裁判所判例Watch

メニュー

カテゴリー

アーカイブ

データベース検索

最高裁判所判例集

Amzaon売れ筋ランキング

カテゴリー > 最高裁判所判例集 (降順 ; 裁判年月日で整列)

裁判年月日順 | データ登録日順 | 参照数順

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 965

前のページ | 次のページ

事件番号/事件名裁判年月日/裁判所判決書
[最高裁] 平成30(行ヒ)191  103ViewsMoreinfo
原爆症認定申請却下処分取消等請求控訴,同附帯控訴事件
平成30(行ヒ)191
本件は,広島市に投下された原子爆弾の被爆者である被上告人が,原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律(以下「法」という。)11条1項に基づく認定(以下「原爆症認定」という。)の申請をしたところ,厚生労働大臣からこれを却下する旨の処分(以下「本件処分」という。)を受けたため,上告人を相手に,その取消し等を求める事案である。
事案の概要
令和2年2月25日
最高裁判所第三小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] 平成30(行ヒ)215  100ViewsMoreinfo
原爆症認定申請却下処分取消等請求事件
平成30(行ヒ)215
本件は,長崎市に投下された原子爆弾の被爆者である被上告人が,原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律(以下「法」という。)11条1項に基づく認定(以下「原爆症認定」という。)の申請をしたところ,厚生労働大臣からこれを却下する旨の処分(以下「本件処分」という。)を受けたため,上告人を相手に,その取消し等を求める事案である。
事案の概要
令和2年2月25日
最高裁判所第三小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [刑事] 令和1(あ)1987  145ViewsMoreinfo
公務執行妨害被告事件
令和1(あ)1987
上告裁判所が原判決を破棄するに当たり,口頭弁論を経ることを要しないとされた事例
判示事項
令和2年1月31日
最高裁判所第三小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [刑事] 平成29(あ)242  127ViewsMoreinfo
児童買春,児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律違反被告事件
平成29(あ)242
1 児童買春,児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律(平成26年法律第79号による改正前のもの)2条3項にいう「児童ポルノ」の意義
  2 児童買春,児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律(平成26年法律第79号による改正前のもの)7条5項の児童ポルノ製造罪の成立と児童ポルノに描写されている人物がその製造時点において18歳未満であることの要否
判示事項
令和2年1月27日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [民事] 平成31(許)1  141ViewsMoreinfo
婚姻費用分担審判に対する抗告審の取消決定に対する許可抗告事件
平成31(許)1
婚姻費用分担審判の申立て後に当事者が離婚したとしても,これにより婚姻費用分担請求権は消滅しない
判示事項
令和2年1月23日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [刑事] 平成29(あ)2073  133ViewsMoreinfo
詐欺,窃盗,詐欺未遂被告事件
平成29(あ)2073
犯罪の証明がないとして無罪を言い渡した第1審判決を控訴裁判所が何ら事実の取調べをすることなく破棄し有罪の自判をすることと刑訴法400条ただし書
判示事項
令和2年1月23日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [民事] 平成30(受)1551  122ViewsMoreinfo
遺留分減殺請求事件
平成30(受)1551
無限責任社員が合資会社を退社した場合において,退社の時における当該会社の財産の状況に従って当該社員と当該会社との間の計算がされた結果,当該社員が負担すべき損失の額が当該社員の出資の価額を超えるときには,定款に別段の定めがあるなどの特段の事情のない限り,当該社員は,当該会社に対してその超過額を支払わなければならない。
裁判要旨
令和元年12月24日
最高裁判所第三小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [刑事] 平成30(あ)437  121ViewsMoreinfo
覚せい剤取締法違反被告事件
平成30(あ)437
覚せい剤100gを代金80万円で譲渡するという約束に基づき,代金全額の支払を受けるとともに,その約束に係る覚せい剤の一部について譲渡の実行に着手したという事実関係の下においては,代金全額が「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」に当たる。
(補足意見がある。)
裁判要旨
令和元年12月20日
最高裁判所第二小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [刑事] 平成30(あ)1409  115ViewsMoreinfo
器物損壊,道路交通法違反,窃盗被告事件
平成30(あ)1409
被告人の記名のみがあり署名押印がいずれもない控訴申立書による控訴申立ては,同申立書を封入した郵便の封筒に被告人の署名があったとしても,無効である。
裁判要旨
令和元年12月10日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [刑事] 平成29(あ)621  100ViewsMoreinfo
殺人,銃砲刀剣類所持等取締法違反被告事件
平成29(あ)621
本件は,覚せい剤中毒後遺症の状態にあって「刺せ刺せ」などという幻聴が連続的に聞こえていた被告人が,頼ろうとしていた実兄に見捨てられ,知人に紹介された仕事も期待外れであったという思いから,将来に強い不安を抱く中,自殺することもできず自暴自棄となり,もう幻聴に従ってしまおうと考え,白昼の繁華街において,一人目の被害者(当時42歳)に背後から突進して包丁を突き刺した上,倒れた同人に馬乗りになって包丁を何回も突き刺し,その後,自転車を押しながら逃げようとしていた二人目の被害者(当時66歳)の背後から突進して包丁を突き刺した上,倒れた同人に包丁を何回も突き刺し,さらに,一人目の被害者が動いたことからその場に向かい同人に包丁を突き刺し,両名を殺害したという無差別殺人の事案である。
事案の概要
令和元年12月2日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [刑事] 平成31(あ)506  688ViewsMoreinfo
児童買春,児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律違反,わいせつ電磁的記録記録媒体有償頒布目的所持被告事件
平成31(あ)506
ひそかに児童買春,児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律2条3項各号のいずれかに掲げる児童の姿態を電磁的記録に係る記録媒体に記録した者が当該電磁的記録を別の記録媒体に記録させて児童ポルノを製造する行為と同法7条5項の児童ポルノ製造罪の成否
判示事項
令和元年11月12日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [刑事] 令和1(し)699  355ViewsMoreinfo
逃亡犯罪人引渡審査請求事件についてした逃亡犯罪人を引き渡すことができる場合に該当する旨の決定に対する特別抗告
令和1(し)699
逃亡犯罪人引渡法10条1項3号の決定に対する不服申立ての許否
判示事項
令和元年11月12日
最高裁判所第二小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [民事] 平成30(受)755  635ViewsMoreinfo
地位確認等請求事件
平成30(受)755
本件は,上告人との間で期間の定めのある労働契約(以下「有期労働契約」という。)を締結して就労していた被上告人が,上告人による解雇は無効であると主張して,上告人に対し,労働契約上の地位の確認及び解雇の日以降の賃金の支払を求める事案である。
事案の概要
令和元年11月7日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] 平成29(行ヒ)423  542ViewsMoreinfo
鳴門市競艇従事員共済会への補助金違法支出損害賠償等請求事件
平成29(行ヒ)423
本件の事実関係の概要等1 本件は,鳴門競艇従事員共済会(以下「共済会」という。)から鳴門競艇臨時従事員(以下「臨時従事員」という。)に支給される離職せん別金に充てるため,鳴門市(以下「市」という。)が平成22年7月に共済会に対して補助金(以下「本件補助金」という。)を交付したことが,給与条例主義を定める地方公営企業法38条4項に反する違法,無効な財務会計上の行為であるなどとして,市の住民である被上告人らが,地方自治法242条の2第1項4号に基づき,上告人市長を相手に,当時の市長の職に在った者に対して損害賠償請求をすることを求めるとともに,上告人鳴門市公営企業管理者企業局長(以下「上告人管理者」という。)を相手に,当時の市の企業局長及び企業局次長の各職に在った者らに対して損害賠償請求をすること等を,それぞれ求める住民訴訟である。
事案の概要
令和元年10月17日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [刑事] 平成30(あ)1224  855ViewsMoreinfo
覚せい剤取締法違反,詐欺未遂,詐欺被告事件
平成30(あ)1224
詐欺の被害者が送付した荷物を依頼を受けて送付先のマンションに設置された宅配ボックスから受け取るなどした者に詐欺罪の故意及び共謀があるとされた事例
判示事項
令和元年9月27日
最高裁判所第二小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [民事] 平成30(受)1137  552ViewsMoreinfo
請求異議事件
平成30(受)1137
債権執行における差押えによる請求債権の消滅時効の中断の効力が生ずるためには,その債務者が当該差押えを了知し得る状態に置かれることを要しない
判示事項
令和元年9月19日
最高裁判所第一小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [民事] 平成30(受)1874  555ViewsMoreinfo
請求異議事件
平成30(受)1874
本件は,国営諫早湾土地改良事業としての土地干拓事業を行う被上告人が,佐賀地方裁判所及び福岡高等裁判所(以下,それぞれ「佐賀地裁」及び「福岡高裁」という。)の各確定判決(以下「本件各確定判決」という。)において諫早湾干拓地潮受堤防(以下「本件潮受堤防」という。)の北部及び南部各排水門(以下「本件各排水門」という。)の開放を求める請求が一部認容された上告人らに対し,本件各確定判決による強制執行の不許を求める請求異議訴訟である。
事案の概要
令和元年9月13日
最高裁判所第二小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [民事] 平成30(受)1730  463ViewsMoreinfo
損害賠償請求事件
平成30(受)1730
高齢者の医療の確保に関する法律による後期高齢者医療給付を行った後期高齢者医療広域連合は,当該給付により代位取得した不法行為に基づく損害賠償請求権に係る債務について,当該給付が行われた日の翌日からの遅延損害金の支払を求めることができる。
判示事項
令和元年9月6日
最高裁判所第二小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [民事] 平成30(受)1583  692ViewsMoreinfo
遺産分割後の価額支払請求事件
平成30(受)1583
本件は,被上告人が,上告人に対し,民法910条に基づく価額の支払を求める事案である。
事案の概要
令和元年8月27日
最高裁判所第三小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT
[最高裁] [知財] 平成30(行ヒ)69  910ViewsMoreinfo
審決取消請求事件(アレルギー性眼疾患を処置するためのドキセピン誘導体を含有する局所的眼科用処方物)
平成30(行ヒ)69
本件は,被上告人が,ヒトにおけるアレルギー性眼疾患を処置するための点眼剤に係る特許(特許第3068858号。以下「本件特許」という。)につき,その特許権を共有する上告人らを被請求人として特許無効審判を請求したところ,同請求は成り立たない旨の審決を受けたため,同審決の取消しを求める事案である。
事案の概要
令和元年8月27日
最高裁判所第三小法廷
詳細/PDF
HTML/TEXT

前のページ | 次のページ