅延損害金の各支払(同7ないし9項)を求める事案である。
事案の概要
平成24年10月24日
さいたま地方裁判所 第4民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成22(ワ)3906  1820ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成22(ワ)3906
石綿セメント管を製造していた会社の従業員に対する安全配慮義務違反が認められた事案
判示事項の要旨
平成24年10月10日
さいたま地方裁判所 第2民事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成24(わ)351  1566ViewsMoreinfo
覚せい剤取締法違反(変更後の訴因 覚せい剤取締法違反,関税法違反)被告事件
平成24(わ)351
覚せい剤を密輸し空港税関検査室に設置された便所の便器内に隠匿したという事件について,被告人以外の者が隠した可能性が否定できないとして無罪を言い渡した事例
判示事項の要旨
平成24年10月9日
さいたま地方裁判所 第2刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成23(わ)1721  1687ViewsMoreinfo
傷害致死被告事件
平成23(わ)1721
被告人が,重度の身体障害を持つ長男のリハビリの際に,長男の背後から両脇を両手で抱えて同人を持ち上げる立位保持の体勢から,その両手を放せば同人が崩れ落ちるかもしれないことを認識しながら,あえてその両手を放して同人を尻から畳の上に崩れ落ちさせ,さらに,その右脇及びでん部を抱えて持ち上げた同人をクッションの上に放り投げる暴行を加えて死亡させたとされる傷害致死の事案について,暴行該当性及び故意を認め,被告人を懲役2年に処した裁判員裁判の事例
判示事項の要旨
平成24年7月17日
さいたま地方裁判所 第4刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成21(わ)1809  3103ViewsMoreinfo
詐欺,詐欺未遂,窃盗,殺人被告事件
平成21(わ)1809
結婚するように装うなどして受け取った現金の返済等を免れるため,それぞれ練炭を燃焼させて3名を殺害するなどしたとされる殺人等の事案について,複数の間接事実を総合的に検討した上で,事件性及び犯人性等を認めて各犯罪事実を認定し,被告人を死刑に処した裁判員裁判の事例
判示事項の要旨
平成24年4月13日
さいたま地方裁判所 第4刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成23(わ)1716  1430ViewsMoreinfo
保護責任者遺棄,暴行
平成23(わ)1716
被告人が,弟と共謀の上,実子である当時5歳の被害者に対し,十分な食事を与えたり適切な医療措置を受けさせたりするなどの生存に必要な保護をしなかった保護責任者遺棄及び同じ被害者に対する暴行の事案について,犯行に至る経緯や不保護の態様の悪質さ等を考慮して,被告人を懲役3年6月に処した事例
判示事項の要旨
平成24年2月28日
さいたま地方裁判所 第3刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成22(わ)1054  1160ViewsMoreinfo
殺人,銃砲刀剣類所持等取締法違反,詐欺
平成22(わ)1054
被告人が,いずれも従兄弟と共謀の上,従兄弟の養母を殺害して死亡保険金を詐取し,さらに,金銭トラブルからおじを殺害した事案について,被告人を死刑に処した裁判員裁判の事例
判示事項の要旨
平成24年2月24日
さいたま地方裁判所 第1刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成21(わ)2107  3006ViewsMoreinfo
強姦致傷
平成21(わ)2107
強姦致傷罪で起訴された被告人につき,犯人性が争われるも,被害者の犯人類似供述及び遺留された精液のDNA型鑑定の信用性を肯定し,懲役6年に処した事例
判示事項の要旨
平成23年12月20日
さいたま地方裁判所 第3刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ