事件番号平成24(あ)512
事件名賭博開張図利被告事件
裁判所最高裁判所第一小法廷
裁判年月日平成25年3月5日
裁判種別決定
結果棄却
原審裁判所東京高等裁判所
原審事件番号平成23(う)1846
原審裁判年月日平成24年2月22日
判示事項本位的訴因を否定し予備的訴因を認定した第1審判決に対し検察官が控訴の申立てをしなかった場合に,控訴審が職権調査により本位的訴因について有罪の自判をすることが違法であるとされた事例
裁判要旨本位的訴因とされた賭博開張図利の共同正犯は認定できないが,予備的訴因とされた賭博開張図利の幇助犯は認定できるとした第1審判決に対し,検察官が控訴の申立てをしなかった場合に,控訴審が職権により本位的訴因について調査を加えて有罪の自判をすることは,職権の発動として許される限度を超えるものであり,違法である。
事件番号平成24(あ)512
事件名賭博開張図利被告事件
裁判所最高裁判所第一小法廷
裁判年月日平成25年3月5日
裁判種別決定
結果棄却
原審裁判所東京高等裁判所
原審事件番号平成23(う)1846
原審裁判年月日平成24年2月22日
判示事項
本位的訴因を否定し予備的訴因を認定した第1審判決に対し検察官が控訴の申立てをしなかった場合に,控訴審が職権調査により本位的訴因について有罪の自判をすることが違法であるとされた事例
裁判要旨
本位的訴因とされた賭博開張図利の共同正犯は認定できないが,予備的訴因とされた賭博開張図利の幇助犯は認定できるとした第1審判決に対し,検察官が控訴の申立てをしなかった場合に,控訴審が職権により本位的訴因について調査を加えて有罪の自判をすることは,職権の発動として許される限度を超えるものであり,違法である。