裁判所判例Watch

カレンダー

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

2月15日取得の新着裁判例

法律新刊書籍

カテゴリー > 2月15日取得の新着裁判例 (降順 ; 裁判年月日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[知財] [民事] 平成30(ネ)10067  66ViewsMoreinfo
商号使用禁止等請求控訴事件(その他・民事訴訟)
平成30(ネ)10067
本件は,控訴人が,被控訴人による「ワイケイサービス株式会社」の商号(以下「被告商号」という。)の使用が,控訴人と被控訴人間の黙示の商号使用禁止の合意に違反し,又は不正の目的をもってした控訴人と誤認されるおそれのある商号の使用に当たる旨主張して,被控訴人に対し,商号使用禁止の合意又は会社法8条に基づき,被告商号の使用の差止め及び商号の登記の抹消登記手続を求める事案である。
事案の概要
平成31年2月14日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [刑事] 平成30(し)584  98ViewsMoreinfo
再審請求棄却決定に対する即時抗告棄却決定に対する特別抗告事件
平成30(し)584
刑訴法435条1号にいう「確定判決」の意義
判示事項
平成31年2月12日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [民事] 平成30(許)10  108ViewsMoreinfo
移送決定に対する抗告棄却決定に対する許可抗告事件
平成30(許)10
離婚訴訟において原告と第三者との不貞行為を主張して請求棄却を求めている被告が上記第三者を相手方として提起した上記不貞行為を理由とする損害賠償請求訴訟は,人事訴訟法8条1項の関連請求に係る訴訟に当たる
判示事項
平成31年2月12日
最高裁判所第三小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成30(行ケ)10100  49Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/経皮吸収製剤,経皮吸収製剤保持シート,及び経皮吸収製剤保持用具)
平成31年2月6日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成30(行ケ)10154  49Views
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟/コナミスポーツクラブマスターズ)
平成31年2月6日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成30(行ケ)10138  51Views
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟/コナミスポーツクラブマスターズ)
平成31年2月6日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成30(行ケ)10054  58Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/二酸化炭素含有粘性組成物)
平成31年2月4日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成30(行ケ)10033  59Views
審決取消請求事件(特許権・行政訴訟/二酸化炭素含有粘性組成物)
平成31年2月4日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成30(ネ)10066  48ViewsMoreinfo
損害賠償等請求控訴事件(著作権・民事訴訟)
平成30(ネ)10066
本件は,控訴人が,被控訴人に対し,被控訴人が,その管理しているウェブサイトにおいて,書籍2冊(以下「本件各書籍」と総称する。)を控訴人以外の者の著作物である旨表示したことは,本件各書籍の著作者である控訴人の著作者人格権(氏名表示権)の侵害に当たると主張し,民法709条に基づく損害賠償請求として,慰謝料100万円及びこれに対する不法行為の日の後である平成30年1月16日(訴状送達の日の翌日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた事案である。
事案の概要
平成31年1月31日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] 平成30(行ケ)10059  67ViewsMoreinfo
審決取消請求事件(商標権・行政訴訟/QRコード)
平成30(行ケ)10059
本件は,商標法50条1項に基づく商標登録取消審判請求を不成立とした審決の取消訴訟である。
事案の概要
平成31年1月29日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[知財] [民事] 平成30(ネ)10057  58ViewsMoreinfo
商標権侵害行為差止等請求控訴事件(商標権・民事訴訟)
平成30(ネ)10057
本件は,原判決別紙「商標権目録」記載の商標(以下「本件商標」という。)につき商標権を有する控訴人が,被控訴人らが,原判決別紙「被告標章目録1~5」記載の標章(以下「被告標章」と総称し,各目録の標章を示すときは,同目録の番号を付して「被告標章1」などという。)を使用しているとして,被控訴人らに対し,商標権侵害の不法行為に基づく損害賠償請求として,損害金2140万円及びこれに対する不法行為後の日である平成29年6月7日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の連帯支払を求める事案である。
事案の概要
平成31年1月29日
知的財産高等裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [刑事] 平成29(う)974  69Views
薬事法違反
平成30年11月19日
東京高等裁判所 第8刑事部
詳細/PDF
HTML/TEXT
[下級] [民事] 平成26(ワ)976  70ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成26(ワ)976
本件は,原告が,被告aが運転する自動車(以下「被告車」という。)と原告が運転する自転車(以下「原告車」という。)が衝突した交通事故により,原告に高次脳機能障害等の後遺障害が残存したと主張して,①被告aに対し,自動車損害賠償保障法(以下「自賠法」という。)3条又は不法行為による損害賠償請求権に基づいて,損害合計1億2281万5869円及びこれに対する平成6年5月17日(事故の日)から支払済みまでの民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を,②被告aと共済契約を締結している被告bに対し,共済契約上の被害者による直接請求権に基づいて,原告の被告aに対する判決が確定したことを条件として,前同額及びこれに対する前同日から支払済みまでの前同割合の遅延損害金の支払を,それぞれ求めた事案である。
事案の概要
平成29年9月22日
札幌地方裁判所
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ